2007年10月29日

昨日の出来事(10/28)

■ 年金不正:着服の元職員が手口証言 空き番号に架空氏名

社会保険庁職員による年金の着服・不正受給問題で、オンライン操作で記録を捏造し、年金4000万円以上を不正受給していた西日本に住む40代の元職員が毎日新聞の取材に初めて事件の全容を証言していますが、管理の甘さは勿論ですが、社保庁全体に不正がまかり通っていたことが明らかになっています。

取材に応じた本人は「一番悪いのは私。事件は自分の中で死ぬまで残る」と言っていますが、逮捕もされず今だにのうのうとしている職員がいるということは腹立たしいです。

■ 絶えない保険トラブル/公取委 保険業界の不当表示監視を強化

公取委は保険業界の不当表示の監視を強化する構えとのことですが、確かに先日も取り上げたアリコジャパンの広告表示などは、消費者に誤解を与える内容表示だろうし、こうした不当表示や景品表示法違反に該当するものは監視を強化すべきです。ですから、公取委にはくれぐれもお願いしたい。

警告を与えているトコロテンこそ

もっと監視を強化すべき!

まだまだ誤解を与える表示は多いし、楽天オークションの「あんしん取引」なんて表示は、トラブル多発で全然安心ではないので、こうした不当表示こそ利用者の立場に立っての監視をしてほしいものです。

■ 生活保護世帯の家賃・給食費、滞納防止へ「天引き」促す

生活保護世帯での家賃や給食費の滞納が記事となっていますが、これは天引きも当然です。おそらく滞納している世帯では、パチンコなどのギャンブルでの遊び代などに使っているのもいるんだろうから、行政側で厳しく調査する必要があります。

記事には「導入には慎重な意見もある」とも書かれていますが、自治体を思いきり圧迫しているのも生活保護費ですから、本来必要な人にキチンと生活保護費が受給されるようにし、不正をしている人達が多いのだからこそ、時には抜き打ち調査などで、厳しくするべきと思います。

■ 中国 遺伝子組み換え作物で積極政策

中国で、遺伝子組み換え作物の栽培が拡大しているという記事ですが、今度は日本への輸出作物に遺伝子組み換え品が含まれる可能性も非常に大きいだろうし、食品だけでなく遺伝子組み換え作物が使われた飼料なども多く出回ることになるのではないでしょうか。

■ 「授業減らしすぎた」中教審が異例の反省

中央教育審議会が、近く公表する中間報告「審議のまとめ」の中で、「ゆとり教育」が行き詰まった原因を分析し、「授業時間を減らしすぎた」などと反省点を列挙することがわかったとのことですが、反省点が幾つも挙げられていますが、これらはゆとり教育導入前から言われていたことで、今更反省点って中央教育審議会こそがドップリ

ゆとりじゃねーか!

反省は分かったが、誰が責任取るんだ?
結局ゆとり教育って教員と関係者が一番ゆとりを味わったということか?

■ 体罰:女子部員が監督にけられ負傷、退学…茨城・伊奈高

茨城県つくばみらい市の県立伊奈高校ハンドボール部の女子部員が3月、合宿中に監督の男性教諭に腰をけられて負傷し、不登校になって退学したとのことですが、同校での、バドミントン部監督の男性教諭が合宿中に酒に酔って女子部員をけって怪我をさせた記事も以前に取り上げましたが、この学校は

体罰マンセー高校なのか?

同じ高校で続いたというのは、学校側もある程度の体罰を容認していたんじゃないかとも思いますが、こんな暴力教師は即クビにすべきだろうし、学校側にも責任追及すべき。

■ 未明の下着ドロ、名古屋市職員を窃盗容疑で逮捕

名古屋市職員が下着泥棒をした事件ですが、公務員の

エロ犯罪多すぎ!

ストレスが溜まっていたのかもしれませんが、いい歳して下着泥棒ってバカじゃねーかと思いますね。

■ 松坂、日本人初のWシリーズ勝利! レ軍は世界一へ王手

用事をしながら試合中継を見ていましたが、松坂は立ち上がりにやや不安なところはありましたが、要所を抑えていいピッチングでした。注目の松井稼頭央との対戦は見応えがあり、途中で岡島が3ランを打たれた時は一気にもつれ込むかと思いきや、レッドソックスは強かった。

レッドソックスはこれで3連勝となり、一気に王手となりましたが、ワールドシリーズはレッドソックスの強さが目立つシリーズで、このまま一気に行くんじゃないですかね。

■ 中日が快勝してタイに 先発・中田が8回1失点の好投

中日の中田はいいピッチングをしましたし、打線も効率良い得点を挙げ、この試合は中日らしさが出た快勝といえるでしょう。一方の日本ハムはグリンが四球から自滅。際どいコースをボールと判定され、そこから一気に崩れましたが、これで1勝1敗のタイとなり、もつれ込みそうな展開になるようにも思いますね。

ただ、強く思ったのは、中日・落合監督にしろ、日本ハム・ヒルマン監督にしろ、策士ですよ。中日の岩瀬、日本ハムの武田久とマイネルという抑えの切り札を2戦共に使わなかったのですから、ここが3戦以降のポイントになるような気もしますし、この両チームの勝利の方程式がキッチリと決まる方に流れは傾くとも思います。

それと気になったのは、中日の2死球。勿論わざとではなく厳しく内角に攻めようとしてのデッドボールではありますが、特に2回のセギノールに対するデッドボールは日本シリーズでなければ乱闘になってもおかしくなかったようにも思いますね。

いずれにせよ、3戦以降も好ゲームを期待したいです。
posted by babiru_22 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック