2019年10月15日

『おまえの罪を自白しろ』真保裕一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おまえの罪を自白しろ [ 真保 裕一 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/10/15時点)




 総理がらみの疑惑を糾弾されている代議士・宇田清治郎。その最中、3歳の孫娘が誘拐された。犯人の要求は記者会見での「罪の告白」。保身のための駆け引きを模索する官邸サイドと戦う宇田一族。「家族の戦い」が始まる!

 「総理の友人に便宜を払うため、国交省や県に圧力をかけたのではないか」…衆議院議員の宇田清治郎は、こんな疑惑を糾弾され、連日、メディアに追われていた。その最中、三歳になる孫娘が誘拐された。「記者会見を開いて、おまえの罪を自白しろ。今まで政治家として犯してきたすべての罪を、だ」。犯人が提示したタイムリミットは翌日の午後5時。動機は宇田清治郎への怨恨か。それとも、総理の罪を暴くことにあるのか。警察は、思い当たる過去の罪を事前に打ち明けてくれ、と宇田を説得する。保身のための駆け引きに長けた「官邸サイド」と対峙するのは、宇田家・次男の晄司。宇田一族、総理官邸、警察組織……。三者の思惑が入り乱れる中、刻々とタイムリミットが迫る。晄司たち家族の戦いが始まる!

 本書は、政界の疑惑が絡んだ誘拐サスペンス。誘拐事件は勿論のこと、政治家一家の生き残りを賭けた駆け引きの緊迫した展開は非常に面白く、いわゆる政界のドロドロ感もうまく表現しています。事件の真相は物足りず、ラストでやや肩透かしを喰らったものの、作品としては楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:44| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]