2020年05月15日

『眠りの神』犬塚理人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

眠りの神 [ 犬塚 理人 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/5/15時点)




 スイスで認められている安楽死=自殺幇助を行う団体のスタッフである若き医師・絵里香は、東京で起こった自殺幇助事件の真相を確かめるために日本に渡る。だが、〈ミトリ〉を名乗る人物による連続自殺幇助事件が発生し…。

 耐えがたい苦痛と絶望に苦しむ終末期の患者に尊厳ある死を迎えさせる…。積極的安楽死が認められているスイスで、若き医師、絵里香・シュタイナーは、自殺幇助団体“ヒュプノス”のメンバーとして活動していた。絵里香は東京で、高齢の癌患者が何者かに青酸カリでの自殺幇助を受けて亡くなったというニュースを目にする。この事件にかつて“ヒュプノス”にいた日本人医師・神永が関わっている可能性があると聞いた絵里香は、その真相を確かめるため、日本へ渡る。だが、“ミトリ”を名乗る人物による連続自殺幇助事件が発生し…。読む者の倫理と感情を揺さぶる究極のミステリサスペンス。

 物語は、安楽死や尊厳死についてをミステリサスペンスとして描いた作品。自殺幇助、安楽死、自発死、看取り……についてを主題としていますが、これらのテーマが展開で上手く活かされていない印象を受け、個人的にはイマイチ感が強いです。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 20:34| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]