2019年03月30日

昨日の出来事(3/29)

■ 中高年ひきこもり、推計61万3千人…内閣府

『40〜64歳の中高年でひきこもりになっている人が、推計で全国に約61万3000人いることが、内閣府が初めて実施した調査で明らかになった。過去の調査は40歳未満に限られていたが、ひきこもり期間の長期化などで、親の高齢化とともに家族が社会から孤立するケースが問題化している』とのことで、社会問題としていますが、言葉は悪いですが、ひきこもりは

自己責任

でもあり、その環境を許している家庭の問題。

他人の生活には口を出す資格もありませんが、それで生活できているならいいでしょうが、様々な後処理などは自分達でさせるべきで、予算を使ってどうこうする問題ではありません。

■ 文大統領、日本企業関係者に「経済交流と政治は別に見るべき」

『文在寅(ムン・ジェイン)大統領が28日、ソウルジャパンクラブの森山朋之理事長に「経済的交流は政治とは別に見るべき」とし「すでに両国を行き来する人は年間1000万人にのぼる。このような人的交流が民間領域に拡大し、企業間の経済交流が活発になることを望む」と述べた』とありますが、都合良すぎですね。。。(呆)

しかも自分達の都合で政治問題にわざわざしているのだから、このような信用ならない相手国とは一定の距離を置くべきです。

■ “北”の船に物資積み替え 防衛省が「瀬取り」写真公開

『政府は、東シナ海の公海上で、北朝鮮の船籍に物資を積み替える、いわゆる「瀬取り」が行われた疑いがあるとして、その写真を公開し、国連に通報した』とのことですが、さて相手国はどこかな?

ただし国連は何の役にも立たないので、国連に通報するよりもアメリカと同盟国に連絡すべきです。
posted by babiru_22 at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

『これ、いったいどうやったら売れるんですか?』永井孝尚




 人はベンツを買った後にどうしてベンツの広告を見てしまうのか。なぜセブンの隣にセブンがあるのか。女性の太った財布には、何が入っているのか。身近な事例でマーケティングの基礎知識が学べる8つの物語を収録する。

 なぜ「あれ」は売れるのに「これ」は売れないのか。マーケティングは、勉強したいと思いつつ、つい後回しになりがちです。そこで本書は、身近な事例でマーケティングが学べる、8つの物語を収録しました。モノを売る仕事をする人にとって、マーケティングの知識は必須です。この1冊から、マーケティングに親しめば、きっと明日からあなたの売り方が変わるはずです。

 本書は、誰もが知る企業やサービスの実例をもとに、分かりやすくマーケティングについてをまとめた一冊。マーケティング入門書としても相応しい内容で、単にモノを売るというためではなく、どのような価値を提供できるかを、身近な例を挙げて説明しているため、面白く読めるマーケティング本です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/28)

■ 首相、消費増税先送り「リスク大きい」 景気悪化なら経済対策

『安倍晋三首相は27日、10月に予定する消費税率10%への引き上げに覚悟を示した。2兆円の消費増税対策を盛った2019年度予算の成立は増税延期をしにくくなったことを意味する。足元の景気は減速感が出ている。半面、政府内にはリーマン・ショックのような危機でなければ経済対策で乗り切るべきだとの意見が広がっている』とありますが、リスクは消費税引き上げの方が遥かに高いでしょうが!

増税で

景気悪化

が繰り返されているというのに、財務省に言いなりにしかできないとか、一番の経済対策は減税だ!(怒)

■ 「ヴは勉強しても発音の違いが分かりにくい」外相

『外務省が外国の国名を表記する際に使っているカタカナの「ウ」に濁点をつける「ヴ」の表記を変更する法案の審議が参議院で行われ、河野外務大臣は発音のしやすさなどを優先して表記の見直しを判断したと説明しました』とのことですが、わざわざ変更するものですか?

例えば、バとヴァは発音自体が違いますし、いくら外国の国名表記とはいえ、そのままの方が分かりやすいと思いますが。。。

■ あっさり予算成立 野党苦しんだ“3つのポイント”

『去年の通常国会で森友問題を追及した時に麻生財務大臣の辞任などを求めて野党は審議拒否をしましたが、これが「18連休」などと批判を浴びました。そのトラウマから審議拒否をやりづらくなり、抵抗の手段を失ったということが一つあります』って、自分達で勝手に仕事放棄して休んだのだから、それはトラウマとは言わないでしょうよ。。。

全て自分達の問題であり責任なのに、その問題に向き合わないのだから、仕事をしないなら国会議員である資格すらありませんが。。。(呆)
posted by babiru_22 at 05:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

『このゴミは収集できません』滝沢秀一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/3/28時点)




 収入格差の原因はゴミでわかる! 家を買う前にゴミ集積所を見よ! ゴミ清掃員として働いてきたお笑い芸人が、6年間の日々の中で感じたことや、驚きの出来事をまとめる。

 定収入を得るためにゴミ清掃員を始めたお笑い芸人、マシンガンズ・滝沢秀一の人気ツイートが、イラストや書き下ろしのエッセイを大幅に加えて、待望の書籍化! ゴミから見る格差社会や、ゴミ清掃員おすすめの物件、ゴミ清掃業界のとび抜けた人材など、読めば、あなたのゴミに対する意識が変わるかも!? 読めて楽しめ、誰かに教えたくなる一冊です。

 本書は、お笑い芸人でもある著者が、生活の為に始めたゴミ清掃員として感じた日常をエッセイとしてまとめたもの。お笑い芸人らしく笑いも交えていますが、ゴミについての問題提起が多く書かれており、不法投棄問題やゴミの軽量化についてなど、ゴミ清掃員としての切実な訴えが伝わります。そしてゴミの向こうから見える人々の暮らしぶりなど、興味深い内容が多かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:15| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/27)

■ 安倍首相・天皇の謝罪また要求=慰安婦問題で韓国議長

『韓国の文喜相国会議長は27日付の韓国紙ハンギョレ新聞に掲載されたインタビューで、慰安婦問題について「誠意ある謝罪が一番重要だ。安倍(晋三)首相、または、日本を象徴する国王(天皇)が慰安婦のおばあさん(元慰安婦)に『申し訳ない』と一言言えば、根本的な問題が解決される」と述べた』とありますが、そもそも謝罪の必要はありませんし、

解決済み

の問題を蒸し返すのなら、全額キッチリ日本に返して、日韓基本条約こそ破棄せよ!

それすらできないで、何を言っているんだか。。。(呆)

■ 沖縄県、辺野古代替案検討へ 玉城知事、翁長路線を転換

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、沖縄県の玉城デニー知事は、新年度から辺野古移設に代わる案の検討を始める。県政課題に関する諮問会議の中で、政府OBら専門家に協議してもらう。「代替案は政府が考えるもの」としていた前県政の方針を転換する』とのことですが、日米共に納得できる代替案をどうぞ出して下さい。

そもそも代替案すら出さずに批判するのは、単なるエゴでしかありませんし、それならば助成金の受け取りも拒否して下さい。

■ 民放連、AMラジオ廃止を要望 23年めどに実証実験も

『総務省は27日、地域放送局の経営基盤強化などを議論する有識者会議を開いた。民放連がラジオ放送の在り方に関し、2028年までに費用がかさむAMを廃止しFM放送に転換できるようにする制度改正を要望。23年をめどに一部地域でAMを停波する実証実験を可能にする措置も求めた』とありますが、災害時の停電や緊急地震速報などでAMラジオは残しておくべきだと思うのですが。。。

災害対策を考えると、むしろAMこそ残すべきです。
posted by babiru_22 at 06:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

『血統と系統と伝統。』増田知之

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

血統と系統と伝統。 [ 増田知之 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/3/27時点)




 タイプの異なるふたりの人物が世に出した競馬成績書とサラブレッド血統登録書。書物の歴史と、18世紀英国の競馬の実情を明らかにしながら、近代競馬とサラブレッドが誕生してゆく様を語る。

 本書は、競馬発祥の地・イギリスで近代競馬とサラブレッドがどのように誕生してきたのかを、18世紀創刊の2冊の書物『レーシングカレンダー』『ジェネラル・スタッドブック』から紐解いたもので、レース体系・斤量・血統・成績など、競馬が競馬であるために必要な「競走結果の記録」、「競走馬の血統」から競馬の始まりを考えたもの。ハンデや血統に関する考え方など、今の競馬に通じる充実した内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:10| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/26)

■ 首相「景気回復実感ない人も」 参院予算委、アベノミクス巡り

『安倍晋三首相は25日の参院予算委員会で、経済政策「アベノミクス」により、全国で景気が回復していると成果を強調する一方「景気回復を実感できない人がたくさんいることも承知している」と述べた』とありますが、それならば

増税廃止

すべきです。

実感できていない人がたくさんいるということは、景気回復しているとはいえませんし、この状況下での消費税引き上げは経済に大打撃を受けるだけに、増税よりも減税対策をして、景気回復を最優先するべきです。

■ 日本のベトナム人不法残留者数1万1131人で過去最高、中国抜き国籍別2位に

『日本の法務省入国管理局が発表した2019年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万1131人で初めて1万人を超え、2018年1月1日時点の6760人と比べて+64.7%(+4371人)増加し、過去最高となった』とのことですが、これらは氷山の一角なのでしょうね。。。

あくまで法務省入国管理局が把握できた人数だけでしょうが、国籍を問わず不法滞在はどんな事情があろうとも一律で強制送還するべきです。

■ 困窮、食べる物買えない…/小5、中2世帯の13%「困窮家庭」、青森県が初調査/進学や受診に影響も

『困窮家庭では生活面で、過去1年間に金銭的理由で食料品を買えなかった(時々、まれにを含む)と答えた世帯が約7割あった。同様に、子どもを医療機関に受診させる必要性を感じながらもできなかった世帯が約3割あった』とありますが、基本的に子どもの医療費は自治体で負担しているところが多く、低所得者対策を取っている自治体が殆どですから、この受信できなかったというのは、単なる親の怠慢。

更に食料品を買えなかったというなら、生活費の明細をぜひ見せてほしいものですが、確かに生活に困窮している家庭はあるでしょうが、この困窮家庭とそうでない家庭との線引きって、どこなんですかね?
posted by babiru_22 at 05:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

『銀翼のアルチザン 中島飛行機技師長・小山悌物語』長島芳明




 中島飛行機のエース技師として、「隼」「疾風」など名戦闘機の設計を手掛けた小山悌。終戦間際は極秘計画「富嶽」に取り組んでいた。小山が富嶽に込めた願いとは? 事実をもとに物語として構成したノンフィクション・ノベル。

 本書は、離陸速度、最高速度、旋回、急降下等、その性能の高さは世界の中でも群を抜き、第二次世界大戦中、米国軍に「悪魔の機体」と名付けられた「疾風」を世に生み出した中島飛行機と、そこで生きた人間の物語。現スバルの前進「中島飛行機」の当時の社風や、パイロットの命を重視した上で技術的課題を乗り越えようとしていた技術者達の矜持ぶりには感動を覚えます。「零戦」に関しては様々な資料や書籍がありますが、一方で、実は米軍がもっとも脅威に感じた「疾風」に関することはほとんど知られておらず、設計者の小山悌氏を中心に見事に物語として構成しています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/25)

■ 麻生氏、札幌を「奥地」と表現=野党議員批判−参院予算委

『麻生太郎財務相が25日午前の参院予算委員会で、JR北海道に対する国の財政支援をめぐる質疑の中で、札幌市を「奥地」と表現する場面があった。質問した国民民主党の徳永エリ氏(北海道選出)は「適切ではない」と批判。北海道内で反発を呼ぶ可能性もある』とありますが、野党批判があまりにも

くだらない!

別に軽視した発言とも思いませんし、道民の一人として何が問題なのかすら分かりません。。。

■ 北海道知事選 鈴木氏が先行 与野党一騎打ち

『毎日新聞は23、24両日、統一地方選前半戦で、与野党全面対決の構図となった北海道知事選について電話による調査を実施し、取材を加味して中盤情勢を分析した。16年ぶりの新人対決は前夕張市長の鈴木直道氏(38)=自民、公明推薦=が先行し、元衆院議員の石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、自由、社民推薦=が追う展開となっている。30%が投票先を「まだ決めていない」と回答しており、残り2週間で情勢が変わる可能性もある』とありますが、マスコミは与野党の構図に持っていきたいのでしょうね。。。

様々な思惑があるでしょうが、ある程度、道政を考える人なら投票先は一つしかないと思いますが。。。

■ 大韓航空労組、厚労省課長の暴力で改めて謝罪と賠償要求

『声明は、被害を受けた組合員に対して、武田氏の謝罪と賠償を改めて求めた。応じない場合、公務員資格の剥奪につながる実力行動に出ると主張。「そのような事態にならないよう協力を求める」とした。労組関係者は25日、朝日新聞の取材に、要請書を厚労省と日本大使館に送ったと説明。今週中に具体的な対応がない場合、同省や日本大使館前で抗議集会を開くことも検討するとした』とのことですが、個人に対して謝罪を求めるのはいいでしょうが、なんで国家間の揉め事にしたいんだ?

組合が出てくるとか、日本大使館前での抗議集会とか、これでは脅しでしかなく、理解不能です。。。(呆)
posted by babiru_22 at 06:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

『一冊でまるわかり 戦略的「地方創生」入門』片寄裕市




 北海道・長万部町はいかにして再生への道を歩み始めたのか? 「実践」と「学究」の両面から経営に携わった著者が、地方経済の実態から再生を実現するための戦略までを徹底解説。地方創生の理想と現実を明らかにする。

 2014年の「地方消滅論」に端を発し、にわかに聞かれることが多くなった「地方創生」の話題。「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が2014年12月27日に閣議決定され、地方自治体においても、国が策定した「総合戦略」等を勘案して、「地方版総合戦略」等を策定して実行に努めることとなった。そうして始まった様々な自治体のプロジェクトは3年目に突入しているが、成功している例は数少ないという。実際、2016年6月にNHKが、内閣が先進的と紹介する75の事業を調査したところ、目標を達成している事業は4割にも満たないことがわかった。著者は投資ファンドにて多くの金融ビジネスと経営の経験を積み、北海道長万部町の地方創生プロジェクトを率いることとなった。プロジェクトは4年目にして事業黒字化、多数の雇用創出を成し遂げ、実際に長万部の再生に大きく貢献している。そんな著者が自らの知識と経験をもとに、地方創生について「今さら聞けない基本から成功の秘訣」まで明かす一冊。

 本書は、地方創生に向けた、東京理科大学×北海道長万部町のプロジェクトの再生までの記録と、成功の秘訣を明らかにしたもの。長万部町でミニトマト栽培を統括する現地法人「北海道おしゃまんべ」の代表理事でもある著者が、ミニトマト栽培からの地方創生についての戦略、地域で稼ぐ方策の提案が書かれ、糖度と栄養価が高く、付加価値が見込めるミニトマトの栽培と販売の経緯が紹介されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:45| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする