2008年06月03日

昨日の出来事(6/2)

■ 児童ポルノ:被害者1696人特定できず 07年検挙事件

おいおい、児童と分からず児童ポルノ事件の数に入れていいのか?

結局大人でも児童に見えたらアウトということなんですな。

というより、これなら

冤罪が圧倒的に増える

ということも分かっているのか?

そもそも、児童ポルノの定義すら相変わらず曖昧なままなのに、強引に規制しようとして、その規制案もムチャクチャすぎ。

しかし、これも間違いなく

利権絡み

ですな。

■ 橋下知事、初の団交出席 職員「私たち悪いことした?」

団体交渉自体は悪いことではありませんし、徹底して意見交換すべきとも思いますが、「後出しじゃんけん」と知事を批判する前に、大阪府の職員達こそ一番に大阪府の財政危機について危機感を持つべきで、知事を批判するならば、代わりの改革案でも提出し、その改革案なればこそ人件費の削減を抑えられる……というような案を出してから批判すべきです。

自治体の運営自体が、現状のままでは破綻へ向かうということこそ、職員労組の人達は真剣に考えなければならないことだろうし、それでも人件費削減に反対するというなら、公務員を辞めるべきです。

■ そばの薬味使い回し 長野のサービスエリア

長野自動車道上り線梓川サービスエリア内のレストランで、薬味用ワサビ芋を使い回ししていたという記事ですが、この使い回しは問題ないと思いますね。

ワサビはざるそばの薬味としておろし金と一緒に提供し、客が半分以上残した場合などに、水洗いした後、断面を切って再利用していたとのことですが、ワサビ芋は全部使いきるというものではありませんし、使ったそのままを次の客に提供するなら問題あるでしょうが、水洗いをして、断面を切っての再利用ですから、逆に問題とする方がおかしいのでは?

というか、これを問題化して、チューブの練りワサビになると味気ないとも思いますし、おろし金と一緒に薬味用ワサビ芋を出していることで、わざわざ注文する客もいるでしょうから、これはそのまま出してほしいです。

■ サマータイム:札幌市の110社180カ所でスタート

こんな時差出勤意味あるんですかね?
ま、やりたい企業は勝手にやればいいですが、取引先なども合わせなければならないところも出てくるだろうし、逆に迷惑になるような気もします。

というか、今は北海道もまだ朝は寒いから、1時間早く出勤するのに、普段は付けないストーブを付けて、車も暖房付けて走らせて……って、本来の目的から大きくズレることになるのが北海道だとも思うんだが。。。

■ 郵便事業会社:集配車など全車両に電気自動車導入へ

電気自動車の導入は良いとは思いますが、今年度から順次、電気自動車に切り替えていくというのはコストとしては高コストになるんじゃないですかね?

確かに燃料費は削減できるでしょうが、電気バッテリーが何年間持つのかハッキリしていないだろうし、初期投資は高くなるだろうから、まだ一般化していない中での導入は高くなりそうな気がします。

それよりも電気でも水素でもいいから、早く一般の自動車を普及させてほしいです。

■ 小学生の列に車 殺人未遂の現行犯で男逮捕 「指さされ腹立った」

指さされたぐらいで腹立てて車ごと突っ込むって、どんだけ短気なんだか。。。

撥ねられた小学生が軽傷だったのは何よりですが、子供相手に我慢すらできないって、アホすぎ。

■ YOSAKOIで爆破予告 中止求めラジオ局にはがき

8年前の大通会場での爆破を思い出しましたが、確かにYOSAKOIソーラン祭りの期間中は、札幌市内も主要道路のアチコチで交通規制されることもあり、市民にとっては迷惑だと思っている人も多いでしょう。

特に近年は、巨大化して本来のよさこい祭りではなくなり、踊りもダンス化し、近くで見るにも有料化になったりと、非常に詰まらなくなってきているので、テレビでも見なくなりましたが、爆破予告で更に警備にも金がかかることになるだろうし、いいことないのでは?

ただ、「祭りは目障りで迷惑だ」には同意しますが、爆破予告はやりすぎです!

■ SBIホールディングス、「Yahoo!オークション」の進捗管理が可能な「オクりっち」を提供

ヤフオクではモバイルを使う気もないので、この「オクりっち」は使う気すら全くありませんが、モバイルアプリケーションサービスでSSL対応なのに、未だに取引ナビがSSL対応でないって、ヤフオクも何を考えているもんだか。。。

個人情報を載せるページだからこそ、暗号化のSSLによるセキュリティが絶対必要なんですけどね。
posted by babiru_22 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック