2020年04月17日

『香港危機の深層 「逃亡犯条例」改正問題と「一国二制度」のゆくえ』倉田徹/倉田明子




 香港で大規模デモが発生・拡散した政治的メカニズムとは? 「一国二制度」は維持可能か? 2047年問題は? 多様な関連分野の研究者たちが、緊迫する「体制」の危機、その背景にあるものに迫る。

 大規模デモが発生・拡散した、政治的メカニズムとは? 「一国二制度」は維持可能か? 2047年問題は? 政治・法律・経済・社会・文化・歴史、そして台湾など、多様な関連分野の研究者たちが、問題の本質に迫る。

 本書は、政治・法律・経済・社会・文化・歴史、そして台湾など、多様な関連分野の研究者たちが、香港の様々な問題の本質に迫った一冊。体制の危機についてや、その背景にあるものを、幅広い論考としてまとめられています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:46| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]