2021年02月25日

『自衛隊は市街戦を戦えるか』二見 龍

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自衛隊は市街戦を戦えるか (新潮新書) [ 二見 龍 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2021/2/25時点)




 戦車だけじゃ日本は守れない。「新しい戦争」に対応せよ! 時代錯誤の突撃訓練、独自の文化・銃剣道、銃の取り扱い方も知らない隊員たち…。「最強の部隊」を追求した元自衛隊幹部が明かす組織の内情と未来への提言。

 軍事費世界第8位、軍事力では世界第5位とも言われる日本。だが、陸上自衛隊の真の実力とは? サイバー戦に情報戦が加わった「ハイブリッド戦争」の時代に、自衛隊は何を目指すべきか。「最強の部隊」を追求した元自衛隊幹部が明かす組織の実情と本心からの提言。

 本書は、元陸将補の著者が、サイバー戦に情報戦が加わった「新しい戦争」の時代、主戦場は野外から市街地に移るとみて、陸自に戦法の変革を提言している一冊。著者自身が追求した、第40普通科連隊長在任時のエピソードを交えながら、自衛隊の装備・訓練、組織風土、人材育成などについて、問題点や課題を指摘し、真価を発揮する集団を作っていく道を探っていく内容で、読み手によっては意見も分かれるところとは思いますが、組織のあり方を考える内容でもあり、色々と考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:50| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]