2019年10月08日

『熱帯』森見登美彦

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

熱帯 [ 森見 登美彦 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/10/8時点)




 沈黙読書会で見かけた奇妙な本「熱帯」。それは、どうしても「読み終えられない本」だった…。結末を求めて悶えるメンバーが集結し、世紀の謎に挑む! ウェブ文芸誌『マトグロッソ』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。

 沈黙読書会で見かけた『熱帯』は、なんとも奇妙な本だった! 謎の解明に勤しむ「学団」に、神出鬼没の古本屋台「暴夜書房」、鍵を握る飴色のカードボックスと、「部屋の中の部屋」…。東京の片隅で始まった冒険は京都を駆け抜け、満州の夜を潜り、数多の語り手の魂を乗り継いで、いざ謎の源流へ…!

 物語は、作家・森見登美彦が妻と暮らす奈良のマンションの一室から始まり、東京での読書会、京都の街をめぐりながらの謎解き、現実離れした不思議な島での冒険へと話は転がり、京都の街が謎めく世界への導き手となる長編小説。現実と幻想を往復する手法は著者ならではですが、特にファンタジー要素が強くなっていて、異色作ではありますが、幻想的な冒険と魔術の世界が描かれた面白い作品です。

【満足度】 ★★★★
ラベル:熱帯 森見登美彦
posted by babiru_22 at 17:41| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]