2020年01月29日

『なぜ人は操られ支配されるのか』西田公昭

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、人は操られ支配されるのか [ 西田公昭 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/1/29時点)




 職場や学校、仲間内、家族間。「支配」の関係は身近なところにある。支配につながる心の働き、人はなぜ何かを信じたがるのか、なぜ騙されるのかを様々な角度から考察し、どうすれば自分を見失わずにいられるかを明らかにする。

 騙されるとき、人は思考停止になり、心が支配されている。心を操るテクニックがマインド・コントロールだ。人の心は弱く、簡単にひっくり返る。「自分は大丈夫」と思っていても、不意打ちをされたり集団の中に入れられれば、誰でも正常な判断ができなくなる。いまは詐欺や悪質商法だけでなく、企業、家庭、学校、SNSでも操りと支配が横行している。カリスマに頼りたい心が支配を招く。その最たるものがオウム真理教事件や尼崎連続変死事件などのカルトである。オウム事件などの心理鑑定人もつとめた心理学者が、心を支配するテクニックと対処法を明かす!「信じる・信じない」のしくみ、ミルグラムの服従実験、洗脳プログラムなど、興味深い事例も盛り込んだ。不安や依存は「支配される」の第一歩。誰もが操られ支配される危険に満ちた現代に警鐘を鳴らす!

 本書は、オウム事件などの心理鑑定人も務めた心理学者でもある著者が、心を支配するテクニックと対処法についてまとめたもの。普段から物事について深く考えず、噂話なども自分で確かめずに鵜呑みにする人も多いですが、そういう人が「騙されない」と思っていても、心が支配されるというのは、凄く納得いく説明で、世の中を単純化する思考を、騙す方は利用するということについても分かりやすく解説しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]