2020年12月14日

『身近にあふれる「化学」が3時間でわかる本』齋藤勝裕




 漂白剤が布地を白くするのはなぜ? 添加物や人工甘味料って何? 二酸化炭素にも毒性があるって本当? 僕たちの生活は全部化学でできている! 身の回りにある物質とその変化を楽しく、わかりやすく解説します。

 私たちの身のまわりには「化学」があふれています。たとえば、汚れを落とす洗剤、お菓子などに含まれる甘味料、お酒や漬物、抗生物質や覚醒剤、遺伝子組換えやゲノム編集、CO2排出問題から放射能汚染問題まで……。挙げていけばきりがないほど、私たちは化学の恩恵を受けた生活を送っているのです。そんな化学の不思議や仕組みを、前知識のない方でも読めるやさしい解説でひもときます。

 本書は、化学について雑学的要素として様々な身近な「化学」についてを解説したもの。日常生活で触れる物を中心に、素朴な疑問の仕組みを解説していますが、改めて普段の日常生活で「化学」が多いことを感じました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:01| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]