2020年09月07日

『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』庭田杏珠/渡邉英徳




 戦前・戦後の貴重な白黒写真355枚を、最新のAI技術と当事者への取材や資料をもとに人の手で彩色。カラー化した写真から、当時の暮らしを紹介する。

 本書は、AI技術でモノクロ写真を自動カラー化したのち、戦争体験者との直接の対話などから、当時の資料などをもとに手作業で色彩を補正して、戦前の広島・沖縄・国内のようす、開戦から太平洋戦線、沖縄戦・空襲・原爆投下、そして戦後の復興。個人提供による貴重な写真、朝日新聞社・共同通信社提供の写真、アメリカ軍が撮影した戦場写真など約350枚をカラー化し、収録したもの。収録されているカラー化写真とモノクロ写真の比較をするだけでも感じ方が全く違いますし、プロジェクトによって、カラー化させたことによって、当時の暮らしぶりがより鮮明に表現されています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:32| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]