2008年04月10日

昨日の出来事(4/9)

■ チベット支援団体に電話やメールの嫌がらせ

もう中国は、やりたい放題か?
最初に断わっておきますが、中国市民に対してではありませんよ、あくまでも中国当局のやっていることに対して、

腹立ちますわ

中国語で罵倒する電話は勿論のこと、ウイルス攻撃まで仕掛けるんだから、嫌がらせにもほどがある。

オリンピックを開催するってレベルじゃないのは勿論のこと、国際的に反発を受けることをしているのは姑息というか、呆れ果てますわ。

■ 社保庁後継組織、さらに人員削減 最大4割

人員削減よりも、新機構として発足するのだから再雇用せずに全員クビにすべきだと思いますね。

それだけ酷いことをやってきたのが社保庁なんですから、年金制度自体を見直しか、解体すべき。

■ 札幌市立中の男性教諭、部活便りで生徒を いじめ誘発、不登校に

なんだ、この教師。あんたが

小学生レベルじゃないか!

いや、逆に小学生に対して失礼ですね。

そりゃ生徒に対する注意は必要だが、このケースでいえば、生徒に直接言えば済むことであって、吊るし上げのようなことはすべきでない。

教諭は3月に運動部顧問を辞任し、4月1日付で別の中学校に異動と書かれていますが、こいつは懲戒免職処分にすべきでしょうよ。

■ 母殺害容疑の長男逮捕「『なぜ働かない』と叱られた」

こいつ誰にメシ食わせてもらってるんだ?

26歳にもなって、親に養ってもらって働いていないなら、言われて当然でしょう。

親に対して腹が立つことはあるだろうが、短絡的に親を殺して、その後のことなんて全く考えないんでしょうね。

これも、ゆとり教育の弊害ってやつですかね?

■ 「青少年ネット規制法案」にMIAUが問題点指摘 イベント開催へ

青少年ネット規制法案は、これまでの動きを見ているとほぼ成立しそうな気配ですが、この記事でMIAUが指摘しているように、問題点は数多くあります。

例えば、記事にも書かれるフィルタリングの問題ですが、これは逆に若い子だからこその専門用語や隠語が使われれば、フィルタリングの機能が果たせませんし、不完全な部分があるからこそ、有害サイトも全てではありませんが見ることは可能。

確かに、未成年者が有害サイトを見られないようにすべきだとも思いますが、現在の自民党と民主党での有害の定義も曖昧すぎますし、逆に悪徳業者の有害サイトの取り締まりこそ強化すべきだと思います。

携帯サイトも含めたネット情報から犯罪に巻き込まれるケースは年々増えており、こうした犯罪対策の制度対応こそ優先して検討していくべきだと思いますが、児童ポルノ改正といい、政府が関わると、どうにも順番が逆ですし、そもそも海外サイトに規制がかけられないのだからザル法と言われても仕方ないでしょう。
posted by babiru_22 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック