2019年10月19日

『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』三浦英之

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って [ 三浦 英之 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/10/19時点)




 アフリカで、年間3万頭以上のゾウが牙を抉り取られて殺されている。密猟組織のドン、中国大使館員、日本の象牙業者…。「真犯人」は誰なのか? アフリカゾウの密猟を追ったノンフィクション。

 アフリカゾウ虐殺の「真犯人」は誰だ!? アフリカで、年間3万頭以上のゾウが、牙を抉り取られて虐殺されている。野生のゾウは絶滅の危機に瀕し、今後十数年のうちに地球上から姿を消してしまうと言われている。その犯人は、象牙の国際密猟組織。元アフリカ特派員の筆者は、密猟で動くカネが過激派テロリストの資金源になっている実態に迫り、背後に蠢く中国の巨大な影を見つける。そして問題は、象牙の印鑑を重宝する私たち日本人へと繋がっていく。密猟組織のドン、過激派テロリスト、中国大使館員、日本の象牙業者。虐殺の「真犯人」とは、いったい誰なのか……。選考委員満場一致の第25回「小学館ノンフィクション大賞」受賞作。

 第25回「小学館ノンフィクション大賞」受賞作でもある本書は、元アフリカ特派員の著者がアフリカ南部における象牙マーケットの全貌を描き出し、取引された象牙の行く末と私達の生活を結びつけた衝撃のノンフィクション。アフリカでは、1940年代に約500万頭いたとされているアフリカゾウが、2010年代にはすでに約1割の50万頭にまで激減しており、このままのペースで密猟が続けば、野生のゾウはわずか10数年で絶滅してしまうかもしれないと言われており、著者はそんな象牙を取り巻く全容を解明すべく、取材をまとめていますが、本書が書かれる内容は衝撃的で、象牙の密漁の実態や、無関心かつ無知な人々、そしてアフリカの貧困問題……と闇は非常に深いです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:45| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]