2018年08月18日

『Shoes(シューズ) イラストでわかる靴のデザイン 古代から現代まで』ジョン・ピーコック




 800点近くの豊富なカラー図版を用い、古代から現代までのあらゆる種類の靴の変遷をまとめたイラスト資料集。年代順に6章に分けて各時代の代表的な靴を収録し、素材や形状、飾り、留め具などの解説を添える。

 本書は、800点近くの豊富なカラー図版を用い、古代から現代までのあらゆる種類の靴の変遷をまとめたイラスト資料集です。年代順に6章に分けて各時代の代表的な靴を収録し、素材や形状、飾り、留め具などの解説を添えています。収録されているのは、古代エジプトの天然の繊維でできた素朴なサンダルや、ビザンティンの豪華な刺繍や宝飾の靴、14世紀のつま先が異様に突き出たブーツ、18世紀のシルク製のスリッパなど。また現代では、ブローグやスティレットヒールから、過激で実験的なスタイルまで幅広く紹介しています。巻末には、はきもの発展図や参考文献、世界の靴デザイナーやメーカーの一覧を掲載。多様な靴の歴史を詳細に語った本書は、靴愛好家、デザイナー、ファッションに関心のあるすべての方にとって、きっと欠かせない参考書となるでしょう。

 本書は、紀元前から現在までの靴のデザインをイラストと共に紹介したもの。約800点のイラストで紹介されているので、非常に見やすく、靴が特別好きというわけではありませんが、こういった日常的に使用するものを、年代別に並べ、解説された資料というのは、靴だけに限らず、とても興味深かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:31| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

『それ自体が奇跡』小野寺史宜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それ自体が奇跡 [ 小野寺 史宜 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2018/8/17時点)




 30歳、結婚3年目、共働き。夫は報酬ゼロのJリーグ入りの夢を追い始め、夫の事後報告に異を唱えた妻は違う男に惹かれ始める。初めて訪れた危機を、夫妻は乗り越えられるのか…。夢を諦めないすべての男女に贈る夫婦の物語。

 田口夫妻が勤める百貨店で唯一の定休日である元日。夫の貢が「本気のサッカーがしたい」と宣言し、妻の綾が「絶対ダメ」と反対したことから、2人の波乱の1年が幕を開けた。会社のサッカー部が廃止になり、くすぶっていた貢の元を、大学の先輩だという立花が訪れた。サッカーチーム「カピターレ東京」に入団し、東京23区で初めてのJリーグ入りを共に目指してほしいと熱心に勧誘される。報酬ゼロなのに本気のサッカーへの誘いに心を動かされた貢は、その場で「やります」と返事をしていた。高卒で百貨店に入社して13年、そろそろ子どもを産みたい、と考えていた綾は、夫の突然の宣言に異を唱える。特にイヤだったのは、それが相談ではなく事後報告だったことだ。夫との関係がぎくしゃくしたせいか、綾は仕事で初歩的なミスをしてしまうが、それがきっかけで客の天野と知り合い、2人で映画に行くことに……。30歳、結婚3年目、共働き。夫が本気の夢を追い始め、妻は別の男に惹かれ始めた。初めて訪れた危機を、田口夫妻は乗り越えられるのか!?

 物語は、30歳のサラリーマンが、Jリーグ入りを目指すチームに加入し、「無償だけど本気のサッカー」に打ち込むという作品。その過程に、夫婦の危機と再生が描かれますが、サラリと読めた作品ではありますが、何の相談もなく、一方的に無償のサッカーチームに入ることを告げる主人公の身勝手さが最後まで残り、イマイチ感も残りました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 20:39| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

『困った老人のトリセツ 25の事例と解決策』和田秀樹




 生前整理に応じない、些細なことにすぐキレる、免許返納を頑なに拒む…。老年精神医学のプロが、老いた親たちが引き起こす25の「困った」を解決! 知っておきたい老人との上手な付き合い方を伝授する。

 どう接していいかわからないお年寄りはいませんか? 何度も同じことを聞いたり、急に怒り出したり…。家族はもちろん、普段仕事で老人と接する機会が多い方も、理由を知れば対処法が見えてきます。本書では、高齢者専門病院で勤務経験もある精神科医・和田秀樹氏が、場面別に困った老人への対応の仕方を解説。上手な付き合い方を教えます。高齢社会でさまざまな対応を求められる時代に読んでおきたい一冊です。

 本書は、私たちの親や将来の自分にも起こりうる様々な困った行動に対して、原因を知り、それに合った対処法について解説したもの。最近は高齢者の困ったニュースや事故が増えていますが、本書では、免許返納を頑なに拒む、些細なことにすぐキレる、夜中に起きて家族の睡眠を邪魔する、注意しても詐欺のようなセールスに引っかかる…などの事例と、その問題の解決策や老人との付き合い方についてまとめられています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:39| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

『消えた21億円を追え ロッキード事件40年目のスクープ』NHK「未解決事件」取材班




 総理大臣経験者が逮捕・起訴されるという前代未聞の展開を見せた“戦後最大の疑獄”ロッキード事件の真相に、極秘資料と多くの証言から迫った、NHK「未解決事件」を書籍化。放送に盛り込めなかった資料や証言も網羅。

 1976年7月27日、民間機導入をめぐり「5億円」の賄賂を受け取ったとして、元総理大臣・田中角栄が逮捕された。総理大臣経験者が初めて裁かれた、戦後最大の疑獄「ロッキード事件」。しかし、事件は今も多くの謎が残されたままだ。最大の謎は、「21億円」もの金の行方が未解明に終わったことだった。疑惑が向けられていたのは、昭和の怪物「児玉誉士夫」とロッキード社製軍用機「P3C」。日本へのP3C導入をめぐり、何らかの“工作”があったのではないか、と疑われた。事件から40年、その手がかりとなる資料が次々に発掘され、数々の歴史的証言が得られた。見えてきたのは、軍事と金をめぐる日米両政府の「巨大な闇」、真実を覆い隠そうとする「国家の姿」……。「田中角栄逮捕」の熱狂に隠れた、ロッキード事件の真相とは。数奇な展開をたどった事件の内幕に迫る。

 「ロッキード事件」は、田中角栄元首相など主要関係者が逮捕・起訴され、判決も出ており、事件としては「終わっている」状態でもありますが、本書は、ロッキード事件の捜査を指揮し、その後、検事総長にもなった吉永祐介氏から、元NHK記者の小俣一平氏に「後世に残してほしい」と託されていた、段ボール20箱以上という膨大な捜査資料を元に、あまり知られていないロッキード社製軍用機「P3C」についての事実が明かされます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:50| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

『合成生物学の衝撃』須田桃子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

合成生物学の衝撃 [ 須田 桃子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/14時点)




 コンピュータ上でDNAを設計した人工生命体が誕生。カズオ・イシグロの代表的小説「わたしを離さないで」の世界が現実になる科学に人間の感情はついていけるか? 合成生物学の取材・研究に基づく科学ノンフィクション。

 2000年代初頭、マサチューセッツ工科大学に集まった科学者たちは、生物学を工学化することを思いつく。コンピュータ上でDNAを設計し、その生物を実際につくってみるのだ。「合成生物学」と呼ばれるようになるその学問はビル・ゲイツをして「もっともホット」な分野と呼ばれるようになる。企業が血眼になり、軍の研究機関が莫大な予算を投じる。そうした中、孤高の天才科学者が20年かけてついに人工生命体を作ることに成功する。ヒトまでも人工的につくる時代が来るのだろうか? 『捏造の科学者 STAP細胞事件』で新たな科学ノンフィクションの地平を開いた著者が放つ大宅賞受賞後第一作!

 本書は、合成生物学で何が行われているか?についてのノンフィクション。合成生物学は、生命の設計図であるDNAを改変したり、実験室で一から合成して、自然界にいない新たな生物を作るという試みですが、著者が米国での合成生物学の最前線を追ってまとめたもの。合成生物学は人類にとって有用な生物をつくり出したりする一方、軍事目的などに悪用される恐れもあり、著者はこの点を危惧していますが、ある研究所では、さまざまなDNAの断片を作製し、多様な組み合わせで結合させて細菌などの遺伝子に組み込み、自然界に存在しない新しい病原体をつくり出していたと言い、合成生物学的な手法が生物兵器開発に実際に使われていたようで、非常に衝撃的な一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:24| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

『極夜行』角幡唯介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極夜行 [ 角幡 唯介 ]
価格:1890円(税込、送料無料) (2018/8/13時点)




 暗闇のなか、氷床を歩き続け3カ月ぶりに太陽を見た時、人は何を思うのか…。太陽が昇らない冬の北極を、一頭の犬とともに命懸けで体感した探検家がつづる冒険ノンフィクション。『文春オンライン』連載に加筆修正。

 本書は、著者が太陽の登らない冬のグリーンランドを、徒歩でソリを引きながら探検をした内容をまとめたノンフィクション。全く太陽の昇らない極夜の北極圏を旅したら何を見るのか……という自身の探検を綴ったものですが、眠りから覚めても真っ暗闇で、気温はマイナス30度前後。自身のヘッドランプを頼りに出発の用意をして、月明かりの下、真っ暗な氷原にソリを引き、相棒である1匹の犬と、暗さ、寒さ、孤独と格闘する日々の様子は圧巻です。準備に4年をかけ、4ヶ月以上の間、真冬の北極圏を一人で歩く探検記録でもありますが、GPSもなく六分儀さえ失った極夜の極限状態の中で著者が感じたこと、エピソードなど、強烈なリアリティを感じた一冊です。

【満足度】 ★★★★★(文句なし!)
ラベル:角幡唯介 極夜行
posted by babiru_22 at 15:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

『ソーシャルメディア・マーケティング』水越康介




 これまでのマーケティングの本質を大切にしながら、インターネットやソーシャルメディアを活用した新しい概念を解説。個別のソーシャルメディアの特徴や使い方、理論や考え方を、事例とともに示す。

 消費者一人一人が主役となり、自らが発信する時代へ。ネットを介した口コミが商品の売れ行きを左右し、時には、消費者が製品のイノベーションにも寄与する。売り手と買い手という立場を超えて、共に何かをなすという意味での「共創」という概念が重要となってきている。本書では、ソーシャルメディア(SNSやブログなど)の個別具体的な活用法ではなく、共創という概念が従来のマーケティングを進化させたというストーリーを描く。ネットの隆盛で既存のマーケティングが役にたたなくなったわけではない。マーケティングに精通した学者が、新しい概念を取り込んで体系化し、SNS等のソフトの盛衰にかかわらず、時代に即したマーケティングを解説する。

 本書は、デジタル時代に必須となったマーケティング手法について、これまでのマーケティングの本質を大切にしながら、インターネットやソーシャルメディアを活用した新しい概念を習得することが必要になってくること概念を解説したもの。「顧客の必要に応え、よりよい社会を創り出す」ことを主眼に、個別のソーシャルメディアの特徴や使い方に留まらず、理論や考え方を中心に記述されています。もう少し具体的な実例を取り上げていると更に良かったようには思いますが、顧客を知る・顧客に伝える・顧客と繋がる・顧客と創る・成果を測る……という点は参考になりました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:30| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

『がんで余命ゼロと言われた夫の命を延ばす台所 14年も生きた奇跡の料理レシピ』神尾真木子




 味噌汁はぬるく作って麹菌を生かす。調味料はすべて天然ものに替える。玄米は発芽させて食べる…。あちこちに転移を抱えた末期がんの体で14年生きた夫と挑戦した、死なない食事31レシピと献立例を紹介する。

 料理のひと手間が病気を治す力に変わる。味噌汁はぬるく作って麹菌を生かす。調味料はすべて天然ものに替える。玄米は発芽させて食べる。夫婦で挑戦した“命”の再生録。死なない食事・実践編。31のレシピ+献立例。

 本書は、余命ゼロと末期がんを宣告されてから食事の徹底的な改善によって14年生き続けた「奇跡のシェフ」と呼ばれた神尾哲男氏の奥様が書かれた奇跡の料理レシピが紹介されたもの。食のポイントや、夫の命を支えた厳選・各種調味料についてなど、天然食の大切さや、食の見直しなど、食についてを改めて考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

『キリの理容室』上野 歩

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キリの理容室 [ 上野 歩 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/10時点)




 女性も通える理容店を開くという野望を叶えるべく、理容専門学校を卒業した神野キリ、20歳。ベテラン理容師の千恵子が1人で切り盛りするバーバーチーで修業することになるが、雑用ばかりの毎日で…。

 神野キリ、20歳。夢は理容師になって人気店を開くこと。お金を稼げて、女性も通える理容店を開いて、自分と父親を捨てて男と出ていった理容師の母親を見返すため、理容専門学校を卒業したキリ。カットが下手なキリは、千恵子が一人で切り盛りするバーバーチーで修業することになるが、雑用ばかりの毎日。幼なじみの淳平は毎日のように実家に来るし、理容学校の同級生のアタルの存在も気になり始めて……。衰退産業だなんて言わせない、床屋さん業界に理容女子が革命を起こします!

 本書は、多くの女性が足を踏み入れたことがないにもかかわらず、どの町にも必ずある理容室を舞台に、若い女性が既成概念にとらわれないアイディアで、理容業界を変えるべく奮闘する物語。主人公を通してのお仕事物語ではありますが、美容室とは違う、理容室の良さが物語として表現されており、読み終えると、理容室でシェービングをしたくなる……そんな作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:41| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

『Q&A』小林大輝

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Q&A [ 小林大輝 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/8/9時点)




 君に殺される僕は幸せだった…。街の外れにあるアパートで起きた死体遺棄事件。刑事が現場で発見したノートの中で、犯人と被害者は交互に問いかけ合っていた。刑事がノートの内容を紐解き、事件の核心に迫っていく物語。

 廃墟で見つかった、幸福そうな表情を浮かべた刺殺体。現場には、犯人と被害者がお互いに語り合うノートが見つかった。刑事のKと鑑識のGは、書かれた3つのQ&Aを通して、法では裁けぬ哀しき犯罪を明らかにする。人生で初めて出来た親友が、自ら命を絶った。親友の父を殺して逃避行を続ける僕は、やがて惨殺されることになる。残酷な世界で生きる決意をした少年がたった一人の大切な存在と巡り会い、手に入れたものは何だったのか?

 本書は、第1回ピクシブ文芸大賞受賞作。内容紹介からミステリ要素が強い作品と思っていましたが、サスペンスの純文学風というような感じかな? 殺人現場に残された日記で、被害者と加害者のQ&Aのやりとりが綴られていて、それが物語に繋がっていきますが、登場人物や舞台の詳細が明かされないだけに、消化不良の残る作品でした。

【満足度】 ★★☆
ラベル:小林大輝 Q&A
posted by babiru_22 at 17:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

『暗闇のアリア』真保裕一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暗闇のアリア [ 真保 裕一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/8/8時点)




 夫の自殺に疑問を持った真佐子は、元刑事の井岡に相談をし調査を開始した。ふたりは謎の鍵となる青年の存在にたどり着くが、彼は異国で既に死んでいた…。『小説野性時代』連載に書き下ろしを加え書籍化。

 夫は自殺ではない、殺されたのだ。警察から連絡を受けて、富川真佐子は呆然となる。自殺の状況は完璧にそろっていた。でも、絶対に違う。夫は死を選べるような人ではない。この自殺の背後には、きっと何かある……。真相を探る孤独な闘いが始まった。警察庁では、真佐子から相談を受けた元刑事の井岡が、内密に過去の事件を調査していく。次々と明らかになる不可解な自殺……。もし、自殺大国と言われる日本で、多くの「偽装された死」があるとしたら? ついに二人は謎の鍵を握る男の存在にたどりつく。が、彼はすでに異国の地で死んでいた!? 闇にうごめく暗殺者は、なぜ生まれたのか? 国際的スケールで展開する極上エンターテインメント!

 物語は北アフリカの紛争地帯で幕を開け、ある経産省キャリア官僚が首をつった状態で死亡し、娘は電話で「もう生きていけない」という父親の最期の声を確かに聞いた。だが妻は、夫は自殺ではない、殺されたのだ、と確信する。相談を受けた元刑事が、内密に過去の事件を調査していくと不可解な「自殺」を遂げた人たちがいることが次々と明らかになっていく……という作品。物語の中では、JICAやODAを巡る利権争い、米露による武器ビジネス、暴力団、復讐……と様々な要素が盛り込まれていますが、犯人の動機がやや不明瞭で、様々な問題を詰め込みすぎたことが逆に問題の焦点がボヤけており、この点がマイナスでしたが、作品としては面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:28| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓




 大学を中退しコンビニでバイトをする19歳の白秋。そこに研修にやってきた女子高生の深咲。強盗、繰り返しレジに並ぶ客、売り場から消えた少女。店内で事件が起こると、深咲はどんどん首を突っ込んでいき…。青春ミステリー。

 大学生活に馴染めず中退した19歳の白秋。彼にとって唯一の居場所はバイト先のコンビニだった。そこに研修でやってきた女子高校生の黒葉深咲。強盗、繰り返しレジに並ぶ客、売り場から消えた少女……。店内でひとたび事件が起これば、深咲は「せんぱい、このコンビニにまた新しいお客さん(ミステリー)がお越しになりましたねっ!」と目を輝かせて、どんどん首を突っ込んでいく。彼女の暴走に翻弄されながら、謎を解く教育係の白秋。二人の究明は店の誰もが口を閉ざす過去の盗難事件へ。元店員が残した一枚のプリントが導く衝撃の真実とは?

 本書は、第56回メフィスト賞受賞作。物語はコンビニで起きる日常ミステリで、展開に強引なところも見られ、ミステリ部分が弱いものの、青春小説としてはそれなりに面白かったです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 18:10| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』新井紀子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AI vs.教科書が読めない子どもたち [ 新井 紀子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/6時点)




 気鋭の数学者がAIの誤解や限界を示す一方で、大規模な調査の結果わかった日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先の最悪のシナリオと教育への提言を導き出す。

 東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界……。しかし、“彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた! これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。

 本書は、国立情報学研究所教授で数学者、東大合格を目指すAI「東ロボくん」の育ての親でもある著者が、人工知能プロジェクトから見えてきたAIの可能性と限界、そして人間との関係が書かれたもの。AIが持つ原理的な限界も丁寧に解説しながら、人間がAIの何を恐れるべきかを的確に示しており、AIについての研究を進めていく中で、人間の知られざる弱点が明らかになっていく過程についても浮かび上がらせています。この他にも今の教育のあり方について考えさせられますし、現代人の読解力不足への警鐘についてなど、納得することが非常に多かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:11| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

『弱者の戦略 人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則』栢野克己




 「戦略」で愛する人を救うのだ! 小企業経営コンサルタントである著者が、さまざまな事例をもとに、世間の常識の逆をいく、経営と人生の「弱者の戦略」を紹介する。

 本書は、小さな事業が成功するには「ランチェスターの法則」に従い、商品・地域・客層・営業・顧客維持・組織・財務・時間の各戦略が必要とし、目標・戦略・感謝のバランスが必要という「気付き」を与えてくれる内容。2008年刊行のビジネス書ではありますが、内容は古さを全く感じず、著名企業ながら創業者が当初ダメだった事例を複数紹介していて、ビジネスにおいての「ランチェスター戦略」を非常に分かりやすくまとめています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:28| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

『オリーヴのすごい力』小豆島ヘルシーランド株式会社




 美容や食用のオイルから、オリーヴ葉のエキスまで。めぐりを促し、健康的な肌を保つためのオリーヴ活用法を、医療や美容、ライフスタイルの専門家が紹介。オリーヴオイルを使った料理レシピや、美肌マッサージの図解も掲載。

 本書は、全国1位のオリーヴの産地である瀬戸内・小豆島にて、オリーヴの栽培から商品の研究開発、製造、販売までを行う、小豆島ヘルシーランド株式会社が上梓したもの。オリーヴは、化粧品、食品、健康食品、雑貨、観賞用など様々な可能性を秘めていますが、そのオリーヴの可能性や活用法についてを、分かりやすく紹介しています。オリーヴはなぜ体にいいのか、その魅力がたっぷりと詰まった一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

『レッドリスト』安生 正

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レッドリスト [ 安生正 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/3時点)




 何かが地下にいる…。極寒の東京で発生した原因不明の感染症。次々と発見されるバラバラ死体。人肉を喰らうネズミと人を狩る吸血ヒル。だが、これらは最期の闘いへの序章にすぎなかった…。サスペンス小説。

 記録的な寒波に襲われた東京で、原因不明の感染症が発生。死亡者が出る事態となり、厚生労働省の降旗一郎は、国立感染症研究所の都築裕博士とともに原因究明にあたる。さらに六本木で女性が無数の吸血ヒルに襲われ、死亡するという事件も勃発。未曾有の事態に翻弄される降旗たちは解決の糸口を見つけられずにいた。同じ頃、東京メトロの地下構内で複数の切断死体が発見された。警察は監視カメラの映像を消し失踪した職員を大量殺人の容疑者として追い始める。次々と前代未聞の事態が発生しパニック状態の都民に、狂犬病ウイルスに感染し死亡する者が続出し始めた。いったい、極寒の東京で何が起きているのか……。

 物語は、真冬の東京都心で、無数のヒルが人を襲う事件が起きることから始まります。ヒルの体内からは破傷風菌と新種の赤痢菌が検出され、最近都内で発生していた原因不明の感染症との因果関係が疑われる。時を同じくして、東京メトロの構内で複数人の切断死体がネズミに食い荒らされた状態で見つかる。そして突然変異した蝙蝠と人間の生存競争が始まる……というパニック小説でもありますが、パニックサスペンスとしては、面白い内容ではあったものの、展開の強引さがマイナスで、やや消化不良という感じでした。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 20:14| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

『本棚の本』赤澤かおり

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本棚の本 [ 赤澤かおり ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/8/2時点)




 料理家、花屋、カメラマン、文筆家…。編集者である著者が、全19組の仕事人の本と本棚と人生の物語を引き出した、本棚探訪記。それぞれの仕事人によるおすすめ本も掲載。アノニマ・スタジオのwebサイト連載を加筆修正。

 料理家、古書店、酒屋、デザイナー、カメラマン……それぞれに生業を持つ仕事人たち。編集者である著者が敬愛する19組の本棚を訪ねて、たっぷりと話を聞きました。それぞれの人柄と仕事ぶりを知る著者が引き出す、本と人生の物語。おすすめ本を300冊超紹介。

 本書は、暮らしにまつわる本づくりに携わり、様々な分野の仕事人と繋がりが深い編集者でもある著者による本棚探訪記。イタリアレストランのシェフ、帽子デザイナー、漬物屋店主、絵本作家、料理家、ピザ職人、酒屋店主、花屋、スタイリスト、カメラマン……など、多岐にわたる仕事人の方々の本棚は、皆、それぞれの人生が色濃く出た本棚でもあり、19組の方々の本棚と人生のストーリーは読み応えがありました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:18| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

『皮ふと健康 おトク情報』花川博義

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

皮ふと健康おトク情報 (あんしん健康ナビ) [ 花川博義 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/8/1時点)




 爪の切り方から、靴選び、発毛効果、やけど、あせも、にきび、アンチエイジングのスキンケアまで…。皮膚科専門医が、知っているだけでトクするお肌の健康についての情報をわかりやすく紹介します。

 皮ふといえば、全身のお肌から髪の毛、爪の先まで、カバーする範囲は広く、それだけ多種多様なトラブルがあります。本書では、間違った常識や知識が引き起こす病気を紹介するとともに、正しい予防と対処法、知っているだけでトクする情報をお届けします。薄毛、シミ、シワ、水虫、タコ、にきび、体臭など、今悩んでいる人はもちろん、悩みたくない人にも役立つ内容が満載です。健やかな肌を保つための、皮膚科専門医お勧めの健康法も必見。

 本書は、皮膚トラブルをさけて健康な肌を保つためのコツを皮膚科専門医の著者が解説した内容。肌トラブルの予防と対策が、とてもわかりやすく紹介されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:54| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

『働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える』村山 昇

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

働き方の哲学 [ 村山 昇 ]
価格:2808円(税込、送料無料) (2018/7/31時点)




 健やかな仕事観は、健やかな仕事意欲を生み、健やかな仕事人生をつくる。働くことに対する基盤意識をしっかりつくるための基本概念・キーワードを解説する。実際の研修やセミナーで用いているワークシートも掲載。

 仕事の悩みは、なぜ生まれるのでしょうか? 同じ仕事でも、人によって辛さの程度が違うのはなぜでしょうか? 同じ状況で、やる気が出る人と、なくす人に分かれるのはなぜでしょうか? その答えは「観(=ものの見方・とらえ方)」にあります。高いスキルがあるのに「観」が弱いために、壁にぶつかる人がたくさんいます。刺激的な仕事をしているのに「観」が不健全なために、やる気をなくす人もいます。反対に「健やかな仕事観」は「健やかな仕事意欲」を生み「健やかな仕事人生」につながります。そうした「健やかな観」をつくるのが、本書の目的です。

 本書は、古代・中世から現代にいたるまで、多くの先人(哲学者、経済&経営学者、心理学者、経営者など)が遺した知恵がコンパクトにまとまった一冊で、「仕事や生き方について、偉大な先人たちはどう考えたのか?」を網羅的に知ることができます。イラストが分かりやすく、新たな発想や仕事へも活かせ、仕事に対する視点も広がります。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 21:01| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

『物件探偵』乾くるみ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

物件探偵 [ 乾 くるみ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)




 利回り12%の老朽マンション、ひとりでに録画がスタートする怪現象アパート…。アヤシイ物件の謎、解けますか? 大家さんも間取りウォッチャーも大興奮の、本気で役立つリアル不動産ミステリ。『小説新潮』掲載を単行本化。

 不動産の間取り図には、あなたの知らない究極のミステリが潜んでいる。利回り12%の老朽マンション!? ひとりでに録画がスタートする怪現象アパート? 新幹線の座席が残置された部屋??……そんなアヤシイ物件の謎、解けますか? 『イニシエーション・ラブ』で日本中をまんまと騙した作家が、不動産に絶対欺されないコツを教えます。大家さんも間取りウォッチャーも興奮の超実用的ミステリ!

 本書は、不動産物件にまつわる謎を解いていく、連作ミステリ。本格ミステリというわけではありませんが、不動産業界の裏事情なども含めて、間取りを使ったトリックや、不動産広告についてなど、トリビア的な面白さもありました。ミステリがやや弱いとは感じたものの、連作として面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:48| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする