2019年04月16日

昨日の出来事(4/15)

■ 日本の消費税、20〜26%必要 OECDが試算、財政再建で

『経済協力開発機構(OECD)は15日、2019年の対日経済審査報告書を発表し、財政再建を提言した。赤字の続く「基礎的財政収支」を消費税だけで十分な水準に黒字化すると仮定した場合、税率20〜26%への引き上げが将来的に必要になると試算。日本政府より厳しい予測を示し、他の税目を含む増税や歳出削減の具体的な計画を立てて実行するよう促した』とありますが、これは

内政干渉

ではあるものの、歳出削減の具体的な計画を立てて実行すべき点は同意します。

OECDは財務省に忖度されたのか?とも思いますが、これを行えば日本経済が崩壊するということぐらい考えろと言いたいですね。

■ 韓米首脳会談:非核化巡り異なる発表、立場の差を再確認する形に

『11日に行われた韓米首脳会談の後、韓米両政府はそれぞれ大幅に異なる内容の報道資料を発表した』とのことですが、どこかの国は息するように嘘を吐く国ですから、嘘を付いての発表になるのも当然です。

ただ、この異なる内容はアメリカの信用も失うだろうし、孤立化の意味も分からないんでしょうね。。。(呆)

■ 「忖度」発言受け現地視察 野党合同チーム 知事と意見交換へ [福岡県]

『北九州市と山口県下関市を新たに結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)を巡る塚田一郎元国土交通副大臣の「忖度」発言問題を受け、野党合同チームが15日、既存の関門橋や関門トンネルなどを現地視察し、国土交通省などから説明を受けた』とありますが、視察で忖度があったかどうかなど分からないでしょうし、パフォーマンスにしか見えません。

ぞろぞろと野党と一緒に行ってるマスコミこそ、野党に対する忖度では?
posted by babiru_22 at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

『読書する人だけがたどり着ける場所』齋藤 孝




 毎日情報に触れているのに、知識が深まらないのはなぜか? 「読書が人生の深みをつくる」との前提のもと、ネットやSNSも活用しながら、どんな本をどう読むかを伝える。章末ではそれぞれのテーマの名著も紹介。

 「ネットがあるのになぜ本を読むのか」。そんな話もありますが、本当にそうでしょうか? 私たちは日々情報には触れていますが、そこで何が残っているのかというと、ただ無為に情報を消費しているだけ、のような状況もあります。本を読むことでしか学べないことは、確実にあります。文学・読書の大家である齋藤先生が、今の時代だからこそ勧める「読書する理由」と、「人生と知性に深みをつくる読書」の仕方を紹介します。

 本書は、今の時代だからこそ勧める「読書する理由」と、「人生と知性に深みをつくる読書」の仕方をまとめたもの。本書の中で、本を読むからこそ、思考も人間力も深まることについてが書かれていますが、自分自身の思考も人間力も深まっているのかは分かりませんが、読書の意義についてが、とても分かりやすく書かれており、これまで深く読むことができただろうか?とも考えさせられましたが、読書の楽しさを改めて教えていただきました。やはり、読書は知識と人格を磨くために必要です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:07| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/14)

■ 金正恩氏が総連に2億2400万円送金…民族教育への支援金

『北朝鮮国営の朝鮮中央通信は13日、金正恩党委員長が故金日成主席の誕生から107周年に際し、在日同胞子女の民主主義民族教育のために日本円で2億2400万円の教育援助費と奨学金を在日本朝鮮人総連合会に送ったと伝えた』とありますが、これが事実であれば即座に総連も

制裁対象

です!(怒)

こんな実態ですから、無償化など必要ありませんが、送金自体が違法であるだけに、ここは徹底捜査もするべきだ!

■ 枝野氏、細野氏に敵意あらわ 静岡で「狙うはアンチ票」

『枝野氏は街頭演説で「立憲民主党は途中でどこかの党に行っちゃいそうな人は抱えずに、ちゃんと信頼できる仲間と前に進んでいく」と訴え、自民入りを目指す細野氏を当てこすった』って、立憲民主党の全員が、途中でどこかの党に行っちゃった人達なのに、相変わらずのお家芸のブーメランとは。。。(呆)

この訴えでは、立憲民主党全員が失格ということにもなりますが、相変わらず無責任すぎる発言ですね。。。(呆)

■ LED照明事故、後絶たず=10年で328件、発煙・火災も−消費者庁

『電球型などの発光ダイオード(LED)照明について、発煙や火災などの事故が2018年度までの約10年間で328件起きていることが、消費者庁のまとめで分かった。同庁は、4月は引っ越しなどで照明を新調する機会が多いとして、LED照明を未対応のソケットに取り付けるなど不適切な使用を控えるよう呼び掛けている』とありますが、適切な使用をせずに事故に繋がっているケースが多いということでしょうね。

LED照明に限ったことではありませんが、説明などをしっかりと読まず、理解しないままに使用してトラブルとなるケースも多いですが、自己責任を問う問題でもあるだけに、そこは報道も自己責任についてを問い質すべきとも思います。
posted by babiru_22 at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

昨日の出来事(4/13)

■ 枝野氏、菅元首相を注意

『立憲民主党の枝野幸男代表は13日、国民民主党は解散すべきだとツイッターに投稿した立民の菅直人元首相を口頭で厳重注意し、10日に国民の玉木雄一郎代表に謝罪したと明らかにした。金沢市で記者団に「政党がどう行動するかはそれぞれの政党の判断だ。改めて国民民主党におわびし、こうしたことを繰り返さないようにしたい」と語った』とありますが、菅直人が立憲民主党の最高顧問でありますが、それこそ

最低顧問

ですね。。。(呆)

そして、あえて問いたい。

これって、謝罪で済む問題ですか……と。

■ 野田元首相も「忖度」大反響! ケント氏ツイート「定番のブーメラン見つかった」 夕刊フジ既報

『野田佳彦元首相が、菅直人内閣の財務相時代の応援演説で、「『予算を付けます』というと職務権限に関わって…」「あうんの呼吸でやっていきたい」などと、「利益誘導」「忖度(そんたく)」を疑われかねない発言をしていた』とのことですが、相変わらずのお家芸としてのブーメランですね。。。(呆)

批判する前に自分を振りかえろと言いたいです。(怒)

■ 10連休「うれしくない」4割=家事も仕事も「休めない」

『時事通信が実施した「10連休に関する世論調査」で、ゴールデンウイークが新天皇の即位に伴い10日連続の休祝日となることについて、4割が「うれしくない」と回答したことが分かった』とありますが、当然の結果でしょうね。

経済的余裕があって10連休できる人ならいいでしょうが、全員が休めるわけではありませんし、政府で長期の連休を主導すべきではありません。
posted by babiru_22 at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

『得する顔 損する顔』山口真美

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

損する顔 得する顔 [ 山口真美 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/4/13時点)




 面接官は無意識に顔で採っている? 銀行員はなぜ「銀行員顔」? 「美白」はかえって好感度を下げる? 心理学、顔・身体学の専門家が、誤解だらけの「顔」の秘密を明らかにする。

 面接官は、無意識に顔で採用しているの? 「好かれる顔」の世界標準はある? 「姉より妹のほうが美人」の法則は本当? 大人っぽい顔か、子どもっぽい顔かで人生が変わってしまう? 心理学、顔・身体学の専門家である著者が社会において「顔」はどんな影響力を持つのか、その役割とは何かを心理学的見地から解説する。顔で損しないためのヒントとなる一冊。

 本書は、心理学、顔・身体学の専門家でもある著者が「顔」についてをまとめたもの。様々な検証結果は興味深かったものの、著者による主観部分が多く、内容としてまとめきれていない印象を強く受けたのが残念なところ。ただ顔は社会との繋がりで必要であるという点は非常に納得です。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 19:31| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/12)

■ 米韓首脳の単独会談はわずか2分で終了?韓国ネットも驚き「電話でよかった」「大恥をかかされた」

『韓国・アジア経済によると、米国で11日(現地時間)に行われた米韓首脳会談で、ドナルド・トランプ大統領が急きょ、予定になかった記者との質疑応答の時間を設けた。そのため両国首脳による単独会談はわずか2分しか行われなかったという』って、カップヌードルから作れないじゃんwww

これでは首脳会談の

意味がない

ですし、一体何のための首脳会談なんだか。。。(呆)

■ WTO逆転敗訴 安全性を立証しようとの日本政府の狙い裏目に

『世界貿易機関(WTO)の紛争を処理する上級委員会は11日(日本時間12日未明)、韓国が東京電力福島第1原発事故後に福島など8県産の水産物の輸入を全面禁止しているのはWTO協定のルールに違反するとした1審の判断を覆し、日本は逆転敗訴した。勝訴をテコに輸出拡大を図ろうとしていた日本政府への打撃は大きい。一方、韓国は禁輸を継続する方針を示した』とありますが、別に無理に売ろうとしなくてもいいでしょう。

ただし、この結果をWTOが出したのであれば、科学的証拠こそ出すべきです。

■ 1000キロで5000円? 走行税の実態は

『自動車で走った距離に応じて税金が課される「走行税」。政府・与党は、自動車の税金の抜本的な見直しを検討する方針で、その1つの案として去年の末に急浮上してきた。しかし、日常的に車を使っている人たちからは、早くも懸念の声が相次いでいる。いったい走行税とはどんな税なのか』とありますが、実質日本の場合は走行税に該当するのがガソリン税。

これを導入する案とか、一体何重もの税金取る気だよ!(怒)

こんな税金が導入されれば、車を持つ人が減るだろうし、地方程大打撃となるだろうし、なんで税金取ることしか考えられないんだ?(怒)
posted by babiru_22 at 05:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

『仕事にしばられない生き方』ヤマザキマリ




 好きな仕事をどこまで頑張るか。金にならない職業をいつまで続けるか。チリ紙交換、絵描き、大学教師、リポーター、勤め人など幾多の職業を経験してきた著者が、自由に生きるための「お金」と「働くこと」について語る。

 チリ紙交換のバイトに始まり、絵描き、大学教師、テレビリポーター、普通の勤め人等々、経験した職業は数知れず。働き方を考え続けてきた漫画家が体験を元に語る、仕事やお金との向きあい方。好きな仕事ならばどこまでもがんばるべきなのか。金にならない職業をいつまで続けるか、などについて考察。さらに、契約を軽視する日本の慣行についても言及。「働くこと」を考えるヒントが満載の体験的人生論!

 本書は、映画化もされたコミック『テルマエ・ロマエ』の著者が、数多くの仕事遍歴と働き方のあれこれを振り返ったもの。女手一つで子供を育てながら人生を切り開いた音楽家の母との思い出、そして、人生初めてのバイト、チリ紙交換の12時間労働で得た500円の重みに始まる仕事遍歴を振り返りながら、仕事とお金との向き合い方について、様々な土地での思い出と共に書かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:59| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/11)

■ ひきこもり多い氷河期世代…「生活保護入り」阻止へ早期対応

『バブル崩壊後の景気悪化で新卒時に希望の職に就けないままフリーターや無職となった若者たちは既に30代半ばから40代半ばに達し、自宅にひきこもるケースも少なくない。政府は3年間の集中プログラムを通じて就職氷河期世代を正規就労に結びつけ、高齢期の生活保護入りを阻止したい考えだ』とのことですが、働く気がないから引きこもっているのであって、正当な理由がなければ生活保護費を出すべきではありませんから、そこを徹底させればいいだけ。

それこそ、今後どうなろうと

自己責任

とすべきです。

■ 野党5党派 桜田五輪相の任命責任追及へ 衆参集中審議を

『桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣の事実上の更迭を受け、立憲民主党など野党5党派の国会対策委員長が会談し、安倍総理大臣の任命責任を追及するため、速やかに衆参両院の予算委員会で集中審議を開催するよう求めていくことで一致しました』とありますが、確かに任命責任は安部首相には求められるところはありますが、それよりも他にやるべきことが山積みです。

正直、野党のやってることは、時間の無駄と税金の無駄にしか見えません。。。

■ ふるさと納税、東京都が脱退 6月からの新制度 税収地方移転への反対姿勢示す

『総務省は11日、6月に始まるふるさと納税の新制度に東京都が参加しないと発表した。参加を希望する自治体は10日までに総務省に申し出ることになっており、全国の自治体で都だけが見送った。6月以降、都に寄付しても、ふるさと納税として扱われず税制優遇を受けられなくなる。都内の市区町村は全て申請した』とのことですが、東京都としては当然ともいえる対応でしょう。

都に入ってきたふるさと納税が地方に流れる仕組みになっているだけに、これでは都内の市区町村は反対するのも当然です。
posted by babiru_22 at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

『世界最高医が教える 目がよくなる32の方法』深作秀春




 目によい食べ物は何? 白内障も緑内障も手術で治せる? 老眼を簡単に治療する方法がある? 世界最高の眼科外科医が、目をよくするための生活習慣や、これ以上悪くしないための知恵を紹介する。

 さよなら、メガネ・コンタクト。今こそ裸眼革命の時代。世界トップの眼科外科医が教える、日本人が知らない最先端の眼科知識。目がよくなる生活習慣とは? 目がよくなる食事とは? やってはいけない治療とは? 白内障も緑内障も最先端の治療なら治せる!

 本書は、日本最大級の眼科である深作眼科の院長でもある著者が、老年期にほぼすべての人がかかる「白内障」も、世界最先端の「眼内レンズ手術」をすれば、裸眼で生活できるまでに視力が回復するというが、日本の眼科治療は海外に比べて遅れており、間違った常識や誤った治療法がまかり通っているとのことで、目がよくなるポイントをわかりやすく解説したもの。白内障治療に必要な眼内レンズにも種類が豊富にある事や、紫外線が子供の眼に対して及ぼす影響など、知られざる眼についての知識が多く書かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:10| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/10)

■ 大学無償化法案を可決 衆院委、低所得世帯の学生対象

『低所得世帯の学生を対象に大学など高等教育機関の無償化を図る法案は10日の衆院文部科学委員会で、与党や国民民主党、日本維新の会などの賛成多数で可決された。11日にも衆院本会議で可決される見通しで、政府は参院での審議を経て今国会での成立を目指す』とありますが、学力優秀な国公立大学の一部の生徒だけを対象にするならともかく、この内容では、低所得世帯の学生を支援というよりも単なる

大学支援

のための愚策でしかありません。

こうしたことをするために消費税まで引き上げるべきではありませんし、財源をもっとしっかり考えろと言いたい!

■ 沖縄知事、辺野古代替は提示せず 「政府が説明」

『沖縄県の玉城デニー知事は10日、日本記者クラブで記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への代替案に関し「県が提案することは考えていない。基本的に政府が考えて地元にしっかり説明し、納得していただく手順が大事だ」と述べた』って、数日前には「代替案を考える」と言っておきながら、代替案すら出さないとか、無能極まりありませんね。(呆)

政府はすでに日米で合意した辺野古移設案を出しているのだから、何で違う案を考えなければならないんだ?(呆)

あまりにもアホすぎて話になりません。。。

■ 桜田義孝五輪相辞任へ 問題発言で引責

『桜田義孝五輪相(69)が10日夜、自らの発言の責任を取って辞任する意向を固め、首相官邸で安倍晋三首相に伝えた。桜田氏は同日夜、東京都内で開かれた自民党の高橋比奈子衆院議員のパーティーで挨拶。高橋氏が東日本大震災の被災地の岩手県出身であることに触れた上で「復興以上に大事なのは高橋さんだ」と述べた』とのことですが、復興以上に選挙が大事と受け取れるだけに、これは議員失格といえる失言です。

それにしても、今の政治家は頭が悪すぎる人が多すぎますね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 05:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする