2021年03月08日

『デスゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』河野 啓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 [ 河野 啓 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/3/8時点)




 彼はなぜエベレストに挑み続けたのか? 登れるはずのない最難関のルートを選んだ理由とは? 滑落死は本当に事故だったのか? 凍傷で指を失いながら七大陸最高峰単独無酸素登頂を目指した登山家・栗城史多の秘密に迫る。

 両手の指9本を失いながら“七大陸最高峰単独無酸素”登頂を目指した登山家・栗城史多氏。エベレスト登頂をインターネットで生中継することを掲げ、SNS時代の寵児と称賛を受けた。しかし、8度目の挑戦となった2018年5月21日、滑落死。35歳だった。彼はなぜ凍傷で指を失ったあともエベレストに挑み続けたのか? 最後の挑戦に、登れるはずのない最難関のルートを選んだ理由は何だったのか? 滑落死は本当に事故だったのか? そして、彼は何者だったのか。謎多き人気クライマーの心の内を、綿密な取材で解き明かす。

 本書は、第18回開高健ノンフィクション賞受賞作。2018年にエベレストへの登頂を目指している最中に滑落死した登山家・栗城史多について、かつて、彼のドキュメンタリー番組を制作した著者が、疑念を抱えながら、その最期を追ったノンフィクション。著者は、栗城史多の番組をプロデュースしようとし、栗城に係わった多くの人同様、彼に近づき、その元を去っていくが、栗城の死後、取材を進める中で、著者の栗城観が大きく変わっていく様子も含めて、人物像に迫る一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

『建て主たちのクレーム事典 50の実例で知る住宅トラブルのきっかけ』日経ホームビルダー編




 家づくりのプロと建て主のすれ違いはどこから生まれるか。住宅会社が建て主から受けたクレーム実話50ケースを、トラブル別に紹介する。『日経ホームビルダー』連載を再編集して単行本化。

 本書は、家づくりのクレーム実例を10タイプ別に50ケースを紹介したもの。建築工事でクレームにつながった事例とその原因、建設会社・工務店と建て主の行き違いのポイント、クレームの処理結果等が列挙されていますが、クレーム対処としては非常に参考になりました。クレーム内容では、工務店側には落ち度がなく、建て主側のわがままに思える場面も多く、顧客対応として工務店側の配慮不足を指摘する記事も相当数ありましたが、業者側も大変だと感じました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

『灯台からの響き』宮本 輝

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

灯台からの響き [ 宮本 輝 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2021/3/5時点)




 本の間から、亡き妻宛てに30年前に届いたハガキを見つけた康平。そこに描かれていたのは、海岸線と灯台のように見える線画。妻の過去を知るために、康平は灯台を巡る旅に出る…。『北日本新聞』ほか掲載を単行本化。

 板橋の商店街で、父の代から続く中華そば店を営む康平は、一緒に店を切り盛りしてきた妻を急病で失って、長い間休業していた。ある日、分厚い本の間から、妻宛ての古いはがきを見つける。30年前の日付が記されたはがきには、海辺の地図らしい線画と数行の文章が添えられていた。差出人は大学生の小坂真砂雄。記憶をたどるうちに、当時30歳だった妻が「見知らぬ人からはがきが届いた」と言っていたことを思い出す。なぜ妻はこれを大事にとっていたのか、そしてなぜ康平の蔵書に挟んでおいたのか。妻の知られざる過去を探して、康平は旅に出る……。市井の人々の姿を通じて、人生の尊さを伝える傑作長編。

 本書は、東京・板橋の商店街で長年一緒に中華そば屋を切り盛りしてきた妻・蘭子に先立たれた62歳の男・牧野康平を主人公に、生きる気力を失ってしまった主人公が、ふとしたきっかけで灯台を巡る旅をする中で、自身の人生を振り返り、家族との関係、近所の幼馴染みや友人たちとの関係を見つめ直し、ゆっくりと自分を取り戻していく…という、初老に差しかかった男の「再生」の物語です。深みのある物語となっており、著者の作品は久々に読みましたが、主人公の再生物語であると同時に、素敵な家族愛が描かれた作品です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:43| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

『タクジョ!』小野寺史宜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タクジョ! [ 小野寺 史宜 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/3/4時点)




 東京都江東区内の営業所に配属された新卒のタクシードライバー・高間夏子、23歳。個性あふれる先輩や同期、そして家族に励まされながら、仕事に、恋に、全力で走り回る姿を温かく爽快な筆致で描きだす。

 物語は、23歳の大学の新卒でタクシードライバーになった主人公のお仕事小説。展開が淡々として、起伏のある展開ではなかったものの、タクシー業界の裏側も描かれ、興味深い作品でもありました。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 14:57| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』辻 真先

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説 [ 辻 真先 ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2021/3/3時点)




 昭和24年、ミステリ作家を目指している風早勝利は、名古屋市内の新制高校3年生になった。そして暑い夏休みの最中、2つの不可解な事件に遭遇し…。17歳の少年と那珂一兵が解き明かす、哀しき真実とは。

 昭和24年、ミステリ作家を目指しているカツ丼こと風早勝利は、名古屋市内の新制高校3年生になった。旧制中学卒業後の、たった1年だけの男女共学の高校生活。そんな中、顧問の勧めで勝利たち推理小説研究会は、映画研究会と合同で一泊旅行を計画する。顧問と男女生徒五名で湯谷温泉へ、修学旅行代わりの小旅行だった…。そこで巻き込まれた密室殺人事件。さらに夏休み最終日の夜、キティ台風が襲来する中で起きた廃墟での首切り殺人事件! 2つの不可解な事件に遭遇した勝利たちは果たして…。著者自らが経験した戦後日本の混乱期と、青春の日々をみずみずしく描き出す。

 本書は、男女共学が始まった終戦後の愛知県を舞台に、少年少女が連続殺人事件に巻き込まれ、日本の民主」を進める進駐軍によって戦前とまるで違う価値観を押しつけられた子どもたちの戸惑いや怒りも交え、復興へと向かう地方都市を背景に、思春期に戦争を体験した生徒の境遇と複雑な胸の内が描かれるミステリ。時代背景が印象的で印象に残る作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:13| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『続・靴磨きの本』長谷川裕也

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

続・靴磨きの本 [ 長谷川 裕也 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/3/2時点)




 “磨きを極める”をテーマにプロの靴磨きテクニックを伝授。シャイナーなら知っておきたい知識から、靴の製法やスタイルまで、写真とともに解説する。革靴のトラブルカルテ集も収録。本体は背表紙なし糸綴じ。

 ロングセラーとなった『靴磨きの本』の刊行から4年。“磨きを極める”をテーマに掲げた第2弾がついに登場! よりディープに、よりマニアックに……世界一の靴磨き職人の磨きのテクニックはもとより、靴の製法やスタイル、革の種類や加工方法、さらには世界各国の靴磨き職人インタビューまで、靴好きなら知っておきたい知識を体系的にまとめた、日本全国のシューシャイナー必携の書。

 本書は、世界一の靴磨き職人が教えるテクニック、靴の製法やスタイル、革の種類や加工方法まで、靴好き必携の内容です。本を開いたまま靴磨きができるように、背表紙をつけずにページが180度開くコデックス装にもなっており、靴の構造や製法、そして靴になる前の革そのものの知識も満載で、本格的な磨きのテクニックは非常に参考にもなりますし、靴磨きの奥深さを感じる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:08| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

『さらば愛しき競馬』角居勝彦

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さらば愛しき競馬 (小学館新書) [ 角居 勝彦 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2021/3/1時点)




 日本ダービーをはじめ、内外の大レースを次々に制覇してきた名門・角居厩舎が解散する。希代の名伯楽が、数々の名馬と厩舎人を育て、多くの名騎手を見つめてきた経験を伝える。『週刊ポスト』連載を加筆修正し、再構成。

 開業3年目に菊花賞を勝って以来、日本ダービー、ジャパンカップからドバイワールドカップまで内外の大レースを次々に制覇してきた名門厩舎の解散発表には、誰もが驚いた。本書では稀代の名伯楽が、数々の名馬と厩舎人を育て、多くの名騎手を見つめてきた経験を余すことなく伝える。

 本書は、日本馬として初めてドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサや、64年ぶりに牝馬のダービー馬となったウオッカの調教師として知られる著者が『週刊ポスト』での連載を大幅加筆した競馬エッセイ。どういう基準で騎手を選んでいるのか、オーナーとのコミュニケーション、レース選択のポイント、厩舎コメントに込められた思い、スタッフのマネジメント術……など、読み応えある競馬論です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:46| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

『自分の頭で考える日本の論点』出口治明




 経済成長は必要か、ネット言論は規制すべきか…。ベンチャー企業の創業者であり大学学長である著者が、私達が直面する重要な論点を紹介しながら、自分はどう判断するかの思考プロセスを解説。知識と考える力が同時に身につく。

 玉石混淆の情報があふれ、専門家の間でも意見が分かれる問題ばかりの現代社会。これらを自分で判断し、悔いのない選択ができるようになるには、どうしたらいいのか。「経済成長は必要か」「民主主義は優れた制度か」「安楽死を認めるべきか」等々。ベンチャー企業の創業者であり大学学長、そして無類の読書家である著者が、私たちが直面する重要な論点を紹介しながら、自分はどう判断するかの思考プロセスを解説。先の見えない時代を生きるのに役立つ知識が身につき、本物の思考力も鍛えられる、一石二鳥の書。

 本書は、新型コロナ、LGBT、ベーシックインカム、少子化問題、移民問題、年金問題など、日本における様々な社会問題を解説したもの。様々な社会問題を改めて自分なりに考えるポイントも分かり、問題の概要と解説がとても分かりやすい一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:27| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

『新型コロナとワクチン知らないと不都合な真実』峰宗太/山中浩之




 新型コロナを冷静に、淡々と迎え撃とう。「知らないと不都合」なウイルス、ワクチンの知識に絞り、ウイルス免疫学の専門家と素人の対話を通して、自分の頭で考える手がかりを提供する。『日経ビジネス電子版』掲載を加筆。

 「新型コロナワクチン」の接種開始を前に、その効果とリスクを巡って議論が盛り上がってきました。ツイッターで5万人のフォロワーを持つ米国研究機関在籍の若手ウイルス免疫学者、峰宗太郎先生が、対話形式でとっても分かりやすく、そして時には辛辣に、新型コロナと人間の免疫系、そしてワクチンを巡るさまざまな問題について語ります。メディアやネットの情報に踊らされず、パニックを起こさず、冷静に自分の頭で判断するための科学的トピックが満載です。

 本書は、ウイルス、ワクチンの基礎から新型コロナ対策の考察、PCR検査の概要と限界、使い方に至るまで説明についてなど、新型コロナウイルスについて分かりやすく説明されています。またメディアの様々な情報とどう付き合っていくのか、自分で考える大切さについて非常に共感できましたし、ウイルスに関しての知識は読み応えがありました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:44| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

『自衛隊は市街戦を戦えるか』二見 龍

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自衛隊は市街戦を戦えるか (新潮新書) [ 二見 龍 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2021/2/25時点)




 戦車だけじゃ日本は守れない。「新しい戦争」に対応せよ! 時代錯誤の突撃訓練、独自の文化・銃剣道、銃の取り扱い方も知らない隊員たち…。「最強の部隊」を追求した元自衛隊幹部が明かす組織の内情と未来への提言。

 軍事費世界第8位、軍事力では世界第5位とも言われる日本。だが、陸上自衛隊の真の実力とは? サイバー戦に情報戦が加わった「ハイブリッド戦争」の時代に、自衛隊は何を目指すべきか。「最強の部隊」を追求した元自衛隊幹部が明かす組織の実情と本心からの提言。

 本書は、元陸将補の著者が、サイバー戦に情報戦が加わった「新しい戦争」の時代、主戦場は野外から市街地に移るとみて、陸自に戦法の変革を提言している一冊。著者自身が追求した、第40普通科連隊長在任時のエピソードを交えながら、自衛隊の装備・訓練、組織風土、人材育成などについて、問題点や課題を指摘し、真価を発揮する集団を作っていく道を探っていく内容で、読み手によっては意見も分かれるところとは思いますが、組織のあり方を考える内容でもあり、色々と考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:50| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

『図解でわかる 14歳から考える資本主義』インフォビジュアル研究所




 世界の11人に1人が飢える不平等、お金を出す人と働く人、お金がお金を生むからくり、社会的共通資本という視点、貧者のための金融・グラミン銀行…。資本主義について、カラー図版を用いてわかりやすく解説する。

 本書は、「資本主義の理想と現実」「資本主義のできるまで」「資本主義を動かす8つの歯車」「資本主義は何を間違ったのか」「明日の資本主義のために」という全5章で構成された内容で、お金はどうして生まれたのか、貨幣の登場、両替ネットワークといった資本主義の原点から、金利、投資、市場原理など、最低限知っておきたい基礎知識。資本主義がもたらした地球温暖化、貧富の格差の拡大、食の不平等など、学んでおきたい諸問題。新自由主義、グローバル経済、レントシーキング、保護主義、ソーシャル・ビジネス、定常経済など、押さえておきたい単語まで、豊富な図解により分かりやすく解説しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:39| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

『絶滅危惧個人商店』井上理津子




 個人商店は「町の宝」だ! 食料品、衣類、質屋、銭湯…。チェーン店やアウトレットに負けずに、個人で商売を続ける店を訪ね歩いた記録。店主たちのヒストリーを伝える。『ちくま』連載に加筆・編集して単行本化。

 本書は、著者が外観や客あしらいからその店と通底する心意気の店に違いないと踏んだ個人商店19店を丹念に取材し、各店と店主のヒストリーに加え、「今」の店模様が綴られた一冊。大型店や通販に押され、苦境に立つ街の個人商店を取り上げ、商店街が寂しくなるのは全国どこでも見られる光景ではありますが、大型店や量販店にも負けず、元気を個人店で商売をする店主の矜持と背負った歳月の厚みがしっかりと紹介され、今の商売を語る生き生きとした店主と家族の姿は、読んでいても元気をもらえます。地域に根差した商売を長年続ける個人商店を訪ね歩き、店の来歴や店主の人柄、客との交流を細やかに記録していますが、町の歴史も文章から感じられ、それぞれのお店に訪ねたくなりますし、それぞれのお店の価値も伝わり、感動も覚える内容でした。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:55| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

『純喫茶パオーン』椰月美智子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

純喫茶パオーン [ 椰月美智子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/2/22時点)




 創業約50年の「純喫茶パオーン」。その店主の孫である「ぼく」が、小学5年・中学1年・大学1年の頃にそれぞれ出会った不思議な事件と温かな日々を描く。表題作のほか、『静岡新聞』掲載作品や書き下ろしを加えて書籍化。

 創業50年の喫茶店「純喫茶パオーン」。トレイを持つ手がいつも小刻みに震えているのに、グラスにたっぷり、表面張力ギリギリで運ぶ「おじいちゃんの特製ミルクセーキ」と、どんなにお腹がいっぱいでも食べたくなっちゃう「おばあちゃんの魔法のナポリタン」が看板メニューだ。その店主の孫である「ぼく」が小学5年・中学1年・大学1年の頃にそれぞれ出会う不思議な事件と、人生のちょっとした真実。心地の好さに、きっとあなたも通いたくなる。

 本書は、喫茶店「純喫茶パオーン」のマスターの孫である来人の視点を軸に、美味しい料理と不思議な事件を描いたハートウォーミング。ミステリではあるものの、主人公の成長物語でもあり、読後は昔ながらのナポリタンとミルクセーキが味わいたくなります。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:41| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

『競馬の“言葉力” 時代を超えた“競馬”伝説の名言・金言』関口隆哉/宮崎聡史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

競馬の“言葉力” [ 関口 隆哉 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/2/20時点)




 ダービー馬のオーナーになることは、一国の宰相になることよりも難しい(ウィンストン・チャーチル)。ヘミングウェイ、菊池寛、武豊など、古今東西、各界の著名人の名言・金言で競馬の魅力と深淵を紹介する。

 本書は、サラブレッドが誕生してから、およそ300年間に渡る「世界競馬史」のなかで紡がれてきた“言葉力”に溢れた名言、金言を紹介したもの。政治家・文化人、生産者、騎手、レース実況……など、競馬ファンなら知る名言が書かれ、その名言の背景を競馬コラムとしてまとめています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:43| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

『競馬にみる日本文化』石川 肇

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

競馬にみる日本文化 [ 石川 肇 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/2/19時点)




 菊池寛、舟橋聖一、井上靖、遠藤周作…。馬と文士の群像劇が織りなす、知られざる競馬文壇史。また、大連や台湾など、今はなき戦時下の競馬場を吉田初三郎のカラー鳥瞰図で巡る。『週刊Gallop』連載等を書籍化。

 舟橋聖一、菊池寛、井上靖、遠藤周作、吉川英治、吉屋信子、寺山修司などの馬主文士たち。樺太、平壌、大連、台湾など、戦時下の東アジアに作られた、今はなき競馬場。馬が登場する文学作品を紹介しながら、大正の広重とうたわれた吉田初三郎の美しい鳥瞰図で旅する、馬と文学の極上エッセイ。

 本書は、文豪達の競馬にまつわるエピソードをまとめたエッセイ集。舟橋聖一、菊池寛、吉屋信子、吉川英治ら作家たちがどのように競馬と親しんだのか、そのエピソードが数多く取り上げられていて、第2部で紹介される「競馬場の地図絵巻」も含めて、まさにタイトルでもある「競馬にみる日本文化」が分かる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:10| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

『コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線』養老孟司ほか




 新型コロナウイルスは瞬く間に地球上に広まり、多くの生命と日常を奪った。この危機にどう向き合えばよいのか。各界で活躍する精鋭たちの知見を提示し、アフターコロナの新たな世界を問う。『朝日新聞デジタル』連載を書籍化。

 日本の未来はどうなるか……? 養老孟司 ユヴァル・ノア・ハラリ ジャレド・ダイアモンド 福岡伸一 ブレイディみかこ 角幡唯介 東畑開人etc. 22人の論客が示すアフターコロナの針路! 朝日新聞大反響連載を書籍化新型コロナウイルスは瞬く間に地球上に広まり多くの命と日常を奪った。すべての人に平等に降りかかるこの感染症によって、社会は様変わりしてしまった。第2波の懸念も高まり、感染への恐怖が消えない中、私たちは大きく変容する世界をどう捉え、どのように考えればよいのか。現代の知性たちのパースペクティブを通し「コロナ後」を思考する糧を届ける。

 本書は、各界で活躍する精鋭たちの知見を提示し、アフターコロナの新たな世界を問う論考・インタビュー集。様々な立場やジャンルの人達22人がコロナ後の世界を語っており、政治の重要性も強調しています。気づかなかった視点や共感できる視点がありましたが、自分なりの意見をしっかりと持つことの大切さも感じました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:13| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

『患者になった名医たちの選択』塚崎朝子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

患者になった名医たちの選択 (新書755) [ 塚崎朝子 ]
価格:935円(税込、送料無料) (2021/2/17時点)




 命の限りを知ったあとの人生は輝く…。がん、脳卒中からアルコール依存症まで、さまざまな重い病気にかかった名医18人が選んだ「病気との向き合い方」をベテラン医療ライターがルポ。

 がん、脳卒中からアルコール依存症まで、さまざまな重い病気にかかった名医たちが選んだ「病気との向き合い方」をベテラン医療ライターがルポ。名医たちの闘病法の中に必ず読者が「これだ!」と思う療養のヒントがある。帚木蓬生氏(精神科)や『「空腹」こそ最強のクスリ』の青木厚氏も登場。

 本書は、重い病で死線をさまよった医師たちの闘病体験記。病気を治療する医師が病気療養を行う時にそれぞれが下した選択は様々ですが、いずれも考えさせられるものが多く、他の医師が行う治療に真摯に治療を受け入れる姿勢に感銘を受けました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:02| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

『暗闇にレンズ』高山羽根子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暗闇にレンズ [ 高山 羽根子 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/2/16時点)




 高校生のわたしは、親友と監視カメラだらけの街を歩き、携帯端末の小さなレンズをかざして世界を切り取る。かつて母や、祖母や、曾祖母がしてきたように…。時代に翻弄されつつもレンズから世界をのぞき続けた“一族”の物語。

 高校生の「わたし」は親友の「彼女」と監視カメラだらけの街を歩き、携帯端末の小さなレンズをかざして世界を切り取る。かつて「わたし」の母や、祖母や、曾祖母たちがしてきたのと同じように。そうして切り取られた世界の一部は、あるときには教育や娯楽のために、またあるときには兵器として戦争や紛争、弾圧のために用いられた……映画と映像にまつわる壮大な偽史と、時代に翻弄されつつもレンズをのぞき続けた”一族”の物語。

 本書は、『首里の馬』で芥川賞受賞した著者の受賞後の書き下ろし長編作品。物語は、監視カメラがあふれる街角でスマホを操る2人の少女が主役のサイドAと、19世紀末の横浜で娼館・夢幻楼を営む嘉納家に連なる女性達の歴史をたどるサイドBに分かれ、Bの時代が少しずつAに近づいていくという展開となっています。映画と映像にまつわる壮大な偽史と、時代に翻弄されつつもレンズをのぞき続けた一族の物語で、戦争時代の歴史、海外の舞台、女性の4代に繋がる歴史など、永く複雑な物語を紡いでおり、壮大なドラマを見たような感覚の作品でした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:45| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

『兄の終い』村井理子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

兄の終い [ 村井理子 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/2/15時点)




 警察署からの電話で兄の死を知った。周りに迷惑ばかりかける人だった。体を壊し、職を失い、貧困から這いあがることなく死んだ兄を弔うために、元妻、息子、妹である私が集まり…。怒り、泣き、ちょっと笑った5日間の実話。

 本書は、疎遠だった兄の遺体を引き取り、後始末をした怒濤の5日間を克明に綴ったもの。兄の死によって波が立ち、揺れ、溢れそうになる著者の感情が、徐々に平穏を取り戻していく過程を追った、鮮やかで生々しい5日間の記録でもありますが、複雑な家庭事情と兄の子供、地域の人の優しさなど人間模様が本書に詰め込まれています。音信不通の兄に死後整理が書かれており、重いテーマではあるものの、身内の死の対処や処分問題、そして兄の子どもの今後を考え奔走する姿に引き込まれると同時に、人の人生の深さというものも感じさせられました。兄に長年悩まされてきた妹のつらい思いと、それでも捨てきれない兄への情が痛いほど伝わってきました。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:42| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

『明智光秀 織田政権の司令塔』福島克彦




 織田家随一と称されながら、本能寺で主君を討ち、山崎合戦で敗れ去った名将、明智光秀。謀反に至る以前、光秀はどのような活動をしていたのかを通史的に検討し、その歴史的位置について考察。光秀の後半生をたどる。

 織田信長は版図拡大に伴い、柴田勝家、羽柴秀吉ら有力部将に大幅な権限を与え、前線に送り出した。だが明智光秀の地位はそれらとは一線を画す。一貫して京都とその周辺を任されて安土城の信長から近く、政権の司令塔ともいえる役割を果たした。検地による領国掌握、軍法の制定などの先進的な施策は、後年の秀吉が発展的に継承している。織田家随一と称されながら、本能寺の変で主君を討ち、山崎合戦で敗れ去った名将の軌跡。

 本書は、明智光秀の事績を史料をもとに細かく分析した一冊。明智光秀の築いた城郭についても詳しく書かれており、統治の実態に迫る内容になっているのが興味深いです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする