2018年11月28日

昨日の出来事(11/27)

■ 河野外相「きちんとした答えを持ってこない限り来日されても困る」

『日本の河野太郎外相は26日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部(省に相当)長官が先日、韓日の外交上の懸案をめぐって協議するため訪日する可能性もあると言及したことに関して、「きちんとした答えを持ってこないかぎり来日されても困る」と話したことが分かった』とのことですが、外相として当然の対応です。

ズバリ

金返せ!

と言ってもいいと思いますし、話し合いで解決したことなのに、その約束さえ守れないのだから、ハッキリと国交断絶も口にすべきです。

■ 関西生コン支部8人逮捕へ 威力業務妨害容疑 滋賀県警

『滋賀県大津市内の大手住宅メーカーの施工現場で、現場責任者らに因縁をつけて工事を妨害したとして、滋賀県警が27日にも威力業務妨害の疑いで、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)の幹部ら8人を逮捕する方針を固めた』とありますが、すでに逮捕者が34名になるというのに、なぜマスコミは辻元議員や福山議員に取材をしないんだ?

ここまで逮捕者を出してる組織と政治的関連こそトップニュースとして大きく報道すべき!

■ 認知症の父親置き去り疑い、神戸 高速PAに、46歳娘逮捕

『兵庫県警有馬署は26日、認知症気味の父親(79)を神戸市の中国自動車道のパーキングエリア(PA)に置き去りにしたとして、保護責任者遺棄の疑いで大津市、無職田中■子容疑者(46)を逮捕した。同署によると「自分が面倒を見るより、警察に保護してもらって施設に入った方がいいと思った」と容疑を認めている』とのことですが、世も末ですね。。。(呆)

行政相談するなり、然るべき対応を自ら取るならともかく、他人の迷惑を考えず、自分の父親を姥捨て山のようにするとか、よくこんな鬼畜のようなことができるかと思いますが、どのように対処すべきかぐらい自分で調べろ!と言いたい。
posted by babiru_22 at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

『学びを結果に変えるアウトプット大全』樺沢紫苑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2018/11/27時点)

楽天で購入



 仕事や勉強をアウトプット中心に切り替えるだけで、自己成長は飛躍的に加速し、計り知れない能力を発揮できる。日本一情報を発信する精神科医が、脳科学に裏付けられた伝え方・書き方・動き方を紹介する。

 「自分の意見をうまく伝えたい」「交渉や営業が得意になりたい」「いいアイデアが浮かぶようになりたい」「仕事や勉強の成果をもっと出したい」こんなふうに思っている方は多いのではないでしょうか。実は、たくさん本を読んだり、セミナーを受講したりして「インプット」しても、「アウトプット」の方法を間違えていると、自己成長することはできません。なぜならば、それが脳の仕組みだからです。本書では、「日本一アウトプットをしている精神科医」である著者が、数万時間を越える「アウトプット経験」をもとに確立した、圧倒的に結果が出る「アウトプット術」。そのすべてをお伝えしていきます。

 本書は、インプットとアウトプットの方法については勿論ですが、生活にも活かせるアウトプットについてが書かれていて、インプットとアウトプットの比率は3:7が理想的と書かれていましたが、殆どの人はインプットはしても、アウトプットができていないでしょうし、そのアウトプットがなぜ必要なのかが書かれています。個人的には、こうした書評を約25年続けていて、この他にもブログやSNSなどでの発信と、知らず知らずのうちにアウトプットが出来ていたことにも気付かされました。これまでアウトプットに重点を置くということは考えていませんでしたが、これからはアウトプットを更に重視していきたいものですし、学ぶだけではなく、それを実践することの大切さを改めて気付かせてくれるもので、自身の勉強にも非常に役立ちました。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:42| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/25)

■ 韓国の国会議員団 また竹島上陸

『慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で日韓関係が冷え込む中、先月に続いて、韓国の超党派の国会議員団が、26日午前、島根県の竹島に上陸しました』とのことで、このような

敵対行為

ばかりを繰り返すのだから、もはや国交断絶以外にありえません!(怒)

抗議をしても聞く耳すら持たないのが韓国政府でもあるのだから、実力行使による制裁措置を断固取るべきです。

■ 辺野古県民投票、来年2月24日投開票で調整

『沖縄県が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票の投開票日を来年2月24日とする方向で調整していることが26日、分かった。複数の関係者が明らかにした。玉城(たまき)デニー知事が近く表明する見通し』って、これこそ税金の無駄遣い。

そもそも国と国の合意のことですから、県民投票の結果がどうであれ、政府は粛々と進める他ありませんし、そんなに普天間を固定したいのだろうか?とも思いますね。。。

■ 免許証に元号と西暦併記へ…希望者多く方針転換

『警察庁は、運転免許証の有効期限の表記について、元号と西暦の併記とする方針を固めた。システム改修を終えた都道府県から新しい免許証に切り替える』とありますが、これはいいんじゃないですかね。。。

無理に統一すべきでもありませんし、一番分かりやすくて良いことだと思います。
posted by babiru_22 at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

『万屋大悟のマシュマロな事件簿』太田忠司




 一人娘が所属するローカルアイドルグループに脅迫状が届いた。「鬼の万屋」の異名を誇った元SPで、警備会社社長の万屋大悟が、愛する娘に近づく有象無象と謎を蹴散らすべく立ち上がる!

 市後市のローカルアイドルグループ「marshmallow15」に脅迫状が送られた。警護を引き受けたのは、万屋大悟。市内で警備会社を営む社長であり、「marshmallow15」のメンバー・知織の父親でもある。親バカを発揮して職権を乱用しまくりつつ、様々なトラブルと事件を解決する大悟。年頃の娘とは、ちょっと微妙な距離感を保ちつつ、謎に立ちむかう。それぞれの事件を通して見えてくる少女達の強い想いと、父娘の絆。そして脅迫状の犯人と驚きの真相とは……!?

 物語は、アイドルの舞台裏に絡んだライトミステリ。著者のミステリは久々に読みましたが、読みやすさは勿論ですが、登場人物の設定もリアルで、主人公と表紙の俳優エンケンさんとがイメージできて、ドラマを見ているような感覚で読むことができましたが、実際にドラマ化してほしい作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:07| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

昨日の出来事(11/24)

■ 日韓関係:慰安婦財団解散 自民が非難決議「強い憤り」

『自民党の外交部会などの合同会議は22日、韓国政府が慰安婦問題に関する日韓政府間合意に基づき設立した「和解・癒やし財団」の解散を発表したことについて「極めて不誠実で断じて容認できない」と非難する決議案を了承した。近く外務省に決議書を提出する。国会での非難決議採択を目指して、他党と協議する方針も決めた』とありますが、これまでにも幾度と抗議や話し合いをしてきても、全く聞く耳すら持っていないのが韓国側でもありますから、非難決議よりも相手に対して行動で示すべきで、そのためには

国交断絶

しかありえません!

そこまでやらなければ、いつまで経っても日韓関係の問題は解消することはありませんし、それを韓国に教えることが日本政府としての優しさです。

■ 大阪万博主催へ新組織発足…20年までに計画書

『2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が23日(日本時間24日未明)、パリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)総会で決まったことを受け、政府関係者は、万博を主催する新たな組織を近く発足させることを明らかにした』とのことですが、東京五輪のようにグダグダになりそうな気も。。。

しっかりとした計画を立ててほしいところですが、インバウンド対策などだけでも大丈夫ですかね?

■ 電動車椅子で飲酒ダメ? 「誤操作恐れ」 警察庁呼び掛け

『電動車椅子を利用中の飲酒を巡る警察の対応について、障害者団体が抗議を寄せている。警察庁が「操作を誤らせる恐れがある」などとして禁止を呼び掛けているためだ。団体は「不当な差別だ」として改善を要望。道交法上、車椅子は歩行者扱いだが、普及に伴って事故も増えており、識者の間でも見解が割れている』とありますが、そもそも自転車も飲酒して運転すれば飲酒運転になりますから、車椅子も同様の対応にすべきで、これは差別ではなく、平等で考えると当然の措置です。

「飲酒運転を止めよう!」というならともかく、これを差別と言うのはいかがなものかと思います。。。
posted by babiru_22 at 06:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

『秘島図鑑』清水浩史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秘島図鑑/清水浩史【1000円以上送料無料】
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/11/24時点)

楽天で購入



 遠く離れた小さな島々から、今の日本が見えてくる! 日本全国7000の島々から、日本人が行けない「秘島」33を厳選して紹介。行けない島を身近に感じるための「実践編」も収録。

 秘島とは日本の「超」孤島。無人島で交通手段もない厳選33の秘島から、今の日本が見えてくる! 島の忘れられた歴史から、国境問題・海洋資源の問題まで、本邦初の「行けない島」ガイド!

 本書は、行けない島、知られざる島だからこそ、村史などを地道に調べて、20年かけて作った「行けない島」のガイドブックで、遠く離れ、アクセスできない、住民がいない、知られざる歴史を秘めている…そんな要素のある日本国内の「秘島」を選び、航空写真と短い文章で紹介した一冊。写真と簡単な解説のみと、とてもシンプルな中身ではありますが、全てが行きたくとも行くことができない「秘島」ばかりで、悲しい歴史やアホウドリの乱獲、米軍の演習場になり自然破壊が進んでいたりと、それぞれ秘島ならではのエピソードもあり、ブックガイドとしても秀逸です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:01| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/23)

■ 「韓国、国家としての体をなしていない」…自民党がまた暴言

『自民党の「日本の名誉と 信頼を回復するための特命委員会」の委員長を務める中曽根弘文元外相はこの日の合同会議で、韓国について「国家としての体をなしていない」と度を越えた発言をした。これに先立ち自民党は先月末、韓国最高裁の強制徴用判決後に開かれた会議でもこうした発言をしている。当時の会議出席者らは韓国最高裁の判決内容をめぐり「韓国は国家としての体をなしていない」という発言をし、これを日本メディアが報道した』とありますが、これは暴言ではなく

事実です!

国家間の約束事を平気で破ること自体、国家としての体をなしていませんし、正論を暴言と受け取ること自体、国家としての体はなしていませんね。。。(呆)

■ 消費増税対策 ポイント還元は5% 9か月間で検討 首相

『安倍総理大臣は、来年10月に予定される消費税率の引き上げに伴う景気対策の一環として、クレジットカードなどのポイント還元について、還元率を5%とし、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの9か月間、実施することを検討する考えを示しました』って、システム的に間に合わないのでは?

そもそも政府主導で国民をポイントで釣ろうと考えること自体がダメであり、これでは何のための消費税引き上げなのか本末転倒です。

ここまでするよりも、消費税引き上げをしないことの方が経済的にも財政的にもいいのですが、財務省にいいようにやられてますね。。。(呆)

■ シュライバー国防次官補、民兵漁船「中国海軍と区別しない」

『シュライバー氏は、「尖閣諸島は日本の施政権下にあり、日米安全保障条約(第5条に基づく米国の対日防衛義務)の適用対象であり、米国は同盟国として日本を支えていく」と言明した上で、「中国船の船体の色(が海軍の灰色か海警局の白色か)よりも、これらの船の任務や目的が何かに関して最大の懸念を抱いている」と指摘した』とのことで、シュライバー国防次官補、グッジョブ!

中国に対しての最大の抑止にも繋がる発言ですし、この対応は歓迎です。
posted by babiru_22 at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

『パラレルワールド』小林泰三

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パラレルワールド [ 小林泰三 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/11/23時点)

楽天で購入



 お父さんとお母さんと3人で仲良く暮らすヒロ君。でも、お母さんにはお父さんが見えなくて…。不可思議な世界と、家族・少年の成長の物語。『Webランティエ』連載等を加筆修正し単行本化。

 若い夫婦と5歳の一人息子が、地震と洪水が重なった大災害に襲われる。その時、一方の世界ではお父さんが亡くなりお母さんが生き残った。もう一方の世界ではお母さんが亡くなりお父さんが生き残った。息子のヒロ君はこの2つの世界を同時に生きていた。大災害で崩壊した家族を蘇らせるためにヒロ君は…。

 本書は、2つの世界に生きる少年の姿をミステリーを絡めて描く物語。設定自体は分かりやすかったものの、後半に進むに従って、展開も複雑になり、折角の設定が一部活かされていないところもあったため、いい作品とは思うものの物足りなさと多少の違和感を感じました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/22)

■ 韓国政府「慰安婦合意、破棄・再協議要求せず…日本の誠意ある努力に期待」

『「3年前の日韓合意は最終的かつ不可逆的な解決だ」とし「日本は国際社会の一員としてこの約束を誠実に履行して来た。韓国には国際社会の一員として責任ある対応を望みたいと思う」と述べた』って、言ってることとやってることが

滅茶苦茶

で、韓国政府のやってることは、日韓合意を破棄する行為だと気付こうとすらしないなら、やはり国交断絶するべきですね。

■ 米検察、三菱UFJを捜査か=北朝鮮に絡む資金洗浄の疑い−NY紙

『米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日、北朝鮮が絡むマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した疑いで、米連邦検察当局が三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)を捜査していると報じた。ただ、北朝鮮がMUFGを通じて資金洗浄を行った証拠を当局が握っているかどうかは明らかでないとしている』とのことですが、検察当局は昨年末、MUFGに召喚状を送付していたのだから、無視し続けたということでしょうから、かなり悪質でもありますね。

金融機関としてマネーロンダリングの利用されたということでしょうが、見方によってはMUFGが北を支援していたと見られても仕方のないことをやったということでしょうから、かなりやばい案件になるのでは?

■ 「娘落第…寄付金3000万円返して」父が岩手医大を提訴 大学側は争う姿勢

『訴えによると、次女は5年生だった2014年度末の進級試験で落第。大学から「成績が悪かったのではなく、寄付金の振り込みが遅れたからだ」と指摘を受けて15年3月末、大学に1000万円を送金した。しかし進級は認められず15年11月、それまでに寄付した全額を返還することで医学部長らと合意したという。父親の代理人弁護士によると、次女が10年4月に入学する際、大学は6年間に計3000万円以上を寄付するよう求める文書を送付。父親は11年11月までに2000万円を寄付していた』とありますが、これ原告の言ってることが事実であれば、岩手医大はやらかしたことが完全に詐欺でしょうよ。

というか、マスコミは岩手医大を取材して事実確認するべき!
posted by babiru_22 at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

『骨を弔う』宇佐美まこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

骨を弔う [ 宇佐美 まこと ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/11/22時点)

楽天で購入



 骨格標本が発掘された、という新聞記事を見つけた豊は、小学生時代、仲間と山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。ある確かな手触りから「あれは本当に標本だったのか」との思いを抱き、かつての仲間に会いに行くが…。

 骨格標本が発掘されたことを報じる地元紙の小さな記事を見つけた家具職人・豊は、数十年前の小学生時代、仲間数人で山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。しかし、それは記事の発掘場所とは明らかに異なっていた。同時に、ある確かな手触りから「あれは本当に標本だったのか」との思いを抱いた豊は、今は都内で広告代理店に勤務する哲平に会いに行く。最初は訝しがっていた哲平も、ふと、記憶の底に淀んでいたあることを口にする。リーダー的存在だった骨格標本埋葬の発案者・真実子の消息はわからないまま、謎は思いも寄らぬ方向に傾斜していく。

 物語は、田舎の幼馴染の男女5人が、冒険気分で山中に埋めた骨格標本は本当の骨だったのではないか…と、過去の記憶を振り返り、今の自分に向き合いながら知る真実と回収される伏線を描いたミステリ。ラストのドンデン返しは思わず笑ってしまいましたが、読み応えある作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする