2020年05月29日

『黒鳥の湖』宇佐美まこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒鳥の湖 [ 宇佐美まこと ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/5/29時点)




 不動産会社を経営する財前は、妻と娘と幸せに暮らしていた。だが、世間を騒がす女性拉致事件により、その暮らしに不穏が兆す。それは18年前、財前が娘の復讐を願う老人から捜索依頼を受けた拉致監禁犯のやり口と瓜二つで…。

 拉致した女性の体の一部を家族に送り付け楽しむ、醜悪な殺人者。突然、様子のおかしくなった高校生のひとり娘。全ては自らが過去に犯した罪の報いなのか…!? 推理作家協会賞受賞作家が、人間の悪を描き切った驚愕のミステリ!

 本書は、絶対に打ち明けられぬ秘密を抱えてきた夫婦、反抗期では済まされぬほどの変異を見せる娘、壊れ行く家族の真実とは一体何なのかを主軸に描かれるミステリ。物語の設定が複雑でもあるため、説明が難しい作品でもありますが、点と線をうまくミステリとして描いた作品でもあり、展開も面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:27| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]