2018年04月11日

昨日の出来事(4/10)

■ 野党、柳瀬氏喚問要求で一致=辻元氏「官邸は疑惑の館」−加計学園

『辻元氏は「首相官邸は疑惑の館になってしまった」と批判』って、疑惑の総合商社で説明責任すら果たしていないのだから、お得意の

ブーメラン

ですね。。。(呆)

疑惑疑惑言う前に、決定的な証拠を早く出して批判しましょうね。

それにしても自分が疑惑だらけなのに、よく言えるものですね。

これでは、まるで北■鮮みたい……おっと誰か来たみたいだ。。。(苦笑)

■ 加計学園文書「県職員が報告のため作成」愛媛県知事

『学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、愛媛県や学園の関係者らが官邸を訪問した際に記された文書が残されていたことについて、愛媛県の中村知事は10日夕方、会見を開き、「文書は会議に出席した県の職員が報告のために作成したものだ」と述べて文書は県が作成したものであることを認めました。(中略)文書については、「この会議に出席した県の職員が報告するための備忘録として書いたものと判明した」と述べて、県が作成したものであることを認めました』とのことですが、備忘録が公文書扱いなのか?

私的メモなら、いくらでも作ることはできるだろうし、私的メモは証拠能力すらありませんが、いつまでマスコミと野党は引っ張るんだか。。。(呆)

■ LINE対抗のチャットアプリ「+メッセージ」、3キャリアが5月9日配信

『NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社は4月10日、共同で記者会見を開催。3キャリア共通のメッセージングサービス「+メッセージ」を発表しました。5月9日にAndroid版を配信予定。iOS版は「準備ができ次第提供する」としています』とのことですが、3キャリア限定ですか。。。

それならば、利用者も限定されるでしょうから、既存のSNSをそのまま使う人が多いだろうし、利用する人もいるでしょうが、対応が遅すぎるなァ。。。
posted by babiru_22 at 06:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

『森へ行きましょう』川上弘美

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森へ行きましょう [ 川上 弘美 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/4/10時点)




 1966年の同じ日に生まれた、パラレルワールドに生きる留津とルツ。それぞれの人生には無数の岐路があり選択がなされる。そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか…。『日本経済新聞』連載を単行本化。

 1966年ひのえうまの同じ日に生まれた留津とルツ。「いつかは通る道」を見失った世代の女性たちのゆくてには無数の岐路があり、選択がなされる。選ぶ。判断する。突き進む。後悔する。また選ぶ。進学、就職、仕事か結婚か、子供を生むか…そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか。少女から50歳を迎えるまでの恋愛と結婚が、ふたりの人生にもたらしたものとは、はたして…。日経新聞夕刊連載、待望の単行本化。

 物語は、1966年生まれの2人の女性(パラレルワールドに生きる同一人物)に起こり得た2つの人生を描いた作品。パラレルワールドとして描かれるだけに、読みながら登場人物が若干混乱しましたが、それぞれの人生の選択肢と、その時々の自分の考えで進む姿は、人間ドラマとしても面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:39| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/9)

■ 死刑制度について、光市母子殺害事件のご遺族である本村洋さんのコメントに反響『死刑制度は残すべき』

『「もし死刑制度がなくなり子供達に『1万人殺してもあなたの命を国が保証する』と教育した時に人を殺す事へのハードルが下がらないか。人を殺めたら自分の命を差し出さなきゃいけないという社会契約を実感する上でも死刑制度は残すべき」』という本村氏の考えは

同意します

死刑制度については様々な意見や考えもあるでしょうが、個人的には市中引き回しの刑も復活させてほしい。。。

■ 政府、国境離島の私有地調査…安保強化へ保全策

『政府は今年度、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)の基点となる国境離島の私有地に関する初の実態調査を実施する』とありますが、政府対応が遅すぎます。

離島に限ったことではありませんが、国内で外国人が私有地を購入し、安保上問題になりかねない事態にもなっているだけに、しっかりとした実態調査を望みたい。

■ 「信頼関係薄れ」ハリル氏解任、後任に西野朗氏

『サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会(6月14日開幕)に出場する日本代表について、日本サッカー協会は9日、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)との契約を解除、西野朗氏(63)が技術委員長職を辞して後任に就くと発表した』とのことで、突然の解任劇でもありましたが、ワールドカップまで残り2ヶ月という次期での交代は、どうなのだろうか?とは思います。

戦術的にはハリルホジッチ監督の戦術は間違ってはいなかったとは思いますが、フォワードを活かしきれる選手層が薄かったことと、選手の固定ができなかったという点からのチーム内からの不協和音という感じなのでしょうかね。

ただワールドカップまで残り少ないだけに、西野監督となったとしても戦術的に大きな変化をすることもできないでしょうが、この交代がワールドカップにどう影響するかでしょうね。。。
posted by babiru_22 at 03:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

『ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う』内田 良

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う [ 内田 良 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/4/9時点)




 部活動問題の第一人者が、エビデンス(科学的根拠)をもとに、ブラック部活動の実情を描くとともに、部活動のあり方を整理する4つの基礎的な視座をあげ、改善に向けた提案を展開する。現場の先生たちによる座談会も収録。

 本書は、生徒も教師も苦しいというブラック部活動の実態と改善策をまとめたもの。本来は楽しく自主的に取り組むべきである部活動に苦しむ生徒がいる一方で、教師側は指導や引率のため土日も休めず縛られていますが、その部活動の今と、今後の改善に向けた提案が盛り込まれています。単に問題点だけを取り上げたものではなく、具体的な改善案を示しているのは画期的でもあり、今後どれだけ部活動のあり方が改善されるかが重要なポイントにもなるでしょう。学校側だけでなく、保護者の問題点などもしっかりと取り上げている点も好感が持てましたし、教育現場の改善は個人的にも強く求めたいところです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:09| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/8)

■ 女性特捜部長と江田憲司議員の告発状提出!大阪地検による捜査情報マスコミリーク疑惑

『大阪地検特捜部が森友問題の捜査で得た情報をNHKなどのマスコミにリークし、世論誘導を図ったのではないかという疑惑で、女性特捜部長と江田憲司衆院議員に対する告発状が提出されたことが判明した。提出した男性から当サイトのツイッターアカウントに情報提供があり、添付された2枚の写真には、法務省検察官適格審査会と最高検察庁監督指導部に提出する告発状が写っている』とありますが、この告発状提出は

当然です!

受理されれば、マスコミはちゃんと報道しろ!

そして野党はこの件について説明しなければ筋は通らない!

これで受理しなければ、それこそ隠蔽捜査となるだけに、受理することになるでしょうが、これこそ証人喚問も必要だ!

■ 希望・玉木代表「受け皿示さないのは無責任」

『安倍政権けしからんと言って退陣せよと求めるのであれば、受け皿をどうするのかを明確に示さないのは無責任だ』って、それなら対案ぐらい示しなさいよ。

今の野党は受け皿にもなっていないですが、まともな政策ぐらい出しましょうね。。。

■ 千葉市 職員や教職員向けのLGBT対応指針策定

『千葉市は、LGBTの人たちへの差別をなくそうと、性別を決めつけるような言動を避けることなどを盛り込んだ、職員や教職員向けの対応指針を策定しました。(中略)この中では、性別などを決めつける言動を避けるため、「夫」や「妻」ではなく「配偶者」や「パートナー」、「お父さん」や「お母さん」ではなく「保護者の方」、「ご家族の方」という表現を使うよう求めています』とありますが、もうアホかと……。(呆)

差別と区別を混同させるから、こんなわけの分からない対応指針にもなるのでしょうし、これではLGBTに対して誤解を招くことにもなるだけに、これは過剰反応しすぎ!
posted by babiru_22 at 07:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

昨日の出来事(4/7)

■ 民進新党名、「民主」有力=立憲と本家争いも

『民進、希望両党は月内の新党結成に向け、綱領などを話し合う新党協議会を近く発足させる。党名は、民進の前身である「民主党」に戻す案が有力だ。ただ、既に党名の一部に使っている立憲民主党から異論が出て、「本家争い」に発展する可能性もある』とありますが、もう党名ロンダリングは

どうでもいい

相変わらずの内ゲバ状態も変わりませんし、中身を変えることを考えないのでしょうね。。。(呆)

■ 森友問題、官邸関与は「イメージ」 騒ぐ国会、政策論は

『この1年、国会で論じられた最大のテーマは何かと世論調査でもすれば、たぶん、森友・加計学園問題だということになるであろう。両者は、今日の日本を揺るがすそれほどの大問題だったのか、と私など皮肉まじりにつぶやきたくなる』って、この問題を散々焚きつけたのが朝日新聞なのに、その朝日新聞が「それほどの大問題だったのか、と私など皮肉まじりにつぶやきたくなる」とか、今度は火消しかよ!(呆)

あまりにも無責任すぎだわ。。。(呆)

■ 財務省に5時間居座りの森裕子氏「パフォーマンスじゃないのよ!」

『5時間にわたり居座った。財務省職員は迷惑を被っただろうが、森氏は「パフォーマンスではない」と強弁した』とありますが、これはパフォーマンスでもあり、また国会議員の財務省職員に対する業務妨害としてのパワハラでもあるでしょう。(怒)

財務省の問題対応をすべきだけなのに、5時間も居座るとか、恥知らずと言う他ありません。

国会議員を何だと思っているんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 05:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

『ホースマン 八ヶ岳南麓から世界へ』石黒健吉

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホースマン 八ヶ岳南麓から世界へ [ 石黒建吉 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/4/7時点)




 オリンピックをはじめとする数々の国際・国内大会で愛する馬とともに戦い、競技界から引退した現在も馬術の指導・普及に努めている著者が、未来へといまなお続く軌跡を綴る。馬術に関する用語集も収録。

 日本馬術連盟理事、県馬事振興センター専務理事等を務めた石黒建吉氏による、馬と馬術への愛情にあふれた一冊。永く馬術競技に打ち込み、五輪をはじめとする数々の国際大会、また国体などでも選手・指導者として活躍した自身の馬術人生を凝縮。ポール・ラッシュ博士らとの出会いから馬術留学、かいじ国体のために見いだしたインパクトフジ号との歴戦や国内外大会経験を通じて感じたあるべき姿勢…。山梨文化学園の講師等を務めながら、現在も馬術の普及・振興に尽力する著者による、広くスポーツを愛し、馬術に関心のある読者には必読の書。

 本書は、総合馬術競技オリンピック選手であり、後にオリンピックチームの監督を務めた著者が自らの半生をまとめた一冊。永く馬術競技に打ち込み、五輪を始めとする数々の国際大会、また国体などでも選手・指導者として活躍した自身の馬術人生が凝縮されていて、読み応えある馬術人生です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:18| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/6)

■ 江田憲司氏ツイッター発言が物議 NHK森友報道「リーク元」言及で

『江田氏がNHK外の人間であるとはいえ、「取材源の秘匿」が重視されるこの種のニュースで、現役政治家が、しかも個人にひもづく形でリーク元の「暴露」とも取れる発言をするのは異例だ。発言が単なる憶測なのか、それともなんらかの根拠があるかは不明だが、ツイッターなどでは不用意ではないか、との見方が強い』とありますが、これ江田は、やっちまいましたね。。。

事実であれば、捜査中の情報を漏洩した大阪地検の女性特捜部長は国家公務員法違反となりますから、協定を破って、リークした本人の違法行為を暴いたことにもなりますし、事実ではないとしても、捜査の進展を邪魔することになります。

ただ、これは捜査情報を地検がリークし、しかも野党の政治家がそれを把握しているのだから、これこそ

大問題

じゃないか!

それなのに、マスコミも野党もスルーとか、これこそ報道しろ!

■ リーク疑惑の山本真千子特捜部長「江田さんのコメントはこちらには関係ない」

『山本真千子特捜部長はマスコミの取材に対し、次のようにコメントした。「あくまで江田さんのコメントで大阪地検の発表ではなく、こちらとしては一切関係ない」これだけの騒ぎになっているのだから、違うなら違うとはっきりと否定するはずなのに真偽についてはノーコメントを貫いている。事実上、認めたも同然で今後は守秘義務違反として処分が下される恐れが強い』とのことですが、はい野党の皆さん、勿論特捜部長の証人喚問をするんでしょうね。。。

特捜部長の証人喚問をしなければ完全にブーメランになりますが、なんでダンマリなんだか。。。(呆)

■ レスリング:協会、伊調選手へのパワハラ謝罪 栄氏が辞任

『日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が教え子で五輪4連覇した伊調馨選手(33)=ALSOK=にパワーハラスメントを繰り返したとして告発された問題で、協会は6日、栄氏による伊調選手への言動の一部についてパワハラの事実を認め、謝罪した。同日、東京都内で開催した緊急理事会で、調査を委託した第三者の弁護士3人がパワハラを認めた報告書が提出され、協会側は事実認定に従う考えを明らかにした。栄氏は同日付で強化本部長の辞任届を協会に提出し、受理された』とのことですが、これは謝罪と強化本部長の辞任というだけでは済まされないのでは?

パワハラはないと言い切っていた至学館大も責任を取るべきだろうし、パワハラだけで済ませるのではなく、練習機会奪った行為や、選手生活に支障きたすような行動こそ問題視するべきです。
posted by babiru_22 at 06:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

『ぼくの村がゾウに襲われるわけ。 野生動物と共存するってどんなこと?』岩井雪乃




 アフリカのタンザニア、セレンゲティ国立公園の周辺の村では、ゾウの群れが村を襲い、村びとたちは命の危険にさらされている。動物を保護しながら人びとの暮らしを守るにはどうすればいいのかを考える。

 本書は、20年間タンザニアに通い続けている早稲田大学准教授の著者が、タンザニアでの実情をまとめたもの。アフリカ・タンザニアの農民はゾウが大群で押し寄せ、トウモロコシ畑を根こそぎ食べ尽くす被害に苦しんでいるとのこと。原因は欧米諸国が住民を無理矢理追い出してアフリカ最大の「動物保護区」を作ったことで、保護されたアフリカゾウは急増し、自然保護のために先住民の生活が脅かされる事態の実情が書かれています。もともとこの地域は、先住民が約200年の間、農耕や牧畜、狩猟を組み合わせて生活していましたが、1980年頃からアメリカの自然保護団体が「アフリカゾウが絶滅の危機にある」と騒ぎはじめ、ゾウが国立公園から出てきて周辺の村に入り、収穫目前の作物を食い尽くし、踏み荒らすようになった。その回数も被害面積も年年大きくなっています。ところがゾウはこの地域では保護動物とされているため処分することもできず、バケツをたたいて大きな音を出すか、懐中電灯の光を当てて脅かすかしか手段がないとのことで、現地の住民の視点から問題を浮かび上がらせていますが、野生動物との共存の難しさを強く感じた一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:37| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/5)

■ 日報問題、国会に波及=与野党、対立激化

『存在しないとされた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題をめぐり、与野党の対立が5日、激化した。野党は、真相究明に向けて稲田朋美元防衛相ら関係者の国会招致や集中審議の開催を求める方針だが、与党は応じない構え。反発を強める野党が衆院本会議を欠席するなど影響は国会に波及した』って、野党のやってることは職場放棄の

税金泥棒

じゃないか!(怒)

ハッキリ言って、本会議を欠席するような野党議員は必要ないですし、欠席するから法案が可決されるというのに、今度はそれを強行採決だと批判するのだから、野党のレベルがあまりにも低すぎる!

与党に対抗できる代替案こそ出して、政策議論するべきなのに、その代替案も出せず「批判ありき」でしかないとか、野党が糞すぎることこそ一番の問題だ!

■ 【陸自イラク日報問題】立憲民主・辻元清美国対委員長「安倍政権はレッドカード」

『立憲民主党の辻元清美国対委員長は4日、陸上自衛隊がイラク派遣部隊の日報の存在を昨年3月に把握していたにもかかわらず、当時の稲田朋美防衛相に報告していなかったことについて「大臣が知らないでは通用しない。安倍(晋三)政権はレッドカードだ」と批判した』とのことですが、無茶苦茶な論理です。

報告していなかったのは陸自の問題であって、辻元議員の言ってることは完全に言いがかり。(呆)

自身こそが疑惑の総合商社であり、問題の本質を理解しようとすらしないのだから、議員の資格はありません。

■ 聖書のネット販売禁止か=宗教への締め付け強化−中国

『中国のインターネット通販サイトから、聖書が一斉に姿を消した。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、当局が先月末、通販各社に販売禁止を命じたという。中国政府は今月3日、約20年ぶりに発表した宗教政策に関する白書で、共産党による指導への支持を宗教界に求めるなど宗教の「中国化」を要求。販売禁止も締め付け強化の一環とみられる』とありますが、さすがは中国、情報統制は徹底してますね。(呆)

習近平は神様にでもなりたいのか?(呆)
posted by babiru_22 at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする