2020年01月10日

『現場で役立つ! ハラスメントを許さない現場力と組織力』鈴木瑞穂




 ハラスメント問題をブラックゾーンとグレーゾーンに分けて事例を紹介。それぞれの発生原因を解説し、管理職層が身に付けるべきセンスやスタッフ層が持つべき正しい認識と心構えなど、予防法・対処法を明らかにする。

 2019年5月の通常国会で「改正労働施策総合推進法」が成立、大企業では2020年4月から、中小企業でも2022年4月からパワハラ防止措置が義務化される。これまでのように、上司のコミュニケーションスキルの拙さで処理される話ではなくなり、組織対応が必須の重要な経営課題となった。本書は現場レベルと組織レベルでの対応を個別に解説、組織対応でなければ解決しない課題が多くあることを示し、具体的な処方箋も示す。働き方改革による仕事量と人員のアンバランス、労基法違反につながりかねない混在型パワハラ……ハラスメント問題を正しく理解し、部下を正しく指導・育成するための指南書。

 本書は、2020年4月から大企業、2022年4月から中小企業を対象にパワハラ防止措置が義務化されるなか、現場レベルでの「グレーゾーン」への対応を具体的に解説したもの。一見何も問題のなさそうな日常的なコミュニケーションが、ハラスメントのグレーゾーンとなっている問題と対処法についても解説されていますが、組織と現場でハラスメント対応が求められる時代でもあるだけにグレーゾーンがどのようなものか、そしてその際の対応については参考になりました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:09| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]