2019年04月05日

昨日の出来事(4/4)

■ 韓国首相「経済環境が厳しい…民生・企業はさらに苦しくなるだろう」

『韓国の李洛淵首相は4日「韓国経済の内外環境が厳しい。今年1−3月期の輸出が振るわず、2月の生産・消費・投資がいずれも減少した」とし「それによって民生も企業もさらに厳しくなるだろう」と話した』って、首相のこの発言って完全に

他人事

ですね。。。(呆)

自分達で問題解決しようとすらせず、他人任せを首相自らがするとか、韓国クオリティが凄すぎる。。。(呆)

■ 立民・辻元氏、憲法審幹事懇「やったらえらいことに」

『辻元清美国対委員長は山花氏に「もし(幹事懇談会を)やったらえらいことになると(新藤氏に)言うとき」と話したという。非公式協議の出席者からは「野党国対委員長による与党への恫喝のように感じる」などの意見が出た』とありますが、完全に恫喝です。

やってることはヤ■ザと一緒で、なんでマスコミはこれを問題視しないんだ?

■ 大学合格、30分電話つながらず辞退扱い 抗議で撤回

『公立大学法人九州歯科大学(北九州市小倉北区)が今年度の一般入試の追加合格者について、保護者に30分間連絡がつかなかったため辞退者と見なしていた』とのことですが、電話が繋がらないから辞退扱いって、いくら追加合格とはいえ、この対応はあまりにも酷すぎます。

仕事や用事で30分間連絡が取れない場合もありますし、ラジオ番組のプレゼント企画じゃないんだから、常識的な対応をするべきです。
posted by babiru_22 at 04:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

『新卒ですが、介護の相談うけたまわります』いぬじゅん




 希望と異なる「介護保険“外”相談所クルクマ」に配属された、新卒の里枝。向かった先で待っていたのは、ツナギにぼさぼさ髪のむさい男、所長の海吾だった。「相談や悩みを聞いて500円もらえばいい」と簡単に言うのだが…。

 ご相談は一件につき500円! 大切な人の声、お届けします。大規模な事業を展開する社会福祉法人【花の郷会】に新卒として入社した小飼里枝。やる気に燃える里枝だったが、配属先は希望とは異なる【介護保険外相談所クルクマ】に決定! 介護保険「外」って? と思いつつ、里枝が向かった先で待っていたのは、ツナギにぼさぼさ髪のむさい男。クルクマの所長を務める彼、早馬海吾は「相談や悩みを聞いて500円をもらえばいい」と簡単に言うのだが……? 青春と感動の旗手が描く、汗と涙のお仕事ストーリー開幕!

 物語は、介護保険外の介護に関する諸々の相談に応じていく新人職員を描いた作品ですが、ライトノベル感覚で描かれた作品で、介護福祉の世界が描かれるというよりも、介護を少しだけ絡めた人生相談物語で、期待していた内容でなかったのが残念でしたし、もう少し介護の世界を深く掘り下げてほしかったです。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 19:41| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/3)

■ 北朝鮮船舶と「瀬取り」 韓国船舶が初めて摘発

『韓国国籍の船舶が国連安全保障理事会(安保理)による対北朝鮮制裁決議を違反した疑いで昨年10月から釜山(プサン)港に抑留中だと、外交部関係者が2日明らかにした』って、アリバイ作りの

自作自演

じゃないか!(呆)

しかもアメリカに指摘された直後にこれですから、あまりにも分かりやすい囮とか、もうギャグにしか見えません。。。(呆)

■ 塚田国交副大臣「そんたく」発言 野党が辞任要求で一致

『北九州市と山口県下関市を結ぶ道路の整備をめぐって、塚田国土交通副大臣が、「安倍総理大臣や麻生副総理が言えないから、私がそんたくした」と発言し、その後、撤回したことについて、野党6党派は、国会対策委員長らが会談し、塚田氏の辞任を求めていくことで一致しました』とのことですが、塚田国交副大臣は単なる訂正と謝罪だけではなく、説明こそ求めたい。

そして野党も辞任要求するより説明こそ求めるべきだ!

■ 競走馬ウオッカが死ぬ、滞在先の英国で 07年日本ダービー優勝

『2007年の日本ダービーを牝馬として戦後初めて制したウオッカが、蹄葉炎(ていようえん)のため滞在先の英国で1日午後(現地時間)死んだ。15歳』とありますが、競馬ファンとして、ただただ残念です。

地元産の名馬でしたし、平成の最強の名牝はウォッカとも思います。

ご冥福を心よりお祈りします。。。
posted by babiru_22 at 05:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

『がんばらない働き方 ゼロから“イチ”を生み出せる!』ピョートル・フェリクス・グジバチ




 グーグルはなぜ仕事が速いのか? 元グーグル人材育成統括部長で日本に18年滞在している著者が、特別なITスキルや専門知識がなくても実践できる、世界最先端の働き方を公開する。

 本書は、「インパクトが大きい仕事をする」ときに大切なのは、あれもこれもこなそうとするのではなく「ムダを捨てること」、作業をがんばるのではなく、より楽に、より効率的に生産性を高めるという「がんばらない働き方」によって、アウトプットを飛躍的に高める働き方について書かれたもの。グーグル式仕事術が公開されていますが、新しい価値と気付きが多く書かれる内容で、自身の働き方の再考にもなる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:19| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/2)

■ 中国爆撃機、飛来相次ぐ=沖縄本島・宮古島間 防衛省警戒

『防衛省統合幕僚監部は1日、中国のH6爆撃機とY9情報収集機が東シナ海から沖縄本島と宮古島間を通過して太平洋を飛行したと発表した。3月30日にもH6爆撃機や戦闘機が同じようなルートを飛行しており、同省は警戒している』とのことですが、なぜ沖縄県知事はこの件に関して

ダンマリ

を続けているんだ?(呆)

このような現実問題があるからこその、沖縄県での米軍基地の配備でもありますが、その現実問題から目を背けるような反対運動が繰り返されているのが残念でもありますし、県民での議論こそ進めるべきです。

■ 改元詐欺にご用心 「新元号でキャッシュカード変わる」高齢者被害

『「元号に合わせてキャッシュカードも変わる」。そんな嘘で、高齢者らからカードをだまし取る詐欺事件が各地で相次いでいる。改元をめぐっては、天皇陛下が譲位されるのに便乗し、「記念の写真集を買わないか」などと勧誘する悪質商法が広がっていることも判明。1日に新たな元号が「令和(れいわ)」に決まったことで、同様の事案がさらに頻発する恐れもあり、警察や国民生活センターは注意を呼びかけている』とありますが、騙す側が一番悪いですが、これも騙される側にも問題があります!

振り込め詐欺などもそうですが、他人事としてしか事件を見ていないから、騙されるのでしょうが、「元号に合わせてキャッシュカードも変わる」ということは常識的に考えてもありえないことでもありますが、自分の身は自分で守るということ、そして自己責任が伴うことこそ、マスコミも問い質すべきだと思います。

■ アイテム入手できず…男「職員よ、首洗っとけ」

『男は2月5日、ロールプレイングゲームの問い合わせ先に「職員よ 明日殺してやる 首洗っとけよ」と脅迫するメールを送り、同社に警備を強化させるなど業務を妨害した疑い。逮捕は3月29日。調べに対して容疑を認め、「ゲームに20万円以上使ったが、欲しかったアイテムが入手できず、腹いせにメールを送った」と供述している』とありますが、自己責任なのに殺害予告とか、自分自身こそ反省すべきなのに、責任転嫁が酷すぎますね。。。(呆)

規制もある程度必要ではあるでしょうが、基本的にこうしたことは本人の問題であって、マスコミもそこを問題視するべきです。
posted by babiru_22 at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』藤由達藏




 成功する人や、周りから評価・信頼される人と、そうでない人たちの違いは、チャンスが訪れたとき「すぐに行動に移せるかどうか」です。すぐ行動し、人生を変えましょう。一瞬で行動に移せるようになるための方法を紹介します。

 先延ばし、先送りグセがある、いつもギリギリにならないと動けない、考えているうちにチャンスを逃す…10秒あれば誰でも抜け出せる! 一瞬で行動に移せるようになるための方法を紹介。シンプルでありながら、パワフルな結果を生み出すメソッド。

 本書は、「すぐやることの大切さ」を無意識に感じ取っている人が多いにもかかわらず、行動力が大事とわかっていても、中々行動できないのはなぜか?についてを紹介し、その答えとして、人間の心にブレーキをかけ行動力を下げてしまう3つの「不安」を感じてしまうからで、口だけで中々行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人など、10秒で行動に移す方法と不安を消す方法を紹介したもの。すぐやるための心構えについて分かりやすくまとめられています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:28| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/1)

■ 【新元号】「令和」と決定 菅官房長官が発表

『政府は1日午前、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定した』ともあるように、昨日新元号が発表されました。

出典は万葉集であることを明らかにされましたが、「穏やかな決まり」とも受け取れる素晴らしく

見事な元号

であるとも思います。

■ 【新元号】共産・志位委員長「使用強制に反対」 赤旗の元号併記は継続

『共産党の志位和夫委員長は1日、新元号「令和(れいわ)」の発表を受けて党本部で記者会見し「国による元号の使用の強制に反対する」と重ねて主張した。一方で「国民が元号を慣習的に使用することに反対しない」とも述べ、党機関紙「しんぶん赤旗」での元号併記は「令和」に関しても継続する考えを示した』って、結局何が言いたいんだ?

そもそも使用は強制などしていないだろうし、どこでどのように使用を強制しているのかの説明すらせず、反対とか、勝手な妄想でイチャモン付ける前に、理由の説明をするべきでしょうが!(怒)

■ 日韓関係仕切り直し期待 改元で「良いスタートを」

『日本政府が新元号「令和」を発表した1日、韓国では冷え込んでいる日韓関係が改元を契機に仕切り直されることを期待する声が上がった。ソウルで同日開かれた日韓交流イベントに参加した韓国体育振興会の孫明坤副会長(64)は「日本が新しい時代を迎えるに当たり、韓国との関係も良いスタートを切ってもらいたい」と話した』とありますが、自分達の勝手な都合しか考えないのは相変わらずですね。。。(呆)

仕切り直しを考えなければならないのは韓国側の方ですから、こういう自分達の都合しか考えない相手国は無視です。
posted by babiru_22 at 05:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

『学校の「当たり前」をやめた。 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革』工藤勇一




 宿題は必要ない。クラス担任は廃止。テストも廃止。多くの学校で「当たり前」とされてきたことを問い直し、次世代を担う子どもたちにとって本当に必要な学校教育のカタチを追求する千代田区立麹町中学校の取り組みを紹介する。

 宿題は廃止。固定担任制も廃止。中間・期末テストも廃止。およそ全国の中学校で行われていることを問い直し、本当に次世代を担う子どもたちにとって必要な学校の形を追求する、千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長。自ら学習し、将来を切り拓く力は「自律」。大人が手をかけすぎて、あげくの果てになんでも他人のせいにするようなことにならないよう、中1から中3までの授業や行事を組みかえる。生徒や保護者に強く支持される学校づくりの全貌がここに。

 本書は、千代田区立麹町中学校の現役の校長による改革の取り組みを紹介したもの。宿題を廃止し、固定担任制度も廃止し、中間テストや期末テストなどを廃止…とこれまでの公立中学ではありえない改革をしていますが、これらは「目的と手段を取り違えない」「上位目標は何か」「自律のための教育」「進取の気性」と、教育は何のためにするのか、学校はどうあるべきかを真剣に考え、手段が目的化している今の義務教育に一石を投じる内容です。どの中学校でもできることではないでしょうが、目的と手段をしっかりと区分けし、教育改革を実践したことは素晴らしく、教育について考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

昨日の出来事(3/30)

■ 「日の丸・君が代」教員らに強制 ILO、政府に是正勧告

『学校現場での「日の丸掲揚、君が代斉唱」に従わない教職員らに対する懲戒処分を巡り、国際労働機関(ILO)が初めて是正を求める勧告を出したことが分かった』とのことですが、国旗と国歌については強制ではありませんし、それならばなぜオリンピックや国際競技での国旗掲揚と国歌斉唱について是正を求めないんだ?

というか、国際労働機関は全世界各国に同様の是正勧告を出すならともかく、そもそもが

内政干渉

じゃないか!(怒)

■ 改憲議論、今国会も進展望めず 野党は憲法審を徹底拒否

『衆参両院の憲法審査会は今国会召集から2カ月以上経過しても開かれず、6月26日までの会期中に改憲議論の具体化は望めない状況に陥っている。与党側は憲法審開催を呼びかけているが、立憲民主党など主要野党はさまざまな理由を並べて開催を拒んでいる。与党内には夏の参院選後に態勢を立て直して臨むべきだとの声が出始めている』って、例え改憲反対でも議論はすべきなのに、それを拒否するということは、いわば野党の職場放棄。

議論すらせずに、批判を繰り返すとか、一体何のための野党なんだか。。。(呆)

■ 転勤なら辞めます!厚労省が企業に制度見直し指針活用呼びかけ

『子育てや介護などを理由に引っ越しを伴う転勤を受け入れられず、仕事をやめてしまう「転勤離職」が相次ぐ中で、厚生労働省は転勤制度を見直す際の考え方やポイントを示したガイドラインの活用を呼びかけています』とありますが、様々な家庭の事情も確かに企業側は考慮すべきではありますね。

確かに親の介護や、子どもの学校問題など、それぞれの家庭事情で引越できない事情もあるでしょうが、記事にあるような「人権侵害」というのはいかがなものかと思います。
posted by babiru_22 at 04:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

『後悔しない死の迎え方 1000人の看取りに接した看護師が教える』後閑愛美




 後悔しない看取りのためにできること、最期までの時間の幸せなすごし方、延命治療についての考え方…。1000人以上の看取りに接してきた看護師が、幸せな臨終のために知っておきたいことを、実例をもとに綴る。

 人は自分の死を自覚した時、あるいは死ぬ時に何を思うのか。16年間にわたり医療現場で1000人以上の患者に関わってきた看護師が体験した、現実でのさまざまな死の迎え方を紹介しつつ、死に際した本人や家族にとって後悔を残さない最期の迎え方の秘訣を具体的に説いていく。

 本書は、16年にわたり医療現場で1000人以上の患者とその家族に関わってきた看護師によって綴られたもので、看護師として患者の様々な命の終わりを見つめる中で学んだ、家族など身近な人の死や自分自身の死を意識した時に、それから死の瞬間までを後悔せずに生きるために知っておいてほしいことを伝える内容。医療現場で実際にあった、様々な人の多様な死との向き合い方を知ることで、自分なら死にどう向き合おうかと考える機会にもなる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:56| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする