2018年01月01日

『奮闘するたすく』まはら三桃

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奮闘するたすく [ まはら 三桃 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/1/1時点)




 小学5年生の佑は、おじいちゃんをデイサービスに連れていくことになった。先生はそこで見たこと、聞いたことをレポートにして提出しなさいと言う。佑は介護される人と介護する人、それぞれの気持ちに気づいていき…。

 最近、佑のおじいちゃんの様子がおかしい。自宅の近所で道に迷ったかのように歩いていたり、やかんをコンロにかけっぱなしにしてボヤ騒ぎを起こしたり、お風呂の水が廊下まであふれているのに立ち尽くしていたり……。佑のおじいちゃんは、やはり認知症だった。「行きたくない」としぶるおじいちゃんをなだめすかして、佑はデイサービス(通所介護)に連れて行くことになった。しかも、あまりに強い目力で逆らうことのできない早田先生は、デイサービスで見たこと、聞いたことをレポートして、それを夏休みの自由研究として提出しなさいと、うれしくない提案までしてくれた。友だちの一平と“ケアハウスこもれび”に通うことになった佑は、たくさんのお年寄りたち、介護福祉士の資格を取るためにインドネシアから来たリニさんをはじめとした介護職の人たちとふれ合いながら、介護される人と介護する人、それぞれの気持ちに気づいていく。小学5年生が介護現場をルポ! アクティブ・ラーニングの授業にも使える物語。

 本書は、主人公で小学5年生の男の子である佑(たすく)が、祖父が認知症になり、デイサービスに連れていき、介護現場を子どもの視線で描写した物語。祖父と共に向かったデイサービスで佑は要介護者やスタッフに出会い、友人の一平と共に介護施設に通い、その体験を夏休みの自由研究にすることになった彼は、介護する人、祖父を含めた介護される立場の人それぞれの思いに気づかされます。老人福祉の現実と課題が小学生目線で、わかりやすく表現されていて、特に子供達が高齢者や介護についてを考えることに相応しい一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:30| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(12/31)

■ 3メガ銀が「口座維持手数料」検討へ マイナス金利で苦境、30年度中にも結論

『三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、銀行口座の維持にかかる費用を手数料として預金者から徴収できるか検討を始めたことが30日、分かった。日銀のマイナス金利政策で銀行が利益を出しにくくなったことが最大の要因で、本格導入は国内銀行で初めて。平成30年度中にも結論を出す考えだ』とありますが、これを本当に実施するならば、

顧客離れ

が確実で、若い世代の人達の多くはネット銀行へ、それ以外の人も他銀行へ口座をそっくりそのまま移すでしょう。

それだけ銀行の維持費がかかるということなのでしょうが、これはマイナス金利の影響でしょうね。。。

■ 岡田・野田氏ら焦り、野党の「接着剤」になれず

『民進党の岡田克也・元代表や野田前首相ら、民主党政権時代に要職を担った「第2世代」が、焦りを募らせている。岡田氏らは民進から分裂した立憲民主党、希望の党に再結集を提唱しているが、中堅・若手が台頭する希望や、参院議員が主体の民進には、ベテランの岡田氏らに対する拒否反応が強く、存在感を示すきっかけが見えないためだ』とのことですが、自分達が今までやってきたツケですね。。。

再結集をしたいならば、方向性のある政策を出すべきなのに、それすらできないのだから、これでは存在感どころか、存在する意味もないのでは?

■ 近所からの苦情で「除夜の鐘」を自粛する寺も…「伝統文化」と「人権」が衝突

『大晦日の伝統的な行事の一つ「除夜の鐘」。ゴーンと鳴り響く鐘の音を聞くと、「今年も終わったなあ」と感じる人も少なくないだろう。ところが近年、近隣住民の苦情から、「除夜の鐘」を中止せざるをえなくなった寺もある』とありますが、去年も同様のニュースがありましたが、世知辛い世の中ですね。。。

これって、都市部での待機児童問題にも通じることですが、反対する意見を否定するわけではありませんが、両者による話し合いの場も設けられず、自分の意見だけを通そうとするから、問題解決に至らず、いつまでも問題先送りとなって、当事者が一番被害を受けるというだと思います。

意見を主張したいのは分かりますが、主張したいならば、相手の意見も聞いて、しっかりと汲み取っての意見交換をするべきで、建設的議論すらできないのであれば、問題は今後も解決しませんから、双方で思いやりを持つべきなんですけどね。。。
posted by babiru_22 at 07:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年あけましておめでとうございます 新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、当ブログに沢山のアクセスをしていただき、誠にありがとうございました。

昨年も、慌しく気忙しい年でもありましたが、読書を中心に、今年もマイペースで、ブログを書いていきますので、引き続き、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by babiru_22 at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

昨日の出来事(12/30)

■ 【沖縄2紙が報じないニュース】我那覇真子さんFM番組 あわや打ち切りに「左翼の言論弾圧に屈しない」

『沖縄県紙「琉球新報」「沖縄タイムス」の偏向報道を糾弾している専門チャンネルキャスター、我那覇真子さんの発言を封じ込める動きが県内でエスカレートしてきた。我那覇さんが県内のコミュニティーFM5局で制作、放送する番組「沖縄防衛情報局」について、5局のうちの1局が「内容が改善されない場合には年内に打ち切る」と文書で通告していたのだ。背後には番組つぶしを画策する地元紙の圧力も見え隠れし、我那覇さんは「左翼勢力による言論弾圧には屈しない」と断固戦い続ける』とのことですが、こうした団体での圧力で潰しにかかるのは心底怒りを感じる!

例え意見が違おうと、相手を尊重することが大切なのに、自分達のエゴ主張だけを押し付けるとか、裏で画策するとか、断じて

許せん!

( ̄へ  ̄ 凸

■ 年明けにも弾道ミサイル? 北朝鮮に発射の兆候

『CNNは29日、アメリカ政府高官の話として、北朝鮮が弾道ミサイル発射に向けて動いている恐れがあると伝えました。時期は年明けの1月1日以降だとしています。最近の動きから今回は人工衛星の打ち上げではなく、ミサイル実験の兆候がみられるということです』って、いくら陸地狙いでないにしても、いいかげんにしろ!と言いたい。

師走のこの時期に何をやっているんだか。。。(呆)

■ ひきこもり29年目 親子の孤立「このままでは共倒れ」

『平成とは、家族の姿が静かに、だが劇的に変わった時代だった。ひきこもる中高年の子どもを支え、老後を迎えても保護者の役割からおりられない。いま、そんな高齢の親たちが増えている。人生100年時代の新たな家族危機だ』とありますが、ひきこもりになるには、それぞれに様々な理由があるでしょう。

ただメディアは問題視しませんが、ひきこもりは、親がひきこもりを放置して、その環境に慣れさせてしまい、ひきこもってる本人よりも、親が無関心に放置してきたことこそ追求するべきだと思います。

子どもが社会に巣立つ環境を整えるのも、親の役目。

だから、親の役目を放棄していたからこそ、ひきこもりを許してきたように思えます。

こうした問題は、片方だけを取り上げることが多いですが、原因には結果の法則があり、子ども側だけでなく、親の責任や問題こそ取り上げるべきとも思います。

記事には、元高校教師のケースが書かれていますが、実家に戻った時点で、親子でしっかりと話し合いをし、今後について親子で納得し合うだけのことをやったのか?とも言いたい。

人様の家庭のことですから、第三者がとやかく言うべきではないでしょうが、こういう記事を見ると、違和感と家族間の愛情不足(間違った愛情)を感じます。。。
posted by babiru_22 at 05:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

『ブルーローズは眠らない』市川憂人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルーローズは眠らない [ 市川憂人 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)




 バラの蔓で覆われた温室。密室内に残されたのは、切断された首、血文字、縛られた生存者。不可能と言われた青いバラをめぐる連続殺人の謎とは…。「ジェリーフィッシュは凍らない」に続くシリーズ第2弾。

 両親の虐待に耐えかね逃亡した少年エリックは、遺伝子研究を行うテニエル博士の一家に保護される。彼は助手として暮らし始めるが、屋敷内に潜む「実験体七十二号」の不気味な影に怯えていた。一方、〈ジェリーフィッシュ〉事件後、閑職に回されたマリアと漣は、P署の刑事ドミニクから依頼を受ける。幻の青いバラを同時期に開発した、テニエル博士とクリーヴランド牧師を調査してほしいと。しかし両者への面談直後、温室内で切断された首が発見される。バラの蔓が扉と窓を覆い、密室状態の温室には縛られた生存者と「実験体七十二号がお前を見ている」という血文字も残されていた。年末ミステリベストに全てランクインした、『ジェリーフィッシュは凍らない』に続くシリーズ第2弾!

 本書は、現在と過去のパラレルワールドを舞台とした『ジェリーフィッシュは凍らない』に続くシリーズ第2弾。前作の印象が強かったですが、設定がしっかりしていて、本格ミステリとして楽しめました。シリーズとしての時代設定も良かったですし、構図の逆転は読み応えがありました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:53| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(12/29)

■ JASRAC、教室の反発を批判 理事長「誰が考えてもおかしい」

『日本音楽著作権協会(JASRAC、東京)が全国の音楽教室に著作権使用料の支払いを求め、教室側が反発している問題で、JASRACの浅石道夫理事長(66)が29日までに取材に応じ「教室は営利事業。利益は取った上で権利者の利益はゼロにしろという主張は誰が考えてもおかしい」と批判した』とありますが、おかしいのは、どう考えてもJASRACで、音楽教室で使う楽譜にはすでに著作権料が支払われているのだから、二重取りしようとするとか断じて許せん!

音楽の普及と振興のための音楽教室から、金だけふんだくろうとか、官僚からの天下りが多いのか何なのかしらんが、ゴネ得狙いは断じて許せん! (怒)

( ̄へ  ̄ 凸

■ 所有者不明の土地、活用へ新制度 収用法に特例、簡略化

『所有者不明の土地が増加し経済損失が膨らんでいる事態を解決するため、政府が平成30年度にもスタートさせる新制度の概要が28日、判明した。行政が民有地を必要に応じ収用できる土地収用法に特例を設けるほか、土地財産の管理に関連する市町村長の権限を強めるなどして、土地活用に向けた手続きが迅速にできるようにする』とのことですが、これは全国の地方自治体でも早急に対応すべき問題。

ただし、ただ活用するのではなく、将来の明確なビションを作り、未来のまちづくり計画で活かしてこそ!

地方の自治体はコンパクトシティ化計画を立てなければ、衰退する他ありません。

この真剣な取り組みこそが地方に求められます。

■ 慰安婦合意:文大統領が事実上合意を白紙化、「第3の案」を模索 文大統領「慰安婦問題、この合意では解決できない」

『文大統領が発表した声明文は、事実上、合意を白紙化するという内容だ。しかし、外交消息筋は「韓日慰安婦合意がもたらす外交的影響を考慮し、合意破棄や再交渉要求は正式にはしないだろう」として、政府が「第3の案」を模索していることを示唆した』とありますが、白紙化や第3の案と言ってること自体が、破棄じゃないか!

合意を反故にすること自体が、破棄であるというのに、そんな当たり前のことすら分からないのが大統領って、話にすらなりません。(呆)
posted by babiru_22 at 04:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

『100億人のヨリコさん』似鳥 鶏

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100億人のヨリコさん [ 似鳥鶏 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/12/29時点)




 個性的すぎる学生たちが住むという、某大学キャンパスの奥の奥にある「富穣寮」。そこには、血まみれの女性「ヨリコさん」が天井や窓の外に出現するという噂がある。寮生たちは、ヨリコさん出現の謎に挑むが…。

 極貧学生寮の寮生たちが世界破滅の危機に挑む!……嘘みたいですが、ホントにそういうお話です。某大学キャンパスの奥の奥、深く大きな池と農学部演習林に挟まれた未開のエリアにあると噂される「富穰(ふじょう)寮」。個性的すぎる学生その他(?)が住むという。緑色のキノコや医療用のアルコールをはじめ、奇妙な食材を取りそろえ、夜な夜な宴会が開かれているという。血まみれの女性が天井や窓の外に出現するという。その女性の名は、ヨリコさんだという。……あくまで噂。しかして、その実態は!?

 物語は、個性的な大学の学生寮が舞台の、学生寮での怪奇現象を描いた、ちょっと笑えるものの怖いサスペンス小説。オンボロ学生寮に出没するオバケの「ヨリコさん」を中心としたホラーサスペンスですが、独特の世界観と怒涛の展開は面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:52| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(12/28)

■ 【日韓合意検証発表】文在寅大統領「この合意で慰安婦問題は解決できない」 政府に新たな対策指示

『韓国の文在寅大統領は28日、慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意に対し、韓国外相直属の作業部会が27日に発表した検証結果を受け、「政府間の公の約束であっても、大統領として、この合意で慰安婦問題が解決できないことを改めて明確にする」と表明した』とありますが、あえて一言。

自分のケツは

自分で拭け!

( ̄へ  ̄ 凸

■ 日本政府、韓国に抗議「日韓合意維持以外、選択肢ない」

『慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった2015年の日韓合意について、韓国の文在寅大統領が「この合意では慰安婦問題は解決されない」との声明を出したことを受け、日本政府は28日、韓国政府に抗議した』とのことで、抗議は当然ではありますが、日本政府も温い対応しかしてこなかったという問題点もあります。

というか、ここまで言われているのだから、むしろ合意破棄についても強気で求めてもいいはずだ!

■ 「首相の平昌五輪出席は難しい」と政府筋

『政府筋「首相の平昌五輪出席は難しい」。日韓合意で慰安婦問題を解決できないとした韓国大統領発言を受けて』とありますが、この対応も当然のこと。

本来オリンピックには政治は持ち込むべきではありませんが、国際的な約束すら守れない相手ですから、出席すべきではありません。

■ 蓮舫氏が立憲入り=「二重党籍」に民進反発

『立憲民主党は28日、持ち回り役員会で、元民進党代表の蓮舫参院議員の入党を承認した。立憲の参院議員は計6人となった。民進党は年明けに蓮舫氏の離党届の扱いを決めることにしており、同氏は当面、「二重党籍」状態となる』って、どんだけ二重が好きなんだか。。。(呆)

モラルの低い連中の集まるところなんでしょうね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 05:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

『日常学事始』荻原魚雷

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日常学事始 [ 荻原魚雷 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/12/28時点)




 ここちよい日常って何だろう? 東京・高円寺暮らしのライターが自らの経験をもとに、衣食住のちょっとしたコツとたのしみを綴る。『WEB本の雑誌』『本の雑誌』掲載に書下ろしを加えて単行本化。

 ここちよい日常って何だろう? 東京・高円寺暮らしのライターが自らの経験をもとに綴る、衣食住のちょっとしたコツとたのしみ。怠け者のための快適生活コラム集。豆腐を使う「かさ増しレシピ」、賞味期限と食品の保存法あれこれ、洗濯ネットの効用、換気と健康の深い関係、日当たり優先の部屋選び…ひとり暮らしの若者たちに伝えたい衣食住のABC。お金はないけど、無理せずのんびり生きていく。

 本書は、著者の一人暮らし時代の経験に基づいた節約料理や生活の工夫、失敗談、アドバイスなどをまとめたコラム集。日常生活が淡々と書かれていて、学生時代の一人暮らしを思い出しましたが、緩い内容も良かったです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 19:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(12/27)

■ 企業風土の問題、残していないか JR西に問われる責任

『JR西はまだ、企業風土に問題を残してはいないか。井手氏ら当時の幹部やJR西には、裁判が終わったからこそ率直に語れることもあるはずだ。直接の対話などを通じて企業風土を改めて見直し、安全性の向上につなげる方法を模索すべきではないだろうか』って、企業風土の問題を残し続けているのが朝日新聞社ですが、他社へは徹底批判をし、自分達のことは知らぬ存ぜぬとか、

お前が言うな

と言いたい!

■ 蓮舫氏、立民入党へ 山尾氏ら4人承認 野党第1党に

『民進党の蓮舫元代表(参院東京選挙区)は二十六日、離党届を党本部に提出した後、立憲民主党に入党を申し入れた』とのことですが、分かりやすい構図ですね。。。

もう党名を「一見民主党」にでもするべきですが、看板だけ挿げ替えての詐欺をやる気満々というところでしょうか。。。

■ レオパレスの詐欺ビジネスVS社長を詰問するガイアの夜明け

『レオパレスが非常に悪どい方法で契約者を騙し、詐欺に手を染めていたと告発された。ガイアの夜明けがその悪質な手口を公開し、社内メールまで放送した』とありますが、これは氷山の一角で、同様のようにアパート経営を勧めて、アパートの乱立をしているところはあるんですよね……。

マスコミは、レオパレスだけでなく、大■建託にもメスを入れるべきですが、勇気のあるジャーナリストはいないのだろうか?
posted by babiru_22 at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする