2020年09月29日

『疫病2020』門田隆将

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

疫病2020 [ 門田 隆将 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/9/29時点)




 100年に1度と言われるウイルス禍の日本、中国、世界。新型コロナウイルス発生からの事象を細かく追い、検証し、本質を抉るノンフィクション。『正論』掲載の佐藤正久との対談も再録。

 本書は、新型肺炎はなぜ、中国・武漢の海鮮市場が「発生地」とされたのか、いち早く病気に気づいた2人の医師はなぜ処分を受けたのか、共産党の規律検査委員会や警察の公安部門まで摘発に動いた理由は何だったのか…など、ベールに包まれた多くの謎に応えたノンフィクション。武漢の医療最前線で行われた仰天の治療法や、2月半ばから投入され、効果を発揮した「5種類の薬品」など、中国がこの病気を克服した理由が具体的に明かされている他、いち早く的確な対策で国民の命を救った台湾と日本との徹底比較なども含めて、日本の多くの問題を鋭く指摘しており、読み応えある一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:32| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

『暗鬼夜行』月村了衛

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暗鬼夜行 [ 月村了衛 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/9/28時点)




 SNSに投じられた生徒の〈告発〉。突如浮上した、学校代表の「読書感想文」盗作疑惑。学び舎の陰より生まれし悪意が、一人の教師を奈落の闇に突き落とす…。『サンデー毎日』連載を単行本化。

 突如浮上した、学校代表の「読書感想文」盗作疑惑。疑心はやがて教室をのみ込み、職員室は地獄と化す。エンタメ小説の鬼才が、教育現場の圧倒的リアルに迫った学園震撼サスペンス!

 物語は、中学校を舞台に読書感想文の盗作疑惑をメインにしたサスペンス。著者のこれまでの作品と比べると異質ともいえるイヤミスでもありましたが、登場人物達が疑心暗鬼に取り憑かれた様子が克明に描かれ、読後感は決して良くなかったものの、しっかりと読ませるサスペンスでした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 22:01| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

『人が集まる街、逃げる街』牧野知弘

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人が集まる街、逃げる街 (角川新書) [ 牧野 知弘 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/9/26時点)




 都心から郊外へ人気は回帰した。未来の郊外タウン・立川、成長管理型の開発が行われるユーカリが丘など、不動産開発の専門家が、人々を惹きつける街の魅力、その要因を解き明かす。『週刊東洋経済』連載から抜粋し再編集。

 都心から郊外へ人気は回帰した。近年の災害で脆弱性を露呈したタワーマンション群に、新型コロナ禍で「通勤」の概念が崩れ、価値が低下した「都心」。その一方、郊外が好調だ。未来の「郊外タウン」立川に、「成長管理」型の開発が行われるユーカリが丘、「新しい下町」像の清澄白河など、新しい試みが生まれている。不動産開発の専門家が人々を惹きつける街の魅力、その要因を解き明かす!

 本書は、ニュータウンの課題と挑戦、タワマン街の明暗、盛衰の分岐点に立つ街、今注目の成長する街、奮闘中の地方都市など、様々なテーマで街を分析した一冊。街間格差についてや、どのようにして若者や観光客を誘致し、街を活性化していくかの成功例についても書かれていますが、成功例の殆どは情報発信をうまく活用しているところで、人が集まる街は、いずれも努力を続けているところばかりで、街の魅力発信については非常に興味深かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

『ビルマに見た夢』古処誠二

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビルマに見た夢 [ 古処 誠二 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/9/25時点)




 第二次世界大戦下、ビルマの山村地帯で兵站勤務に就く軍曹の西隈。現地の労務者をまとめてゆくなかで直面した、想定外の出来事とは。今を生きる私たちの胸を痛烈に衝く5編を収録する。『小説推理』掲載を単行本化。

 第二次世界大戦下、ビルマの山村地帯で兵站勤務に就く軍曹の西隈。現地の労務者をまとめてゆくなかで直面した、想定外の出来事…。日本軍はペストの予防接種を進めようとするが、部落の長老は頑なに拒む。そんな長老に対し、軍医見習士官が演説を打つ。その内容は、ビルマ人にとってあまりに辛辣で不敬なものであったが…。「仏道に反して」。ビルマ人は労務でもロンジーをはく。肉体労働には適さない腰巻きのようなその衣服、そして長時間の昼寝。労務者から昼寝を取り上げようとする西隈に、部落長が放った言葉とは?「ロンジーの教え」。今を生きる私たちこそ、痛烈に胸を衝かれる5編。

 本書は、第二次大戦下、ビルマ駐屯の軍曹と住民たちの日々の逸話を描いた小説集。西隈担当の兵站業務やビルマ人との交流も戦時下にしては緩やかに描かれています。物語はインバール作戦が始まる直前の現地の物語として5つの作品が収録されていますが、インパール作戦の悲惨さを知るだけに、悲しい作品集でもあります。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

『発注いただきました!』朝井リョウ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

発注いただきました! [ 朝井 リョウ ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/9/24時点)




 キャラメルが登場する掌編、「ウイスキーっておもしろい」を伝えられる小説、「女性と香り」にまつわるミニエッセイもしくは小説…。企業からのお題をもとに書いた作品を、解説とともに収録する。

 『桐島、部活やめるってよ』でのデビューから10年。森永製菓、ディオール、JT、JRA、アサヒビール、サッポロビール、資生堂、JA共済など、様々な企業からの原稿依頼があった。原稿枚数や登場人物、物語のシチュエーションなど、小説誌ではあまり例を見ないような制約、お題が与えられるなか、著者はどのように応えてきたのか!? 「キャラメルが登場する小説」「人生の相棒をテーマにする短編」「ウイスキーにまつわる小説」「20を題材にした小説」など、短編小説14本、エッセイ6本。普段は明かされることのない原稿依頼内容と、書き終えての自作解説も収録された一冊。10周年に合わせて依頼された新作小説も収録。

 本書は、タイトル通り、様々な企業から“発注いただいた”小説やエッセイが全20作収録された作品集。森永製菓やJRA、サッポロビールなど名だたる大企業から課されたお題・原稿の依頼内容が公開されており、「aikoの楽曲を題材にした短編小説」「『こちら葛飾区亀有公園前派出所』と『チア男子!!』のコラボ小説」など、個性豊かな依頼に著者がどのように応えたのか、それぞれの完成作品と創作を振り返った解説も掲載されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

『日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?』山田昌弘




 世界で「反面教師化」する日本の少子化対策。家族社会学者である著者が、日本の少子化対策が失敗した原因を分析・総括するとともに、日本特有の状況に沿った対策は可能なのかをさぐる。

 家族社会学者である著者は、日本の少子化対策が事実上失敗に終わっているのは、未婚者の心と現実に寄り添った調査、分析、政策提言ができていなかったからだと考える。具体的には、欧米に固有の慣習や価値意識をモデルの前提にし、日本人に特徴的な傾向・意識、そして経済状況の変化を考慮しなかったのである。本書では失敗の原因を分析・総括するとともに、日本特有の状況に沿った対策は可能なのかをさぐる。

 本書は、統計分析やアンケート、インタビュー調査の成果というエビデンスに基づいて日本の少子化問題の実態をあぶり出したもの。少子化の原因についてを解説した内容ではありますが、原因は様々な要因があるでしょうが、今の日本の現状では少子化はある意味当然のことでもあるだろうし、国としての将来設計ができていないということが形として出ているとも思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:13| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

『日本ワインの図鑑』日本のワインを愛する会

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本ワインの図鑑 [ 日本のワインを愛する会 ]
価格:1749円(税込、送料無料) (2020/9/22時点)




 日本国内から厳選した100のワイナリーとおすすめの1本を紹介。基本的な知識として知っておきたい日本ワインの歴史やブドウの種類、日本ワインを嗜むときのマナー、ワインバーでの楽しみかたなども解説します。

 日本にある300軒以上のワイナリーから厳選した100本の日本ワインをブドウの品種、地域を詳しく解説。日本ワインの歴史や醸造方法、正しいテイスティングやマナーなどはじめての方にもわかりやすく紹介します。

 本書は、国内の厳選した100本のワインの特徴とワインを楽しく味わう基礎知識について紹介された一冊。ワイン初心者からワイン愛好家まで楽しめる一冊になっており、知っておきたい歴史やマナーなどについても解説されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:14| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「日本が世界一」のランキング事典』伊藤賀一




 「平均寿命」のような日本人であれば当然知っている世界一から、「ビニール傘消費量」など意外な世界一まで、日本が世界に誇る「世界一のもの」をランキング化して紹介。さらに現在では世界一ではなくなったものも掲載。

 日本が世界に誇る「世界一のもの」を一冊にまとめました。「平均寿命」のような日本人であれば当然知っている世界一から、「ミシュランの星付き店舗数」「海外旅行の自由度(ビザなしで渡航できる国数)」といった意外な世界一まで網羅してランキングも掲載しました。さらには「自動車生産台数」のように現在では世界一ではなくなってしまったものも補足。読めば日本を誇らしく思え、新たな発見がたっぷりの352ページです。

 本書は、あらゆるジャンルに目配りしながら「日本が世界一」になっている項目をまとめたもの。世界最大や世界最古などについても補足されている他、「ザンネンな世界一」についてもリストアップしていますが、内容がかなりザックリしすぎていて、やや物足りないところもありましたが、雑学として面白かったです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 19:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

『日本マンガ全史 「鳥獣戯画」から「鬼滅の刃」まで』澤村修治




 草創期から現在に至る日本マンガの主要作家と、「のらくろ」「鉄腕アトム」から「進撃の巨人」「鬼滅の刃」まで、500点以上の作品を一挙紹介。日本マンガの歴史を「物語」として描き出す。

 マンガは日本の大衆文化の重要な一翼を担ってきた。古来あった戯画の伝統にせりふを加え、ポンチ絵や新聞マンガなどマスメディアの一部としても発達したことで、戦後、マンガ文化は大きく花開いて現在に至る。巨人・手塚治虫の功績、少年マンガ誌の隆盛、女性に向けて発展した少女マンガ、アニメ・映画とのコラボレーション。その表現方法と題材の広さ、深さは特筆に値する。「のらくろ」「鉄腕アトム」から最新作までを網羅。大衆エンターテインメントの代表、広大なマンガの世界を知ろう!

 本書は、日本マンガ史の膨大な流れを整理し、基本事項を新書版一冊内に収めたもの。12世紀の「鳥獣戯画」から現代の「鬼滅の刃」まで、日本のマンガの歴史を語った資料でもあり、巻末にはマンガの歴史年表もあります。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:51| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

『地政学 サクッとわかるビジネス教養』奥山真司

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サクッとわかる ビジネス教養 地政学 [ 奥山 真司 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/9/18時点)




 地政学を知ると、世界の姿が見えてくる。地政学で考える日本、アメリカ、ロシア、中国、アジア、中東、ヨーロッパの特徴を、オールカラーのイラストでわかりやすく解説。地政学の基本的な概念も紹介する。

 新型コロナウイルス後、中国がより台頭する!? イギリスにとってEU離脱がチャンスな理由。アメリカにとって超重要な沖縄基地。本当の世界情勢がわかる! 防衛のプロへも指南、地政学の第一人者が伝授!

 本書は、地理的に衝突が頻発する3大エリア(アジア・中東・ヨーロッパ)をめぐるパワーバランスについて、多様なカラーイラストで分かりやすく地政学として紹介したもの。世界情勢を理解するには、地政学が必須でもありますが、国際情勢の疑問が地政学で納得できる解説がされており、世界を知るための基礎知識としても読みやすかったです。

【満足度】 ★★★★
ラベル:奥山真司 地政学
posted by babiru_22 at 17:43| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする