2018年06月09日

『迷い家』山吹静吽

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

迷い家 [ 山吹 静吽 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/9時点)




 太平洋戦争末期、行方不明の妹を捜す軍国少年・心造は、民話で聞いた「山のお屋敷」に囚われた。そこは数々の妖や霊宝を封じる異界だというが…。少年の哀しき紅蓮の野望が、怪異まみれの屋敷と共振する怪奇冒険小説。

 昭和20年。火の雨降る東京大空襲から生き残った少年・冬野心造は、遅れて母校の集団疎開に合流した。民話が息づく地・古森塚で、妹の真那子が行方不明となる。妹と一緒に脱走を図った香苗の証言を基に山に分け入った心造の前に忽然と現れたのは、見渡す限りの蕗の原にたたずむ巨大な屋敷だった。妹を捜して屋敷を探索するが、妖怪とでも言うべき怪物に次々と襲撃される心造。彼を助けたのは、老犬「しっぺい太郎」だった。しっぺい太郎が語るには、屋敷は現世を追われた妖や、霊宝と言われる道具を封じるための異界で、稀に人も閉じ込められるという。妹探しに協力してくれるという太郎だったが、そこにはあるたくらみがあった。そして、脱出を図り様々な霊宝を使ううちに、大日本帝国の勝利を願う軍国少年としての紅蓮の野望が、心造の心に芽生えてくる。果たして心造が試みたことは、その結末は……。

 本書は、第24回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作。物語は、様々な民話伝承を物語に取り込んだホラー作品ですが、様々な要素が盛り込まれていて、怖さと主人公でもある軍国少年の苦悩がしっかりと描かれています。

【満足度】 ★★★★
ラベル:迷い家 山吹静吽
posted by babiru_22 at 19:50| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/8)

■ 安倍首相「北朝鮮と直接協議する決意」 日米首脳会談

『安倍晋三首相とトランプ米大統領は7日午後(日本時間8日未明)、ワシントンのホワイトハウスでの会談を終え、共同記者会見に臨んだ。首相は拉致問題解決に向け、「北朝鮮と直接協議していく決意だ」と述べ、日朝首脳会談の開催に意欲を示した』とのことですが、直接北朝鮮と協議といっても、まともに話の通じる相手ではありませんし、北の望みは

金の無心

でしかないだろうから、日本は断固としてこれまで通りの強い姿勢で臨むべきです。

■ 加計・森友問題:与党内で波紋 小泉氏の特別委設置案に

『自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が学校法人「加計学園」「森友学園」を巡る問題の解明のため、国会に特別委員会を設置するよう提案したことが与党内で波紋を広げている』とありますが、必要性があるだろうか?

足の引っ張り合いにしかならないだろうし、特別委員会を設置するよりも、各省庁の問題と課題を議論し、改善していくよう与党で取り組むべきで、他の山積している課題にこそ取り組むべきだと思います。

■ 「火災でPTSD」 訴え退ける

『5年前に起きた長崎市のグループホーム火災により母親を亡くしたため、PTSD=心的外傷ストレス障害になったとして、遺族の男性が施設の運営会社などに損害賠償を求めていた裁判で、長崎地方裁判所は、男性の訴えを退ける判決を言い渡しました』とのことですが、母親を亡くして、損害賠償や慰謝料として施設の運営会社などから2200万円を受け取り、次はPTSDで2000万円あまりの損害賠償を求めるとか、ゴネ得狙いが酷すぎます。

なんか最近は、こんなニュースが多いですが、弁護士の入れ知恵ですかね?
posted by babiru_22 at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

『ビジュアルでわかる地球と人類の46億年史』土屋健/宮崎正勝

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地球と人類の46億年史 [ 土屋健 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/6/8時点)




 今から46億年前、太陽を取り巻くちりが集まり、地球が誕生した。豊富なビジュアルとともに、地球と生命が繰り広げた壮大なドラマをたどり、世界各地で起きたさまざまな革命と、時代により移り変わるネットワークを紹介する。〔「ビジュアルでわかる地球46億年史」(2014年刊)の改題,再編集〕

 今から46億年前、天の川銀河の片隅で生まれた地球…。38億年前に最初の生命が誕生すると、「進化」と「絶滅」を繰り返しながら、700万年前についに最古の人類が登場する。農耕を始め、道具と文字を手にした人類が文明を築いたのが5000年前。そこから人類は、「革命」と「戦争」を繰り返しながら世界中をネットワークで結び、地球の主となった…。波乱の46億年を俯瞰することで、われわれが住んでいる地球の、新たな歴史が見えてくる。

 本書はタイトルからも分かるように、ビジュアルも豊富なフルカラーで、地球と人類の46億年史を簡潔にまとめたもの。小学生高学年ぐらいだと十分に理解しやすい内容となっていて、より深く掘り下げるというものではありませんが、家族で楽しみながら読むことができる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:33| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/7)

■ 「歯の治療必要な子供」半数以上が受診せず

『学校の「歯科検診」で、歯の治療が必要とされた子供の半数以上が、その後歯科を受診していないことが初めてわかった。全国保険医団体連合会によると、学校の歯科検診で、「治療が必要」と診断された子供のうち、その後に歯科医を受診しない子供は、小学校では約5割、中学校では約7割、高校では約8割にのぼった。また、虫歯が10本以上あったり、根しか残っていないような歯が何本もあるなど、いわゆる「口くう崩壊」の子供がいると答えた学校は、小学校では全体の約4割、中学校では約3割、高校では約5割だった』とありますが、これって

親の怠慢

にしか思えませんが。。。

記事には『歯科医を受診しない背景には、治療費が払えない経済的困窮や育児放棄など支援が必要な場合があるほか、ひとり親家庭や共働きで子供を歯科に連れて行く時間がない、子供本人も部活や塾で時間がないことなどが挙げられている』ともありますが、低所得世帯には各自治体で負担のかからないような医療補助をしているはずで、共働きなど仕事で子どもを歯医者に連れていけないというのは、単なる言い訳にすぎず、小学校低学年ならともかく、小学校高学年にでもなれば、一人でも行けるように促すのが親の役目。

部活や塾で時間がないというのも言い訳で、子どもの健康を第一に考えるべき。

虫歯治療すらさせないのは、むしろ親の子に対する虐待ともいえるでしょう。

■ <気仙沼防潮堤ミス>住民団体「約束ほご、納得できない」 知事宛て要望書提出

『宮城県気仙沼市内湾地区の防潮堤高を県が誤って施工した問題で、同市の住民団体「内湾地区復興まちづくり協議会」は6日、計画通り防潮堤を造り直すよう求める要望書を、村井嘉浩知事宛てに提出した。気仙沼市と同市議会も同日、住民の合意を尊重するよう求める要望書を提出。県は誤った高さのまま設置する方針を重ねて示した』とのことで、この経緯をネットで調べてみると、隆起を計算に入れずに防波堤が22センチ高くなったことに対しての市民団体の要望書提出のようですが、予定よりも22センチ低ければ、工事のやり直しを求めるのは理解できますが、22センチ高くなって、防潮堤を造り直す要望書というのは、いかがなものかと思います。

景観の問題ということなのかもしれませんが、造り直しを要望するならば、逆に高いことでの問題点こそ提示すべきで、これをせずしての要望書というのは、いかがなものでしょうか。。。

■ 遊具事故 両親が損害賠償求め提訴

『2014年、本島中部の飲食店の遊び場で当時7歳の児童が遊具から転落し重傷を負った事故をめぐり、児童と両親が店に対しておよそ3億4500万円の損害賠償を求める裁判を起こしました』とのことですが、4年前の事故で、今になって損害賠償を求める裁判って、気の毒な事故ではありますが、それこそ親の監督責任では?

遊具に決定的欠陥がない限りは、親の責任とも思いますが、店は店のことに関して責任を持ち、親は子のことに関して責任を持つというのは当たり前のことだと思うのですが、自己責任を責任転嫁するというケースが多く見られるのが本当に残念です。
posted by babiru_22 at 06:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

『米中海戦はもう始まっている 21世紀の太平洋戦争』マイケル・ファベイ




 中国艦が米軍艦に異常接近、南シナ海の岩礁を次々と略奪する中国…。進出を続ける中国と、アジア太平洋地域でプレゼンスを維持するアメリカとの間で実際に起きた、2000年代以降の非常に緊迫した海上事件を紹介する。

 本書は、インドを包囲するため、スリランカの港を「99年間租借」するなど、過激な海洋進出を続ける中国と、その中国を抑えるため、太平洋で積極的に行動するアメリカとは「すでに米中海戦は始まっている」として、これまでの両国の軍事衝突事案を具体的にまとめたもの。米中両軍は日々つばぜり合いを繰り広げていますが、一つ間違えば周辺国を巻き込んでの熱い軍事衝突にもなりかねない東アジアの危機の実態についても紹介しており、アメリカ海軍の船乗りや航空機搭乗員へのインタビューを通して、この15年あまりに起きた非常に緊迫した海上事件の数々についても、軍事ジャーナリストの著者がまとめていますが、米中の緊迫関係が続いている最中でもあるだけに、印象に残る一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/6)

■ 小沢代表「国民が投票で安倍首相を許している」

『与野党ともにだらしないが、基本的には国民がおかしい。危険な権力者の安倍さんを(選挙で投票することで)あえて許している』って、はい出ました、小沢一郎の

国民批判

です。(呆)

民主主義を否定するように発言内容でもあり、自分達の意見に従わない国民がおかしいとか、どこの独裁者ですか?(呆)

都合が悪いと国民のせいにするとか、政治家として失格です!

■ 外国人就労資格を創設 介護や農業など5分野想定 25年に50万人確保へ

『政府関係者によると、新資格は「特定技能」(仮称)。介護、農業、建設、造船、宿泊の5分野を想定し、25年ごろには計50万人程度の受け入れを見込む』とありますが、短絡過ぎる考えです。

少子高齢化となることは何年も前から分かっていたことなのに、問題を先送りにばかりしてきて、いざ問題が直面すれば、人出が足りない分野には、外国人受け入れを前提にしか考えないというのは、いかがなものかと思います。

むしろ、それぞれの分野での構造改革や職場環境の改善、仕事の効率化をしていくべきだと思いますが。。。

■ おごりと欺瞞の末に不祥事…やはり財務省の解体が必要だ 「予算」と「徴税」分離せよ

『財務省の「欺瞞」が最も顕著なのが、長年にわたる消費増税をめぐる議論だ。財務省は国債と借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」が1000兆円を超えたと喧伝し、増税を煽り続けているが、これは政府の負債だけに着目する実におかしな議論だ』とありますが、このコラム記事に書かれることは、ほぼ同意です。

相次ぐ不祥事も含めて、財務省はまさに「おごりと欺瞞」で組織が腐りすぎているとしか思えませんし、「予算」と「徴税」の分離こそ行うべきで、「財務省解体」の必要性を感じます。
posted by babiru_22 at 05:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

『人と馬の5000年史 文化・産業・戦争』スザンナ・フォーレスト




 生産手段や交通手段となり、権力の象徴や軍事力にもなり、また友でもあった馬。さまざまな角度から現地での取材を織り交ぜ、太古から現代にいたる馬と人間との深い関わりを紹介する。

 本書は、タイトルにもあるように、人と馬の5000年の歴史について、様々な角度から現地での取材を織り交ぜ、太古から現代にいたる馬と人間との深い関わりを紹介したもの。A5判で400ページ超と、かなりのボリュームがあり、馬の歴史辞典という感じでもありますが、馬の歴史や文化については読み応え十分の内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:55| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/5)

■ 拉致問題「解決済み」拒否を要請 首相、米朝でトランプ氏に

『安倍晋三首相は、米ワシントンで7日(日本時間8日)に予定するトランプ大統領との日米首脳会談で、日本人拉致問題に関し、12日に開催される米朝首脳会談で金正恩朝鮮労働党委員長が「解決済み」と主張してきても、決して受け入れないよう要請する方針を固めた』とありますが、要請するだけではなく、受け入れるなら

金は出さん!

と言えばいいだけ。

実際、拉致問題は解決していないですから、ハッキリと言うべきです。

■ 天安門事件から29年 米国は死者数公表を要求、中国は猛反発

『中国の首都北京にある天安門広場(Tiananmen Square)で軍が民主化運動を武力弾圧した「天安門事件」から、4日で29年を迎えた。これにあわせて米国は、事件の犠牲者数を公表するよう求め、中国が強く反発した』って、何で犠牲者数を公表することに反発するんですかねェ〜。。。

そもそも天安門事件自体をなかったことにしたい中国当局でしょうし、嘘で嘘を塗り固めた情報統制が当たり前の国ですから、どんだけ都合が悪いんだか。。。(呆)

■ “消費に弱さみられる” 4月消費支出 3か月連続減

『ことし4月に家庭が消費に使ったお金は去年より1.3%減少し、調査にあたった総務省は「消費に弱さが見られる」と判断しました』とのことですが、4月は通常の月よりも消費支出が増える月でもありますが、その消費に使ったお金が減ったということは、それだけ消費の落ち込みが続いているということだろうし、まだデフレ状態であるということでしょう。

でも、この状態で消費税引き上げは、デメリットがあまりにも大きすぎるだけに、増税には反対です。
posted by babiru_22 at 04:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

『ひとり暮らしレスキューBOOK』成美堂出版編集部

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひとり暮らし レスキューBOOK [ 成美堂出版編集部 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)




 部屋探し、引越し、防犯と防災、住まいづくり、家事、お金…。ひとり暮らしを始める人に必要な準備や手続き、用意するもの、ノウハウなどを、イラストとともに紹介します。経験者からのアドバイスも掲載。書き込み欄あり。

 ひとり暮らしが決まったあなた。おめでとうございます! すべてがはじめてで、わからないことばかりだから、胸の中は、きっと期待と不安でいっぱいのことでしょう。この本は、そんなひとり暮らし初心者の方のお手伝いをします。困った時は、ページを開いてヒントを探してみてください。部屋探し、引越し、防犯と防災、部屋作り、家事、お金。新しい暮らしを始めるために必要な項目をまとめました。3人の登場人物とともに、輝く新生活をスタートさせましょう。

 本書は、部屋探しから引越し・防犯・お金など、多方面から紹介した、これからひとり暮らしを始める方にピッタリのハウツー本。部屋探しや引っ越しに関する疑問や注意点、家事のヒントやお金のやりくりなど、わかりやすいイラスト付きで情報が多く掲載されています。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 18:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/4)

■ 枝野立憲代表、護衛艦「空母化」を批判

『立憲民主党の枝野幸男代表は3日、山梨県昭和町で講演し、政府が海上自衛隊護衛艦「いずも」の事実上の空母化を検討していることについて、「なし崩し的に専守防衛を超えるような装備が進んでいる。専守防衛なら要らないはずだ」と厳しく批判した。「実質的な改憲が進んでいることを危惧しないといけない」とも語った。沖縄・宮古島のミサイル基地建設に関しても、「憲法9条の解釈を超える基地」との認識を示し、「むしろ攻撃のターゲットにされかねないとの声もある」と指摘した』とありますが、攻撃してくる相手国がいるということは認めたのですね。。。

それにしても、国防を備えたら攻撃されるという考え方こそ

危険思想

にしか思えませんが、何もせずに攻撃されても黙ってろといっているようなものですから、これではとても立憲民主党には任せることはできません!

■ 「理事長は出張で不在」財務省が提案 森友問題調査報告

『森友学園との国有地取引をめぐる決裁文書の改ざん問題で、昨年2月に取引の問題が表面化した後、財務省が学園の顧問弁護士に対し、籠池泰典前理事長が不在だと装うよう提案していた』とのことですが、マスコミや野党は、財務省に対して批判や問題を正す報道や抗議をすべきですが、マスコミや野党の矛先が政権なのだから、あまりにも馬鹿すぎ。

政権批判ありきで報じるのもいかがなものかと思いますし、それに便乗する野党も質が濃低すぎる!(怒)

■ 韓国全経連、日本自民党に「韓日通貨スワップ」再開を建議

『韓国の経済団体「全国経済人連合会(全経連)」が日本の与党・自民党に韓日通貨スワップの再開を建議した』とありますが、日韓基本合意すら守れず、国同士の約束すら反故にする国でもあるのだから、こんな嫌疑は無視すべき。

そもそも何で日本政府に陳情に来るのか理解できませんし、まずは自分の国の政府に言うべきでしょうよ!
posted by babiru_22 at 06:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする