2008年06月01日

日本ダービーの愚痴こぼし

今年の「日本ダービー」が終わりましたが、まさか四位騎手が2年連続でタービーを連覇するとは想像すらできなかった。。。

馬券的には、四位の2年連続はないだろうと予想し、はなからディープスカイは切っていたので、馬券もパァ〜。

今年は出走メンバーを見ても、例年以上な難解なレースだったので、遊び程度しか馬券を買わなかったのが、結果的には幸いでしたが、正直今年のダービーは“つまらん”レースでした。

日本ダービーは、競馬関係者の誰もが夢見るレースであるからこそ、騎手、調教師、馬主、生産者、調教スタッフと、日本ダービーに相応しい人達の集合体が頂点になるとも思っていますが、何ともスッキリしない結果です。

個人的には、うちの店のお客さんの繋がりもあってマイネルチャールズは応援はしていました……ただし、騎手が若い松岡騎手であるから馬券は全く買っておらず、連対は絶対無理だと思っていました。

いや、松岡騎手がヘタということではありませんが、ダービーを狙うならダービーに相応しい騎手を騎乗させていれば、マイネル軍団初のダービー制覇になった可能性があると思うからこそ、勝手なことを言わせていただきますが、今日のダービーの位置取りは悪すぎましたし、馬の実力で何とか4着にはなりましたが、騎手が違っていれば……と思ったのがマイネルチャールズでもありました。

しかし、昨年の日本ダービーで牝馬のウオッカが勝ったことには驚きましたが、昨年と今年の日本ダービーは、これまでの日本ダービーの歴史の格というか、常識が見事にぶっ壊されたレースのようにも感じます。

勿論、勝ったディープスカイの関係者には、心から“おめでとう”と言いたいですし、価値ある勝利だとも思いますが、日本ダービーの魅力が減った思いを強く感じた今年のダービーでした。
posted by babiru_22 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック