2017年05月24日

『織田信長の家臣団 派閥と人間関係』和田裕弘

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

織田信長の家臣団 (中公新書) [ 和田裕弘 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)




 一万を超す大軍勢を任された柴田勝家・羽柴秀吉・明智光秀ら軍団長と、配下の武将たちの人間関係を、地縁・血縁などから詳細に検証。織田信長の家臣団の「派閥」の構造に迫り、各軍団の特性を明らかにする。

 織田家中で最古参の重鎮・佐久間信盛は、本願寺攻めでの無為無策を理由に信長から突如追放された。一見理不尽な「リストラ」だが、婚姻や養子縁組による盤石の人脈を築けなかった結果とも言える。本書では、一万を超す大軍勢を任された柴田勝家・羽柴秀吉・滝川一益・明智光秀ら軍団長と、配下の武将たちの関係を、地縁・血縁などから詳細に検証。これまで知られなかった「派閥」の構造に迫り、各軍団の特性を明らかにする。

 本書は、1万を超える大軍勢を率いた柴田勝家・羽柴秀吉・滝川一益・明智光秀らと、その配下の関係性に迫ったもの。サブタイトルにもある「派閥と人間関係」についての分析でもありますが、新書としては中身の濃い内容で、関係性については、とても興味深かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

『あおなり道場始末』葉室 麟

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あおなり道場始末 [ 葉室 麟 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)




 豊後、坪内藩の城下町にある青鳴道場。先代の死から早一年、道場は存亡の危機にあった。跡を継いだ長男の権平は、道場再興と父の汚名を雪ぐため、妹や弟とともに道場破りを始める。『小説推理』連載を加筆・修正。

 神妙活殺流の遣い手として知られた先代の死から早一年、青鳴道場は存亡の危機にあった。跡を継いだ長男の権平は若く、その風采の上がらなさや昼行燈な性格から、ついには門人が一人もいなくなってしまったのである。だがある日、権平がようやく重い腰を上げる。「父の仇を捜すために道場破りをいたす」。酔って亡くなったとされる先代の死には不審な点があり、直前には五つの流派の道場主たちと酒席を共にしていた。権平は道場再興と父の汚名を雪ぐため、道場破りを始める。

 物語は、不可解な父の急死から、道場破りで生計を立てながら事件の真相に近づく3兄妹を描いた作品。著者と時代小説としては、非常にアッサリと読める軽いタッチの作品で、これまでの著者の作品よりも重さがあまり感じられなかったのが残念でしたが、ライトノベル的な感覚で読むことができる作品で、青少年向けともいえます。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

『あの頃トン子と』城 明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あの頃トン子と [ 城 明 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/22時点)




 東北に住むアラフォーの洋一とマナブは、退屈しのぎとばかりに子豚の「トン子」に芸を仕込み始めた。するとその子豚は、呼びかけると「トン子!」と答えるように。テレビで紹介されたトン子は日本中の人気者になって…。

 東北地方の農村で養豚業を営む洋一、39歳独身。その幼馴染で、東京で夢破れ故郷に舞い戻ったマナブ、バツイチ。2人は暇しのぎに、子豚のトン子に芸を仕込み始める。だが、そのトン子が、呼びかけられると「トン子!」と返事をするようになったのだ! 「しゃべる子豚」としてテレビ局の取材が相次ぎ、ついには豚骨ラーメンのCMに出演、トン子は日本中の人気者になる。ついに2人はトン子を擁して、上京するのだが……。

 物語は、しゃべる子ブタとの生活を描いた作品。人間に翻弄される子豚の悲劇でもあるのですが、ユーモアが交えて描かれていて、ラストまでスムースに読むことができます。ラストはとても切ないですが、人間と動物についてちょっと考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

『いちばん悲しい』まさきとしか

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちばん悲しい [ まさきとしか ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/5/20時点)



 ある大雨の夜、冴えない中年男が殺された。不倫相手の妄想女、残された妻子、キャンプでの不幸な出来事…。事件の周縁をなぞるような捜査は、決して暴いてはならない秘密をつきとめ…。

 犯人は、水底から現れて、水底へ消えて行った……。ある大雨の夜に殺された冴えない中年男。不倫相手の妄想女、残された妻子、そして男の家族の苦い思い出となった、キャンプでの出来事……。事件の周縁をなぞるような捜査は、決して暴いてはならない秘密をつきとめる……。女たちの心の奥底にうずまく毒感情が、少しずつ溢れ、歪み、凶器となって、人の命を奪うまでを描いた、イヤミスの衝撃作!

 物語は、登場人物それぞれの心の奥を描いたサスペンス。女性独特のドロドロ感が、イヤミスとして表現されていて、その人物描写が独特で心理サスペンスとして楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

『海に向かう足あと』朽木 祥

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海に向かう足あと [ 朽木 祥 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/19時点)



 東京近海の小さな島で開かれるヨットレースに参加したクルーたち。だが、人々は現れず、電話も繋がらない…。いったい世界で何が起きているのか? 心に迫る切ないディストピア小説。

 村雲達6人のクルーメンバーは、そう裕福でない日々の中で捻出した費用で、念願の新艇を手に入れる。早速、三日月島をスタートに開催される外洋ヨットレースへの参加を揚々と決める。小笠原諸島近くのその島には申し分ないサービスを提供するホテルがあり、ヨット乗りには夢のような島だった。盛り上がる「大きな少年」たちを、時に辛辣な言葉をかけながらも温かく見守る家族や恋人たち。唯一の懸念は、きな臭い世情不安だけだった。メンバーの一人である諸橋は物理学を専門とし、政府のあるプロジェクトに加わっていたのだ。独身を通してきた村雲は、お礼セーリングに美しい女性輝喜を互いの愛犬2匹とともに連れてきた。若くてフリーターの洋平はシングルマザーとの交際を真剣に考え、ベテランの相原は自分の体力と人生の限界を感じていて、メンバーそれぞれがそれぞれの思いとともにレースに向かおうとしていた。準備のために三日月島に先入りしていたメンバー、しかし合流するはずの諸橋や家族たちが当日になっても到着しない。本人たちの携帯も通じない。やがて一切の通信も凍ってしまい……。世界で何が起きているのか?

 物語は、6人のヨットクルーたちのヨットレースの日々と、それが突然断ち切られてしまう恐怖を描いた作品。特にラストは背筋も凍る展開となり、とても切ない物語でもありましたが、非常に印象に残る作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

『あさ美さんの家さがし』星野伸一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あさ美さんの家さがし [ 黒野 伸一 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)



 タワーマンションに惹かれる32歳のキャバ嬢あさ美、ゴミ屋敷で暮らす蓬莱のおばあちゃん、シェアハウスで出会った譲二と唯…。高齢化や待機児童など、様々な問題の中で生きる人々が織りなす、住居と人生をめぐる連作長編。

 本書は6話が収録される連作集。キャバ嬢あさ美に関わる人々の繋がりが描かれますが、待機児童問題やゴミ屋敷問題など、社会問題とうまく物語を絡めています。住居探しから始まり、人との繋がりの人間関係など、連作としても読みやすく、できれば続編も出してほしいです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

『美しい国への旅』『美しい国への旅』田中慎弥 『美しい国への旅』田中慎弥

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美しい国への旅 [ 田中 慎弥 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/17時点)



 ガスマスクなしでは外出できない「濁り」に汚染されたディストピア日本を舞台に、14歳の少年が、母の仇討ちと女兵士の使命を胸に、司令官のいる基地を目指し旅を続ける。『共喰い』の衝撃から5年、新たな代表作。

 物語は、大量殺戮兵器で汚染された世界を描いた作品ですが、『宰相A』もイマイチでしたが、背景も不鮮明すぎます。前作の『宰相A』も安倍首相を皮肉ったもので、本書もタイトルから、安倍首相の書いた『美しい国へ』への批判と受け取れますが、戦争にこだわりすぎていて、政権批判を文学として表現しているということなのかもしれませんが、小説としては設定や世界観も曖昧すぎていて、残念な印象しか残りません。

【満足度】 ★
posted by babiru_22 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

『異端者』勝目 梓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異端者 [ 勝目 梓 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/5/16時点)



 情欲、悔恨、恥辱。夜ふけの静かな波音だけが、不思議な深い慰めと安らぎをもたらしてくれる…。戦後日本を生き抜いた男の、人には明かせない記憶の数々。官能文学の第一人者として長く君臨した作家による長編小説。

 物語は、南房総の古いリゾートマンションで暮す72歳の老境を迎えた主人公が、自ら封印してきた過去の性遍歴と秘事を振り返りながらの苦悩を描いた作品。かつての著者の作品らしいバイオレンスさはなく、官能に特化した物語で、個人的には今一つでしたが、性の苦悩はよく表現されていました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

『姥捨て山繁盛記』太田俊明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

姥捨て山繁盛記 [ 太田 俊明 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/15時点)



 中断したダム建設計画の補償金で「シニアの郷」計画が進む山梨県北部の過疎の村。初期の認知症で早期退職した59歳の男が「郷」に移り住んだ。男が水没予定地を訪ねてみると、理想郷のような風景が広がっていて…。

 山梨県北部の山あいの過疎の村が舞台。大水害に見舞われたことを受けて半世紀前に計画されたダム建設は中断しているが、ダムに沈みゆく土地の移転代替地では補償金を使い、高齢者介護・医療を目玉とする「シニアの郷」計画が進む。若年性認知症と診断された59歳の西澤亮輔は、都内の大手企業を早期退職して「郷」に移住する。自らの終の棲家とする条件に見合った場所だったからだ。しかし、施設はどこか暗く、西澤も老け込むばかりの毎日。なぜダム建設が計画のまま中断されているのか。それは水没予定地に留まり、ダム建設に反対する1%の人々がいるからだった。その集落は村人から「姥捨て村」と呼ばれ、完全に孤立している。しかし、そこには水害で母や弟妹を失った過去を持つ男が営む「日本一のワイナリー」があるという。のだ。ある日、思い立って西澤が訪ねると、理想郷のような風景が広がっていた。

 本書は、第8回日経小説大賞受賞作。ダム建設を巡って分裂した村を舞台に、還暦間近の主人公達が理想の村を求めて奮闘記が描かれます。まちおこしの夢を大きく描き、補助金頼みのダム計画を断念すべく、地域活性化のために住民が立ち上がる姿は、エンタメとしても面白かったですし、ダム建設の是非や限界集落などの時事問題を物語に上手く絡めていて、とても良かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

『和牛の力 血統を守る、伝える』増田淳子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和牛の力 血統を守る、伝える/増田淳子【1000円以上送料無料】
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/13時点)



 味の良さが海外でも評価され、輸出農産物としても大きな可能性を秘めている和牛。だが和牛の9割は黒毛和種で、他の種類は絶滅危惧種になろうとしている。全国各地で取材を重ねた著者が、その実状をユーモアを交えて描写する。

 日本が世界に誇る和牛ブランド。その霜降りの味の良さは海外でも高く評価され、輸出農産物としても大いなる可能性を秘めている。しかし、和牛の9割は“黒毛和種”であり、他の種類はもはや絶滅危惧種にならんとしている。著者はそのような和牛の実状を知り、希少種をより詳しく知るため、また世間に伝えるため、全国各地を飛び回って取材を重ねた。その姿の美しさ、愛くるしさ、置かれている環境の厳しさ等を独特の筆致で温かく、かつユーモアを交えて繊細に描写する。

 本書は、タイトルにもあるように和牛についてを分かりやすくまとめたもの。和牛の歴史から始まり、種類や血統、牛の食料など、著者の和牛に対する愛情も感じられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

『やってはいけないデザイン』平本久美子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やってはいけないデザイン [ 平本 久美子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)



 チラシ、プレゼン資料、広報誌…。デザインをランクアップさせる技術や、知っておくべきレイアウト・配色・フォントの基本などを、やってはいけないデザイン例とその解決方法と共に解説。ノンデザイナー向けのデザイン入門書。

 素人デザインをほめられデザインに変えてきたプロが教えます!  本業はデザイナーじゃないのに、自分でデザインしなくてはいけない、素人デザイナーさんへ。素人さんがやりがちな「やってはいけないデザイン」と、それを改善するためのノウハウをやさしくお教えします。

 本書は、全てフルカラーで「やってはいけないデザイン」として良い例と悪い例で示しており、とても分かりやすく書かれています。色のバランスについても初心者向けに解説されていて、サイズのバランスについてなども参考になります。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

『横浜駅SF』柞刈湯葉

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

横浜駅SF (カドカワBOOKS) [ 柞刈湯葉 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/5/11時点)



 日本は自己増殖する〈横浜駅〉に支配されていた。脳に埋め込んだSuikaで管理されるエキナカ社会。その外で暮らすヒロトは、エキナカを追放されたある男から人類の未来を担う使命を課せられ…。『カクヨム』掲載を書籍化。

 絶え間ない改築の続く横浜駅がついに自己増殖の能力を獲得し、膨張を開始して数百年後の日本。本州の99%は横浜駅で覆われ、Suikaを所有する人間が住み自動改札による徹底した監視下にあるエキナカの社会と、それ以外の僅かな土地に追いやられた人間の社会に分けられていた。青函トンネルでは、増殖を続ける横浜駅とJR北海道との終わりの見えない防衛戦が続いていた。非Suika住民達の住む岬で暮らしていた三島ヒロトは、古代地層から発掘された「18きっぷ」を手に、5日間限定での横浜駅への侵入を果たすが…。

 物語は、改築工事を繰り返す「横浜駅」が、自己増殖を開始し、数百年後に日本は本州の99%が横浜駅化。そして脳に埋め込まれたSuikaで人間が管理されるエキナカ社会が描かれるSF作品。設定と発想には驚かされましたが、SFロードノベルともいえる物語で、改築を続ける横浜駅が自己増殖するという設定だけでも面白く、独特の世界観はとても面白かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

『満潮』朝倉かすみ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

満潮 [ 朝倉かすみ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/10時点)



 人に迎合し、喜ばせることが生きがいの眉子。自意識過剰な大学生茶谷は眉子に一目惚れをし、彼女の夫に取り入り、眉子に近付く。眉子。茶谷。眉子の夫。3人の関係は? 『小説宝石』掲載を改稿し単行本化。

 わたし、ひとがわたしになにをしてもらいたがっているのか、分かるの。人に迎合し、喜ばせることが生きがいの眉子。彼女の結婚式で配膳係のバイトをしていたコミュ障で自意識過剰な大学生茶谷は、美しい花嫁姿の眉子に一目惚れをする。そして眉子の夫に取り入り、彼女に近付いていく。眉子は必ず僕を好きになる……。眉子。茶谷。眉子の夫。絡み合う三人の関係は? 眉子がかつて体験した、強烈な過去とは? 真実と心の闇は、着々と明かされていく。とにかく、きみは、一度でいいから、ぼくとデイトしてみればいいんだ。

 物語の説明をするのが難しい作品で、登場人物の群像劇ではありますが、自己中心的で身勝手な登場人物ばかりで、作品としての良さも感じられず、正直読んで損したような気分です。

【満足度】 ★
posted by babiru_22 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ぼくは原始人になった』マット・グレアム/ジョシュ・ヤング

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくは原始人になった [ マット・グレアム ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/9時点)



 大地を信頼し、自然を理解することで得られる心の平穏や健全さとは? 20年にわたり、腰布にサンダルというスタイルで狩猟採集生活をおくってきた男が、数々の経験を通して考え、学んだことを語る。

 腰布にサンダルというスタイルで狩猟採集生活を始め、荒野を走ることで知った、人間の驚異的な生命力と人生のすばらしさ! 20年にわたり原始的な狩猟採集生活をおくり、58日間で2700kmを走り、山岳レースで馬と速さを競うなど、数々の驚くべき体験を通して、著者が考え、学んだこととは?大地を信頼し、自然を理解することで得られる心の平穏や健全さとは? 大自然と絆を結ぶための20章!

 本書は、約20年にわたり原始的な狩猟採集生活を送った著者の生活体験をまとめたもの。サバイバルのノウハウについてではなく、個人的な経験と、その背景の心のあり方を綴ったもので、独自の信念が書かれています。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

『文房具屋さん大賞2017』



 2013年にスタートし、今年で5回目を迎え、ファンの注目度が毎年高まっている「文房具屋さん大賞」。有名文房具店10社から、“文房具のプロ”である売り場の店員さんを審査員として迎え、彼らが「自腹でも買いたい! 」という文具を厳正に審査。その“現場の声”をもとに、最高の逸品を決めるのが「文房具屋さん大賞」です。本書では、新商品のなかからもっともすぐれた商品である「大賞」を決定。さらに「コスパ賞」「デザイン賞」「機能賞」「アイデア賞」を設け発表します。注目の新商品がズラリと並ぶなか、誰よりも真剣に文房具と向き合う「文房具屋さん」が認めたアイテムはいったいなんなのか……? ぜひ、本書で結果をご確認ください!

 「文房具屋さん大賞」は、2013年にスタートし、今年で5回目を迎えましたが、その今年の「文房具屋さん大賞」の結果と商品の紹介をしたのが本書。入賞文房具は勿論のこと、様々なアイテムが写真で紹介されているだけに、文房具好きなら読んで損のない中身で、写真と内容とで、より詳しく商品を説明しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

『花咲小路三丁目のナイト』小路幸也

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花咲小路三丁目のナイト [ 小路 幸也 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)



 元「怪盗紳士」も若手刑事も、ちょっと不思議な花屋さんもいる花咲小路商店街。唯一の深夜営業店「喫茶ナイト」は、商店街のみなさんの、夜にしかできない相談ごとに応えていて…。『asta*』連載に加筆修正。

 商店街唯一の深夜営業店<喫茶ナイト>は、すっかり夜ならではの相談所になっている。ほのぼの楽しい花咲小路シリーズ第4弾。

 本書は、「花咲小路シリーズ」の第4弾。シリーズお馴染みの登場人物も登場し、様々な商店街の問題を解決していきます。昭和の雰囲気もたっぷりと入っていて、懐かしさも感じるシリーズで、続編も引き続き楽しみです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

『日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語』山崎晴雄/久保純子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 [ 山崎 晴雄 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/5時点)



 1500万年前、ユーラシア大陸の東の端から分かれて生まれた日本列島。現在、私たちが目にする風景を主に形作った100万年前以降(第四紀後半)を中心に、複雑な地形に富んだ列島の成り立ちを解き明かす。

 伊豆半島衝突、富士山噴火、海に沈んだ東京・大阪・京都、消えた縄文文化、移動する琵琶湖、瀬戸内海をナウマンゾウが闊歩する……日本列島はなぜ弓形をしているのか? 1500万年前、ユーラシア大陸の東の端から分かれて生まれた日本列島。現在、私たちが目にする風景・地形も、時代をさかのぼると全く違った顔を表します。本書ではおもに現代の列島を形作った100万年前以降(第四紀後半)を中心に、複雑な地形に富んだ列島の成り立ちを解き明かします。驚きに満ちた日本列島史。足下に広がるドラマチックワールドへようこそ!

 本書は、約1500万年前、ユーラシア大陸の東の端から分かれて生まれた日本列島の複雑な地形に富んだその成り立ちを紹介したもの。現在の日本列島が形成されるまでの過程や、地形が作り上げられる環境など、地形の歴史については、非常な壮大な物語でもあり、知られざる歴史を知ることができます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

『日本と世界の塩の図鑑』青山志穂

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本と世界の塩の図鑑 [ 青山志穂 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/4時点)



 塩を変えれば料理はぐんとおいしくなる! 日本で買える245種類の塩の味や、相性のよい食材&料理、価格、問い合わせ先などを写真とともに紹介する。塩の基礎知識や選び方、暮らし・美容での活用術なども掲載。

 本書では、日本で買える4000種超もの塩の中から、厳選した245種類の塩の味、あう食材&料理、健康法、そして基礎知識や楽しみ方、選び方を写真&データを使って紹介します。これを読めば、あなたに合った塩、家族が選ぶべき塩がわかります。また、保存法、健康法など、知っているようで意外と知られていない塩の効果的な使い方が、たくさん載っています。

 本書は、タイトルでも分かるように、厳選された日本と世界の塩についてが図鑑としてカラー写真で詳しく紹介されています。基礎知識は勿論のこと、それぞれの塩に、テイスティングのトレーニングを積んだソルトコーディネーターによる味覚データや、相性の良い食材も記載され、知られざる塩の使い方、健康法なども紹介されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

『夏をなくした少年たち』生馬直樹

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夏をなくした少年たち [ 生馬 直樹 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/5/3時点)



 拓海と啓、雪丸と国実は田舎町に住むお騒がせ4人組。小学校最後の夏、花火大会の夜に、彼らは想像を絶するほどの後悔を知った…。それから20年余り。惨めな遺体が発見され…。忘れ得ぬ少年の日々と哀しき冒険を描く。

 本書は、第3回新潮ミステリー大賞受賞作。物語は、6年生の男の子4人組と4歳の妹が夏休みの山で遭遇した悲劇が、20年後の時を経て殺人事件へと繋がります。新潮ミステリー大賞受賞作ではあるものの、ミステリ色と薄く、ミステリというよりは心理サスペンスというところだと思います。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

『七四』神家正成

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

七四 [ 神家正成 ]
価格:1814円(税込、送料無料) (2017/5/2時点)



 完全密室の七四式戦車内で死体が見つかり、警務隊の甲斐和美が捜査に協力することに。一方、ソフトウェア開発会社の社長・坂本は取引先から契約を解除される。プログラムのバグで一〇式戦車の事故が多発したというのだが…。

 自衛隊内の犯罪の捜査および被疑者の逮捕を行なう部署である中央警務隊。隊長・大曽根より、突然の命を受けた甲斐和美三等陸尉は、富士駐屯地に向かい、第百二十八地区警務隊の捜査に協力することになった。それは単なる自殺と思われた事件だったが、内部からの告発により、殺人の可能性があるという……。完全密室である七四式戦車(ナナヨン)の車内で見つかった遺体。自殺したと思われる人間の執務席の内線電話機から、自殺ではなく殺人との内部告発。甲斐和美は富士駐屯地に急行し、自衛隊組織の暗部に迫っていく……。元自衛官&『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作家が描く、ミリタリー捜査サスペンス!

 物語は、陸上自衛隊、富士駐屯地。整備工場に置かれた七四式戦車の中で、ある幹部隊員の遺体が発見されるところから始まり、その捜査を描くサスペンス。著者は自衛隊出身者なだけに、隊の内情など詳細がしっかりと描かれていて、登場人物も魅力的で面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする