2020年09月02日

『赤ちゃんをわが子として育てる方を求む』石井光太

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤ちゃんをわが子として育てる方を求む [ 石井 光太 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/9/2時点)




 産婦人科医・菊田昇は、望まぬ妊娠をした女性と子どもを望む夫婦の橋渡しを始める。それは法を犯すことでもあった…。国を相手に闘い「特別養子縁組制度」成立に人生をかけた男の物語。『きらら』連載を改題、加筆改稿。

 1926年石巻で生まれた菊田昇は、母が経営する遊郭で幼少期を送り、遊女の悲哀を目の当たりにする。その後、東北大学医学部に進学。卒業後は、産婦人科医となり、望まぬ妊娠をした女性が子供を堕ろすことなく、子供を欲する夫婦の実子となるよう非合法な縁組みを始める。法を犯してでも小さな命を守ることを優先、多くの赤ちゃんの命を救うこととなる。ところが、その事実が新聞にスクープされ、世間を揺るがす事件に発展。日本医師会からの処分、国会招致、家宅捜索など、幾多の試練にさらされ、それでも命を守るという信念を曲げることなく、国を相手に闘い続けた昇は、悲願の「特別養子縁組」制度を勝ち取った。ノンフィクションの旗手・石井光太氏が取材を重ね、「赤ちゃんあっせん事件」の裏にある真実を描いた小説。

 本書は、1970年代、違法の斡旋を行い「特別養子縁組制度」の実現にこぎつけた宮城県石巻市の医師・菊田昇の生涯を追った事実に基づいた小説。「特別養子縁組制度」成立に尽力し、医師会から処分され、刑事罰を受けても尚、信念を貫く姿勢は感動を覚えます。小さな命を救う「特別養子縁組制度」成立の背景には、色々と考えさせられるところも多く、一人の医師が法律を変えた信念には胸が熱くなります。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:30| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]