2018年10月01日

『サハラの薔薇』下村敦史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サハラの薔薇 [ 下村 敦史 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/10/1時点)

楽天で購入



 研究のため、自らの手を汚した考古学者は、航空機の墜落により、砂漠横断を余儀なくされる。危険を内包したパーティに、さらに襲い来る困難の数々。やがて一行は分裂し…。『文芸カドカワ』掲載に加筆し単行本化。

 エジプト発掘調査のハイライト、王家の墓に埋葬されていた石棺の中にあったのは、死後数ヵ月のミイラ状死体だった! そして、考古学者の峰は何者かの襲撃を受ける。危うく難を逃れたが講演先のパリへ向かう飛行機が砂漠に墜落し、徒歩でオアシスを目指すことになった。同行者は美貌のベリーダンサー・シャリファ、粗暴で残酷なアフマド。何かを思い詰めている技術者の永井、飛行機オタクのエリック、不気味な呪術師。誰もが謎を抱え、次々と危険なカードを切ってくる…やがて一行は分裂し、巻き込まれた戦闘の中で峰は、永井の過去と真実の使命を知る。果たして「サハラの薔薇」とは何なのか。それが未来にもたらすものは!?

 物語は、サハラ砂漠を舞台としたサバイバルサスペンスで、設定と展開の面白さに前半はドハマりして一気に読みましたが、後半から展開が脱線したのが非常に残念。砂漠でのサバイバルと登場人物それぞれの思惑はとても面白かったものの、核廃棄物問題へ繋げず冒険小説として押し切った方が良かったようには思いました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:18| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

昨日の出来事(9/29)

■ 「旭日旗」掲揚自粛、日本は断固拒否 海自「要請は非常識」

『防衛省・自衛隊は、韓国側が求める自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を断固拒否する構えだ。軍艦旗に当たる自衛艦旗の掲揚は、軍艦と民間船を区別するために課せられた国際ルールで、韓国側の要請は「非常識」(海上自衛隊幹部)と指摘せざるを得ないからだ』とのことですが、これは

当然の対応

です。

記事にも書かれているように、韓国側の要請は国際的上、非常識な要請であり、こうした韓国の非常識極まりない要請こそ、世界に対してアピールすべきです。

■ 演壇で喉あめ、出席停止=「子連れ市議」に−熊本市議会

『緒方氏は退席後、記者団に「飲食ではなく喉のケア。議会の品位を損ねたと思っていない」と話した。同氏をめぐっては昨年11月、当時生後7カ月の長男を抱いて本会議に出ようとして押し問答になる騒動があった』とありますが、よくこれで市議会議員を務めているとも思いますし、ハッキリ言って議員の資質すらありません。

喉のケアというのであれば、喉スプレーでも対処できますし、喉アメを口に入れていたとしても、質疑の際にはアメを口から出すべき。

炎上で自らをアピールしたいのか何なのかは分かりませんが、自分でできることすらせずに、他人に責任転嫁とか、こういう非常識議員こそリコールすべきだと思います。

■ 汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発

『基準値を超えた原因について、東電は、2013年度に起きたALPSの不具合で、処理しきれなかった高濃度の汚染水がそのまま保管されていることや、処理量を優先し、放射性物質を取り除く吸着材の交換が遅れたことなどを挙げている。今後、吸着材の交換時期を見直すなど対応を検討するという。ただ、今後も基準値超えの放射性物質が検出される可能性は否定できないと認めた』とのことですが、東電の対応には明らかに問題があります。

対応の検討などということではなく、即座に対処することを行うのみです。
posted by babiru_22 at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

『死の島』小池真理子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死の島 [ 小池 真理子 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/9/29時点)

楽天で購入



 定年後、小説講座で教えながら独り暮らす、澤登志夫。プライド高く生きてきた男が不治の病に侵され、余命を知った時、死をどう迎えるか…。現代をゆさぶる傑作長編。『オール讀物』掲載を単行本化。

 文藝編集者として出版社に勤務し、定年を迎えたあとはカルチャースクールで小説を教えていた澤登志男。女性問題で離婚後は独り暮らしを続けているが、腎臓癌に侵され余命いくばくもないことを知る。人生の終幕について準備を始める中、講師として彼を崇拝する若い女・樹里は自分の抱える闇を澤に伝えにきたが…。激情に没入した恋愛、胸をえぐるような痛恨の思いを秘めて皮肉に笑い続けた日々。エネルギーにあふれた時代を過ぎて、独りで暮らし、独りで死ぬという生き方は、テレビで繰り返し言われるような「痛ましく、さびしい」ことなのか。ろくでもない家族でも、いさえすれば、病院の付き添いや事務処理上の頼みごとができて便利なのだろうか。生きているうちから、人様に迷惑をかけないで孤独でない死を迎えるために必死に手を打ち備えることは、残り少ない時間を使ってするようなことだろうか。プライド高く、理性的なひとりの男が、自分らしい「死」の道を選び取るまでの内面が、率直にリアルに描きつくされる。人生の幕引きをどうするか。深い問いかけと衝撃を与えてくれる小池真理子の真骨頂。『沈黙のひと』と並ぶ感動作。

 物語は、末期癌の宣告を受けた男の人生を描いた作品。末期癌と死をテーマに描いているだけに、重くなりがちなテーマではあったものの、その死生観がどうも中途半端に描かれていて、読み物としてはそれなりに楽しめたものの、尊厳死に結びつける展開は大きな疑問を感じました。心理描写は良かったものの、個人的にはイマイチです。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 17:27| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/28)

■ 文大統領「慰安婦の被害を直接経験」国連で演説

『文在寅大統領は26日、国連総会の一般討論演説で、「我が国は『日本軍慰安婦』の被害を直接経験した」と発言した』とありますが、完全なる

合意違反

ですから、日本政府は断交の意思表明をすべきで、国と国同士の約束同意すら無視するのですから、韓国に対しては制裁措置も行うべきだ!(怒)

■ 韓国海軍「海上自衛隊旗揚げないで」 観艦式で間接要請

『報道官は「海軍は旭日旗に対する国民の憂慮を解消するために努力している」とも説明。日本の海上自衛隊に対し、自衛艦旗を使わないよう間接的に要請した形だ』とのことですが、自衛隊旗にはいちゃもんつけて、なんで朝日新聞社の社旗は批判しないんだか。。。(呆)

海軍に対して海軍旗を掲げるなという要請がどういうことを意味するのか韓国は全く理解しておらず、また理解しようとすらしていませんが、身勝手は許すべきではありません。

■ 勝間和代氏、LGBT割合は「佐藤、田中、鈴木、高橋を合わせたより多い」

『経済評論家の勝間和代氏が28日、NHK「あさイチ」に生出演。5月に同性との交際を公表したが、その事を聞かれると目に涙を浮かべながら、LGBTの人の割合を分かりやすい例えで表し、「多くの人と同等の権利が欲しいといっているだけ」と訴えた』とありますが、同等の権利って何なのでしょう?

LGBTであろうとなかろうと、人権としては認めるべきですし、いわゆる差別すべきではありませんが、他人の主観はそれぞれ自由でもありますし、権利の主張だけするのはいかがなものかと思います。

権利を主張するのであれば、その権利についてを説明すべきなのに、説明すらせずに権利を求めるというのは、一種のエゴであり、権利は同等のはずで、価値観の押し付けをすることには断固反対です!
posted by babiru_22 at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

『壊れた世界で“グッドライフ”を探して』マーク・サンディーン




 ミニマルライフやシンプルな生活は、現状に対する不服従の実践だ…。人類の食欲が地球の資源を上回るようになった現代で、食とエネルギーを自給自足するシンプルな暮らしを実践する3家族を紹介する。

 シンプルな生き方は簡単じゃない。シンプルですらない。格差を生み出し続ける資本主義と、搾取や地球環境への負荷を生み出す行き過ぎた消費社会から積極的に抜け出し、ローカルやコミュニティの価値を重視する、倫理的で自由な生き方は本当に可能なのか!? 『スエロは洞窟で暮らすことにした』の著者最新作。

 本書は、資本主義社会から離れて共同生活を送る3家族を紹介したノンフィクションですが、環境破壊や気候変動など、地球上の様々な問題を考えて行動しようとしている姿勢は認めますが、気持ちのストイック差は理解できるものの、個人的には中途半端に見える部分が多かったのが残念です。日本でも、環境問題について訴える人も多いですが、その割には車を使い、化石燃料や電気を使い、化繊の衣類を使い、医療制度を利用していますが、問題提起をするのであれば、山奥で自然環境で、電気もガスもない石油もない生活を自ら率先して訴えるのであるなら、行動と言動が伴いますから、絶対的に認めますが、それが中途半端な人たちが多すぎるのが残念にも思っていますが、本書の生活ぶりも中途半端だったことが残念です。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 15:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/27)

■ むずかしすぎる!五輪大会ボランティア応募フォーム

『多少、辛口な評価だが、8万人集めなければならない無料ボランティアの応募フォームだ。筆者の応募フォームに30分どころか、約半日費やしたことを考えると、1日も早く改善されなければならない。それでないとボランティアは集められない。また、この応募フォームが、天下の広告代理店の電通さんの仕事だったとしたら始末書ものだろう。営業担当は頭を丸めてすぐに謝罪にいくべきだ。いや、そんな暇があればこのフォームのエラーを見直すべきだ!』とありますが、どこの世界に応募フォームで半日も費やすものがあるんだか。。。(呆)

エラーメッセージばかりで質問項目すら読めない、トラップだらけの応募フォーム、誕生年を入力するのに57回もクリック……とか、

アホすぎ!

電通が下請けに回してのやっつけ仕事なのでしょうが、クソすぎて話にもなりませんね。。。(呆)

■ 関税含む日米交渉開始で合意 交渉中は関税引き上げ回避

『アメリカで行われた日米首脳会談で、安倍総理大臣とトランプ大統領は、「日米物品貿易協定」の締結に向けて、農産品などの関税を含む2国間交渉を開始することで合意し、共同声明を取りまとめました。両首脳は、交渉の継続中に、アメリカが検討する自動車などの関税引き上げ措置は発動しないことを確認しました』とのことですが、マスコミは批判的な意見が多いですが、一定の成果はあった日米首脳会談だったと思います。

交渉中は関税引き上げないというのは、中国への当て付けでもあるでしょうね。。。

■ LGBTポスターを学校に掲示へ

『LGBT=性的マイノリティーの児童や生徒が学校生活での不安や悩みを相談しやすい環境を整えていこうと、さいたま市教育委員会は、市内の小中学校などに多様性への理解を示すポスターを掲示することにしています』とありますが、小中学校にLGBTのポスターって必要ですか?

LGBTについての説明はすべきでしょうが、LGBTを教えるより区別と差別は違うことこそ教えるべきです!
posted by babiru_22 at 06:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

『艦めし 海上自衛隊 最強レシピ集』協力:海上自衛隊




 陸海空・3自衛隊の中でも、特に料理がおいしいことで知られる海上自衛隊。カレーから、和食、洋食、アジアン、そしてスイーツまで、海自の絶品レシピ50皿を艦艇・基地の写真とともに紹介する。

 陸海空・三自衛隊の中で、もっとも料理が「おいしい!」といわれる海上自衛隊。そんな海自の料理……カレーをはじめ、和洋中アジアン&スイーツから「50皿」を厳選紹介! 護衛艦「いずも」の給養員密着や艦艇写真、海自Q&Aなど、企画ページも大充実です。“国家機密級”の美味をお愉しみください!

 本書は、「海自のカレー」「海自の和食」「海自の洋食」「海自のアジアン」「海自のスイーツ」のそれぞれのレシピを紹介すると共に、海上自衛隊について分かりやすく紹介しています。比較的親しみやすい料理がレシピと共に紹介されていて、航行中の限られた資材でコストを抑えつつ、美味しさを追求する姿勢も感じられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/26)

■ 金正恩氏「日本と対話の用意」=文氏が説明−日韓首脳会談

『安倍晋三首相は25日午前(日本時間26日未明)、韓国の文在寅大統領とニューヨーク市内のホテルで約50分間会談した。北朝鮮の非核化や拉致問題を解決するため、日朝首脳会談の実現へ協力していくことを確認。文氏は先の南北首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長が適切な時期に日本との対話に応じる姿勢を示したと説明した』とのことですが、北との対話は

必要なし!

直接北朝鮮から連絡もなく、これまで散々対話を無視してきたのが北朝鮮でもあり、拉致被害者を帰すことすらしていないのだから、このような要求には一切応える必要はありません。

■ ツイッターが問題投稿で対策強化、「人間以下」の表現禁止へ

『短文投稿サイト、米ツイッターは、他人を人間以下に扱うコンテンツの表示を禁止する方針だ。プラットフォーム上の有害な投稿を排除し、より健全な対話を促す狙いがある』とありますが、NGワードを出していないですから、言論統制になるのでは?

ツイッターはやっていませんから、別に構いませんが、基準があまりにも曖昧すぎですし、言葉狩りのようなことはすべきでないとも思いますが。。。

■ 貴乃花親方 相撲協会が求める退職願再提出 応じない意向

『大相撲の元横綱、貴乃花親方は、日本相撲協会から改めて提出が求められている「退職届」について、現時点では提出しない意向であることがわかりました。これは、貴乃花親方の代理人の弁護士が明らかにしました』とのこどですが、相撲協会も改革が必要でしょうが、この件に関していえば、貴乃花の対応に問題がありすぎです。

話し合いにすら応じず、弁護士の入れ知恵なのかもしれませんが、普通であれば、弟子を他の部屋に引き渡してから辞めるべきで、相撲道うんぬん言う前に、人の道を考えろと言いたい。。。
posted by babiru_22 at 06:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

『経営者 日本経済生き残りをかけた闘い』永野健二

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

経営者 日本経済生き残りをかけた闘い [ 永野 健二 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/9/26時点)

楽天で購入



 企業の命運を決めたリーダー達の葛藤と決断! 武藤山治とカネボウの「滅びの遺伝子」、“最後の財界総理”奥田碩の栄光と挫折、豊田章男が背負う「トヨタの未来」…。経済記者が見てきた17の物語を「会社」の視点で描く。

 東芝、トヨタ、三菱、セブン&アイ。会社を「滅ぼす」のは誰か。なぜ今、日本を代表する企業で不祥事や内紛が相次ぐのか。戦前のカネボウから現在のソフトバンクまで、日本をリードしてきた企業の栄枯盛衰と、その企業の命運を決した経営者達の決断と葛藤を描き、日本企業と日本の資本主義のあるべき姿を問う。話題作『バブル』の著者が最前線で目撃してきた、経営トップ達の壮絶なるドラマ。

 本書は、日本の経済社会を動かした経済人に直接会って議論を交わし、本音を聞き出した著者が17人の経営者を評価したもの。ノンフィクションというよりも、著者の考えが強く出ているだけに、読み手によって評価も分かれるとは思いますが、経営者列伝として読むと面白かったです。

【満足度】 ★★★★
ラベル:永野健二 経営者
posted by babiru_22 at 16:52| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/25)

■ 介護実習生に学習費補助へ 来年度、厚労省方針

『厚生労働省は24日までに、介護職種で来日する外国人技能実習生が日本語や専門知識を学習する費用を補助する制度を新設する方針を決めた。外国人労働者の受け入れ拡大政策の一環。来年度予算の概算要求で約13億円を計上した』とありますが、日本人に対しては補助をせず、外国人にだけ補助するとか、言葉は悪いでしょうが、やろうとしていることが

国民差別

のようにも思います。。。

それよりも、現在の介護現場の環境改善をするべきで、問題の根本部分を改善しようとしていないだけに、これでは問題解決には繋がりませんし、むしろ現在の介護職の人達への補助こそするべき!

■ これで「一部損壊」? 家屋被害判定、不満広がる

『胆振東部地震での建物の被害認定を巡り、被災住民に不満や不安が広がっている。建物の外観を調べる自治体の被害調査では24日現在、道内の建物被害のうち8割が、国や道の支援金が支給されない「一部損壊」とされた。ただ外観に大きな損傷がなくても、地盤沈下などで内部がゆがむなどの被害を受けた住宅も多く、再調査を求める世帯も相次ぐ』とありますが、被害認定は全て建物が壊れない限りは全損扱いにはなりませんし、どうしても自己負担が大きくなります。

保険会社の対応もそれぞれに違いますし、お金が絡むことでもあるだけに、どうしても被害に遭われた人には不満が広がりますが、修繕費用は記事にもあるように原則自己負担であり、修繕費用がかかってしまうところは本当に気の毒ではありますが、全ての人の被害を全額救済はできないだけですから、ここは理解が必要にも思います。

■ 愛知県一宮市教職員労働組合「中学校の職場体験先に自衛隊が含まれている問題。これから一宮で大きく広げていかなければなりません」とツイート⇒高須克弥氏「何がいけないのですか?」

愛知県一宮市教職員労働組合のやってることは、完全なる

職業差別!

教職員たるものが、職業差別を行うこと自体、問題視しなければなりませんし、憲法で職業選択の自由は保障されています。

教員の偏った思想で職場体験する機会が奪われることは断じて許されませんし、こういう連中に限って憲法改正反対とか言っているのだから、馬鹿丸出しです。(呆)
posted by babiru_22 at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする