2008年04月11日

昨日の出来事(4/10)

■ ダライ・ラマ14世が会見 「今こそ現実を受け入れを」と対話訴える

この会見の様子はテレビニュースで見ましたが、さすがはチベット仏教の最高指導者だけあって、争いを好まずに、立場上「中国は人口も多く、歴史も長く、五輪を開催するだけの十分な力のある国だ」と開催支持を表明していましたが、これ僕なら中国に対して、言えないですわ。

それだけに、逆にダライ・ラマ14世の懐の大きさを感じましたね。

それにしても、何でダライ・ラマ14世がわざわざ日本に立ち寄り、会見までしているというのに政治家どもは何も言わないんだ? 隣国の問題だから、多少神経質になるのは分かるが、逆に諸外国から見ると、何とも

日本は情けない国

だと思うでしょうが!

ひょっとして中国から内政干渉されているのか?

■ 人目はばかる聖火リレー 中国系メディア絶賛、米では厳しい視線

あのサンフランシスコの聖火リレーを絶賛できるという中国系メディアも理解不能ですね。

「まるでハリウッド映画のようにサスペンスとドラマに満ちたリレーだった」って、そんなの

聖火リレーじゃないぞ!

鬼ごっこやってるわけじゃないんだから、報道する側は真面目に報道しろよ。

■ 死刑執行:4人に執行 命令3回目、計10人−−鳩山法相

鳩山法相は大臣としては失格だと思っていますし、大臣を辞任すべきとも思いますが、この死刑執行に関しては、法相としての責務は果たしていると思いますし、日本の場合は刑が確定しているにも関わらず、その刑が執行されるまでの時間がかかりすぎ。

法相であるならば粛々と進めるべきです。

■ 児童ポルノ:アニメやCGなどへの規制見送り…自民

アニメやCGなどへの規制見送りって、これは

当たり前!

しかし、単純所持の罰則化の法改正は相変わらずのようで、表現の自由はまだ守られない。

ちなみに、アニメやCGなど被写体が実在しない創作物については規制を見送るようですが、18歳未満のアイドルの写真集やDVDやビデオ、18歳未満のアイドルの水着写真が入っている少年誌、生まれたばかりの自分の子供の写真、おむつのCMなど赤ちゃんの裸が見えるものが掲載された雑誌……などを所持していれば、あなたも犯罪者に。

個人的なことを書かせてもらえば、18歳未満のアイドルと呼ばれる芸能人には全く興味もないですし、その18歳未満のアイドルの水着写真も見なくとも構いませんが、赤ん坊の裸の写真などを所持しているだけで罰せられるというのは、どうにもイカれた法案だとしか思えません。

こんなのは、子供を持つ親なら誰でも持っているでしょうし、自民党の議員でも子供やお孫さんがいらっしゃる議員なら誰もが持っているものでしょうから、この法案を通すなら、真っ先に自らを罰して下さい。

まずは、議員辞職は当然でしょうが、そうなると残る議員は独身か、子供がいない議員だけでは?

これだけでも馬鹿げた法案です。

■ 大阪府全職員の給与、平均10%カット…改革チーム案

実現できるかどうかは橋下知事の手腕もかかっていますが、財政建て直しを優先するなら、職員の平均10%カットも当然でしょう。

ただし、一律での10%カットではなく、特に役職を幾つも持っている連中は大幅カットすべきでしょうが、給与の低い若手職員や必要な部署で働く職員は多少優遇措置をとってもいいんじゃないかと思いますね。

でも現実問題として、実現は相当厳しいでしょうが、民間の赤字企業であれば給与カットは当たり前なだけに、実行してもらいたいものです。

■ 引きこもり:平均年齢30歳超す 最年長52歳、目立つ「長期化」−−331人調査

この問題は社会問題として今後も大きな問題になっていくものと思われますが、「安心して死ねる体制を整えてほしい」や「社会保障制度を確立してほしい」という声も、結局は自分から何かをしてということではなく、“××してほしい”という甘えの構造があってのものなのでしょうね。

だからこその引きこもりなのでしょうが、親が可哀相です。
posted by babiru_22 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック