2018年04月16日

『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』畠山理仁

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い [ 畠山 理仁 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)




 今、日本で最も有名な無頼系独立候補(=泡沫候補)、マック赤坂への10年に及ぶ密着取材報告をはじめ、平等な選挙が行なわれない理由、2016年東京都知事選挙における主要3候補以外の18候補の戦いなどをまとめる。

 選挙の魔力に取り憑かれた泡沫候補(=無頼系独立候補)たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録。2017年第15回開高健ノンフィクション賞受賞作。

 本書は、何度も選挙に敗れても、挑戦し続ける候補者達の人生を追いかけた記録でもあるノンフィクション。第一章では、日本で最も有名な「無頼系独立候補」スマイル党総裁・マック赤坂への10年に及ぶ密着取材の報告を行い、第二章では、公職選挙法の問題、大手メディアの姿勢など、平等な選挙が行なわれない理由と、それに対して著者が実践したアイデアを記述。第三章では、2016年東京都知事選挙における「主要3候補以外の18候補」の戦いをレポートしていますが、それぞれの候補者はそれぞれのドラマがあり、誰もが自分の主張を訴えています。世間からキワモノ扱いされる泡沫候補ではありますが、その候補者を通して、この国の選挙制度が抱える問題点が浮き彫りにもなっています。政党や組織の支援もなく、選挙に出ては落選を続けるような無名の候補者たちの「独自の戦い」に光を当てた良質のノンフィクションでした。

【満足度】 ★★★★☆
ラベル:黙殺 畠山理仁
posted by babiru_22 at 18:33| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/15)

■ 公文書管理、法改正論が加速 罰則規定も浮上

『財務省の決裁文書改ざんや防衛省が「ない」としてきた自衛隊のイラク派遣の際の活動報告(日報)が次々に見つかるなど、公文書をめぐる問題が相次ぐなか、公文書管理法の改正も視野に入れた議論が加速してきた。安倍晋三首相は国会答弁で法改正に言及し、与野党はそれぞれ具体的な再発防止策の検討を進めている』とありますが、法改正も必要ですし、罰則規定も強めていくべきだとは思いますが、組織全体としての

意識改革

が何よりも必要でしょう。

とにかく再発防止をするべきで、個人が自分の都合で勝手に文書の書き換えをするようであれば、懲戒免職処分も検討できるような法改正を望みます。

■ 妊娠生徒の学業継続支援=体育実技しなくてOK−文科省

『文部科学省は、妊娠した女子高校生の学業継続支援を強化する。体育の授業で実技の代わりに課題リポートの提出や見学を認めるよう、都道府県・政令市の教育委員会などに通知した。母子ともに安全な環境で学習しやすくするため、現場の創意工夫による柔軟な対応を促している』とのことですが、これって文科省が支援することだろうか?

勿論他の生徒と平等に接するべきでもありますが、体育の授業を受けられなければ単位は与えるべきではないだろうし、一方だけを優遇するように措置には反対ですし、義務教育であるならともかく、高校は義務教育ではないのだから、特別な支援はいかがなものかと思いますが。。。

■ 立憲・福山氏「与党がまずいことをやった時には…」

『国民から見れば、森友、加計、防衛省の日報問題しかやっていないように映っている国会は、非常に不健全だ。不健全さの原因は、すべて安倍首相と政府・与党が作った』って、それしか野党がやらないからでしょうが。。。(呆)

「すべて安倍首相と政府・与党が作った」と言うのであれば、その証拠を提示すればいいだけなのに、それすらできずに問題の本質を追及せずに、本質を逸らして政権批判しかしないとか、これだから日本の野党はダメすぎだ!(怒)
posted by babiru_22 at 03:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

昨日の出来事(4/14)

■ 米英仏、シリアに軍事攻撃=首都など化学兵器施設標的−トランプ氏「怪物の犯罪」

『トランプ米大統領は米東部時間13日午後9時(日本時間14日午前10時)ごろ、シリアのアサド政権による化学兵器使用を受けた「精密攻撃」を命じたと発表した。英仏両軍も作戦に参加。AFP通信によると、首都ダマスカスで複数の爆発音が聞こえた。米国防総省は、ダマスカスや中部ホムス県の化学兵器関連施設を攻撃し、作戦は終了したと明らかにした』とありますが、ロシアと中国がどう出るかでしょうね。

ロシアは早速米軍に対して反発していますが、日本はモリカケやってる場合じゃないですが、つくづく思いますが、

国連は無能

すぎるわ。。。(呆)

■ 法相 受刑者逃走でおわび 再発防止策急ぐ考え

『上川大臣は「開放型の施設である大井造船作業場でこういう事件が発生し、地域の皆様はもとより国民の信用を失いかねない大変深刻な状況だ。この施設だけでなく、全国の開放的施設における警備の在り方などをしっかりと検証し、対応策を策定したい」と述べ、全国に4か所ある開放的な矯正施設での再発防止策の策定を急ぐ考えを示しました』とのことですが、そもそも刑務所を開放型にするべきではありませんし、1200人も動員して捜査していて今だに見つからないとか、話にもなりません。

法相が謝罪したから済むという問題ではありませんし、開放型の刑務所は即刻廃止にすべきです。

■ 立憲民主党・辻元氏にブーメラン 財務次官セクハラ疑惑を批判

『立民の辻元清美国対委員長も「事実ならば更迭に値する」「財務省は速やかに調査すべきだ」と強調したが、ネット上では「セクハラ問題が出た議員は責任を取ったのか」との趣旨の書き込みがあった。元秘書へのセクハラ疑惑がある同党の青山雅幸衆院議員に、女性の地方議員が辞職を求めたが、同党は「和解が成立している」として突っぱねた経緯がある』とありますが、相変わらずのブーメランもすっかりお家芸ですね。。。(呆)

他人に厳しく自分に大甘なのも相変わらずですし、よくこれで批判できるものだと、空いた口が塞がりません。。。
posted by babiru_22 at 04:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

『マンモス 絶滅の謎からクローン化まで』福田正己

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンモス -絶滅の謎からクローン化までー [ 福田 正己 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/4/14時点)




 人と深い関係にあったマンモス。永久凍土や気候変動の研究から見えてきたマンモス絶滅の謎や、最近話題となっているマンモスのクローン化など、マンモスにまつわる話をまとめる。

 本書は、約1万年前に絶滅したマンモスの生態に加え、生物の進化や気候変動、先住民の文化や生活、ついにはクローン作製まで、豊富な写真や図表を使ってマンモスについてをまとめたもの。著者は寒冷地域の研究からマンモス研究に入ったとのことですが、地球上の寒冷環境など、マンモス研究以外の事柄についても書かれています。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 19:09| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/13)

■ 公文書改ざん:佐川氏、立件見送りへ 虚偽作成罪問えず

『学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡り、財務省の決裁文書が改ざんされた問題で、大阪地検特捜部は、前国税庁長官の佐川宣寿氏(60)ら同省職員らの立件を見送る方針を固めた模様だ』とありますが、立件見送りは

当然です

書き換えの指示を出した証拠でもあるなら別でしょうが、それよりも大阪地検特捜部はリークしたお仲間こそ立件せよ!

■ 財務事務次官“セクハラ”疑惑、週刊新潮が音声を公開

『「財務省の福田淳一事務次官が女性記者にセクハラ発言を繰り返していた」と報じた週刊新潮が13日、福田次官のものとされる音声を公開しました』とのことですが、決定的証拠でもありますから、もはや福田財務事務次官は完全アウト!

そもそも音声を録音しているということは、以前からも同様のセクハラ発言があったからなのだろうし、いわば自業自得です。(呆)

■ 検証「首相案件メモ」に書き換えの痕跡?異なるフォントが文書内で混在、日付は手書きで書き加え

『朝日新聞と週刊文春が10日に報じた「首相案件メモ」のコピーとされる文書の中で、異なるフォントが混在していることが判明した』って、ちゃんと朝日と文春は自分らの手書き書き替えの報道をすべきで、もうマスコミも

ブーメラン

やってるとか、バカ丸出しです。(呆)
posted by babiru_22 at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

『マスカレード・ナイト』東野圭吾

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マスカレード・ナイト (マスカレード) [ 東野 圭吾 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2018/4/13時点)




 若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。犯人は、ホテル・コルテシア東京のカウントダウン・パーティに姿を現す? あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び…。「マスカレード」シリーズ。

 本書は、一流ホテル「ホテル・コルテシア東京」を舞台に、捜査一課の若手刑事・新田浩介と女性フロントクラーク・山岸尚美の活躍を描いたシリーズ第3弾。殺害犯行予告があったホテルのカウントダウン仮装パーティに潜入した刑事と、ホテルを中心に、個性豊かな宿泊客の人間模様を絡め、事件を解決するストーリー。シリーズとしての安定感があり、展開も面白いですが、前2作と比べると、ややミステリ部分が弱く、物語としてもやや淡々としていたのがマイナスでしたが、作品としては楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:13| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/12)

■ 「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言

『学校法人「加計学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、県や市の職員らが2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会したとする記録文書に関連し、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めた』とありますが、会った会っていないは

水掛け論

でしかなく、証拠もないのだから、証言の信憑性には欠けます。

せめて録音でもあれば事実確認ができるでしょうが、曖昧すぎることを報道する前に、マスコミは事実関係こそ取材した上で報道すべきだ!

■ 徳島新聞「赤字に責任ある」 阿波おどりに3億円寄付へ…紙面で発表

『徳島市で開かれる「阿波おどり」事業が4億円以上の累積赤字となり、主催者の市観光協会の破産手続き開始が決まった問題で、事業を共催してきた徳島新聞社は12日付朝刊紙面に、事業運営のための基金創設を市に提案し、原資として3億円を寄付するとの方針を示す記事を掲載した。「主催者の一員として、赤字に一定の責任がある」としている』とのことですが、問題の最大の原因は徳島新聞社であり、看板広告の集稿・制作を独占し、割高な手数料を取ってきたのだから、3億の寄付で誤魔化すようなやり方には大反対。

むしろ徳島新聞は「阿波おどり」事業に加えるべきでなく、赤字の原因を散々作ってきたのだから、まずはその利権を手放すべきだ!

■ 女性記者にセクハラ録音されてた財務次官「おっぱい触っていい?」「ホテル行こうよ」

『セクハラ発言が接続語のように用いられ、ついには、「キスしたいんですけど。すごく好きになっちゃったんだけど・・・おっぱい触らせて。綺麗だ、綺麗だ、綺麗だ」と、畳みかける』って、録音までされているんだから、もはやアウトですね。(呆)

というか、もう財務省解体しなきゃダメだわ。。。(呆)

■ 警察官撃たれて死亡 逮捕の19歳巡査「罵倒され撃った」 滋賀

『滋賀県彦根市の交番で警察官が拳銃で撃たれて死亡した事件で、殺人の疑いで逮捕された19歳の巡査が身柄を確保された際、「罵倒されたので拳銃で撃った」などと話していた』とのことですが、よくこんな忍耐のないのが警察官になれたものだ。。。(呆)

そんなに罵倒されるのが嫌なら警察官を辞めるべきだったでしょうが、動機の解明は勿論ですが、少年法の法改正を望みます。
posted by babiru_22 at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

『森家の討ち入り』諸田玲子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森家の討ち入り [ 諸田 玲子 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)




 赤穂四十七士には、隣国・津山森家の旧臣3人がいた。光を浴びることのなかった男たちと、彼らを支えた女たちによる、心震わせる戦いを描く。『小説現代』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。

 彼らは津山森家の忠臣だったが、改易により赤穂浅野家へとその身を移した。彼らはかつて、江戸郊外中野村の御囲築造にも従事するという不思議な共通点があった。何を思い、どんな事情を抱えて義挙に加わったのか。そしてそんな彼らを支えた女たち。それぞれの義を果たすべく、命をかけて戦い抜いた壮絶な生き様がそこにはあった。

 本書は、吉良邸に討ち入りした赤穂浪士47人の中に、隣国である津山森家の旧臣3人が、なぜ義挙に加わっていたのかを、史実をもとに描いた連作歴史小説。地味な展開ながらも、必死に武士としていきる男たちの姿が描かれます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/11)

■ 女性の声政治に 男女の候補者「均等」目指す法案提出へ

『女性の声を政治に反映させるため、国政選挙などで男女の候補者の数をできるかぎり「均等」になることを目指すなどとした法案は、衆議院本会議に内閣委員会の委員長提案の形で提出されることになり、今の国会で成立する見通しです』とのことですが、この法案は

反対です!

議員の男女比率は均等が目的ではなく、議員の質が大事です。

勿論、質の高い女性議員が増えることは歓迎ですが、男女共に言えることですが、国会議員に相応しい活動をしている議員があまりにも少ないですし、単に均等にすればいいという問題ではありませんから、均等を目的とするような法案には反対します。

そもそも議員としての質と能力が大切で、性別は関係ありません!

■ 首相案件文書について、亀井静香「国民は興味は持ってないよ。毎日の生活に何にも関係ない」

『備忘録はゴミ箱に捨てるのは当たり前の話。今度の案件見てるとね、そういう臭いもしない。あなたがただってさ取り上げてるのかさっぱりわからない。国民はね国民は興味は持ってないよ。毎日の生活に何にも関係ない』って、亀井静香にしてはド正論です。

問題は組織の問題でもあるのだから、その組織管理を正すようにすべきで、マスコミと野党が問題の本質が大きく逸らすことこそ問題視すべき。

■ 外国人、技能実習後も5年就労可能に 本格拡大にカジ

『政府は2019年4月にも外国人労働者向けに新たな在留資格をつくる。最長5年間の技能実習を修了した外国人に、さらに最長で5年間、就労できる資格を与える。試験に合格すれば、家族を招いたり、より長く国内で働いたりできる資格に移行できる。5年間が過ぎれば帰国してしまう人材を就労資格で残し、人手不足に対処する。外国人労働の本格拡大にカジを切る』とありますが、これをやるならば、まずは外国人の生活保護費の支給をただちに廃止するべきだ!

しかも家族まで招くことができるとか、これでは更なる社会保障費負担が一気に増えるだろうし、なし崩し的に決めるべきではありません!

■ 軽いかぜは患者の自己負担上乗せ 医療費など抑制へ提案

『先進国で最悪の水準の日本の財政を立て直すため、財務省は、医療費や介護費の膨張を抑える制度の見直し案をまとめました。軽いかぜなどで診察を受ける場合は、患者の自己負担を上乗せするよう提案しています。(中略)介護の分野では、掃除や調理などの身の回りの世話をする生活援助のサービスについて、ホームヘルパーの代わりに地域の住民やボランティアを活用できるようにして費用を抑えることを提案しています。』とのことですが、軽いかぜなどで診察する場合の患者の自己負担増というのは、まだ理解できるものの、ホームヘルパーの代わりに地域住民やボランティアって、財務省は現実の介護を全く理解していませんね。

トラブルや事故があった場合の責任の所在すら不明瞭ですし、それなら財務省こそ解体して率先してボランティアとすべきでしょう。

それにしても財務省って、増税することしか考えられないのか?(呆)
posted by babiru_22 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

『むーさんの自転車』ねじめ正一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

むーさんの自転車 [ ねじめ正一 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)




 長野と高円寺。2つの街で少年・正雄が大きく成長していく“平成版純情商店街”。一茶の句とともに物語が展開する小説。『福島民友新聞』他掲載を改題、加筆修正し単行本化。

 高円寺の商店街で育った正雄。実家の和菓子屋が倒産し、米屋のむーさんと、長野へ移り住む。小林一茶を愛するむーさんとの暮らしと別れを経て、高円寺へと戻る正雄の成長を描く、平成版・純情商店街。

 本書は、直木賞受賞作『高円寺純情商店街』の続編ともいえる作品。『高円寺純情商店街』は、昭和30年代の東京・高円寺駅前の商店街を舞台に、乾物屋の息子の正一の目を通して、人々の暮らしや人情をほのぼのと描いた作品でしたが、こちらは同じ高円寺の和菓子屋の息子の正雄が主人公。平成元年に高校に入学したものの、入り婿の父が事業に手を出して失敗し、借金の形に店を取られてしまうことに。正雄は店に出入りしていた米屋のむーさんに連れられてむーさんの故郷信州で暮らすことになり、地元の和菓子屋で修業したあと、高円寺に帰ってくる……というストーリーですが、その高円寺は『高円寺純情商店街』と同じく人情味溢れる街で、息子世代から見た高円寺が舞台となっています。物語は淡々としてますが、小林一茶の俳句が展開でキーとなっており、展開に引き込まれました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:03| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする