2019年12月28日

『夏の陰』岩井圭也

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夏の陰 [ 岩井 圭也 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/12/28時点)




 卓越した剣道の実力を持ちながら、世間から隠れるように生きている岳。彼の父はかつて機動隊員を射殺していた。岳は恩人のため、一度だけ全日本剣道選手権に出場するが、決勝の相手は、父が撃ち殺した機動隊員の息子で…。

 運送会社のドライバーとして働く倉内岳は、卓越した剣道の実力を持ちながら、公式戦にはほとんど出場したことがなかった。岳の父である浅寄准吾は、15年前、別居中だった岳と母の住むアパートに立てこもり、実の息子である岳を人質にとった。警察との膠着状態が続いた末、浅寄は機動隊のひとりを拳銃で射殺し、その後自殺する。世間から隠れるように生きる岳だったが、自分を剣道の道に引き入れてくれた恩人の柴田の願いを聞き入れ、一度だけ全日本剣道選手権の京都予選に出場することを決意する。予選会の日、いかんなく実力を発揮し決勝に進出した岳の前に、一人の男が立ちはだかる。辰野和馬、彼こそが岳の父親が撃ち殺した機動隊員の一人息子だった。「死」を抱えて生きてきた者同士、宿命の戦いが始まる……。

 物語は、殺人事件の犯人になった男の息子と、殺された男の息子が15年の時を経て、全日本剣道選手権大会で対峙する作品。どちら共、これまでの人生も辛いもので、剣道の厳しいながらの独特の世界と、主人公の人生背景も印象に残ります。特に緊迫感のある剣道シーンは良かったです。

【満足度】 ★★★★
ラベル:岩井圭也 夏の陰
posted by babiru_22 at 16:15| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]