2021年01月28日

『ダーク・ブルー』真保裕一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダーク・ブルー [ 真保 裕一 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/1/28時点)




 潜航調査のため、フィリピン沖に向かった女性潜航士・夏海。だが、武装集団の襲撃に遭い、船員を人質にとられてしまう。彼らの目的とは? 仲間の命を救うため、夏海はシージャック犯とともに生死をかけたダイブに臨む…。

 海洋調査を専門とする日本海洋科学機関……通称JAOTEC(ジャオテック)のパイロット・夏海ら潜航チームは、天才科学者・奈良橋教授の開発チームとともに、潜水調査船「りゅうじん6500」に搭載された新型マニピュレーターの検証実験のため、フィリピン沖に向かう。だが、突如武装集団の襲撃に遭い、母船が占拠、船員を人質にとられてしまう! 彼らの目的は、深海の沈没船に隠された、世界を変えうる力を持つ「宝」のサルベージだった。仲間の命を救うため、夏海は調査船に乗り込み、銃を突きつけるシージャック犯とともに、暗く蒼い海の底へと生死をかけたダイブに臨む……。

 本書は、有人潜水調査船「りゅうじん6500」を舞台に、新たに発見された熱水鉱床を詳しく調査し、海底に眠る資源のサンプルを採取する第8回調査潜航がシージャック犯に占拠され、民族の独立のため海に沈んだ宝を取り戻すよう指示されるという物語。非常に興味深い設定でもありましたが、内容にあまり必要のない恋愛が入っていたり、シージャック犯についてが中途半端な描かれ方をしていて、舞台設定が活かせていない印象を受けました。映像化されると面白いかもしれませんが、犯人の背景や心情が少なかったのが少々残念でした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

『症状で見分ける家庭医学事典 重症度の判定法と対処法』マーク・アイゼンバーグほか




 セキ、吐きけ、背中の痛み、胸痛…。全身の不調や痛みを「落ち着いて対処すればいいケース」「診察を受けた方がいいケース」「救急外来を受信すべきケース」の3つのレベルに分類。各ケースに応じた具体的な対処法を紹介する。

 本書は、全身の不調や痛みを3段階で診断し、48の症状と500の症例を掲載した家庭医学事典。症例が多く載っているため、自分が気になっている症状からの対処法が分かりやすく、今後も含めて気を付けなければならないことなども参考になります。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:48| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

『全部わかる神社ガイド』岸川雅範

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全部わかる神社ガイド [ 岸川 雅範 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/1/26時点)




 神話や神様、信仰グループ、ご神徳、歴史、基礎知識など、わかりやすい視点から神社を解説。イラストや写真も豊富に掲載し、「古事記」や「日本書紀」に登場する神々との関係なども説明する。

 古来、人々は絶景・奇観・幽境などに神々の存在を感じ、畏れ敬ってきた。人びとに信仰され、人々を見守ってきた神々は、今も全国各地のお神社に鎮まる。荘厳で優美な建築に、取り巻く絶景に、臨場感あふれる祭祀に、神々が見える。神話やご利益、歴史、建築など、神社を様々な視点から掘り下げ、イラストや図解などで徹底的に解説。大人が楽しむ教養ガイド。

 本書は、神社の建築様式、歴史や由来、ご利益などを写真やイラストを交え、分かりやすく解説した神社ガイドで、雑学的なコラムも興味深い内容でした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

『捨てられる食べものたち 食品ロス問題がわかる本』井出留美




 食品ロスは誰にとっても身近な問題であり、環境的にも経済的にも大きな影響を社会に与えています。食品ロスはなぜ生まれるのか、食品ロスを減らすにはどうしたらいいのかなどを、イラストとともに解説します。

 食品ロス問題の第一人者が、食品ロスの現状、世界と日本の食料事情などを、イラスト付きでわかりやすく解説。驚くような現実と、これからの食への向き合い方を考えるための入門書。

 本書は、食品ロス問題についてを解説した一冊。4章に分けて「食についての驚きの現実」「食品ロスはなぜ生まれる?」「食品ロスを減らすには」「私たちにできること」として、食品ロス大国ニッポンの実態と共に、食品ロスの現状、日本と世界の食料事情などがわかりやすく解説されています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 21:08| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

『忖度しません』斎藤美奈子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

忖度しません [ 斎藤 美奈子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/1/23時点)




 コロナ禍で露呈したのは、日本には生活困窮者がこんなにいるということだった! 一億総中流は過去の夢。なぜこうなったのか。本を読んで考え続けた5年間の、同時代批評。『ちくま』連載を加筆し書籍化。見返しに記事あり。

 コロナ禍で露呈したのは、日本の貧困とみんなの不安。一億総中流は過去の夢。なぜこうなったのかを本を読んで考え続けた同時代批評。

 本書は、連載コラムをまとめた一冊ですが、政治、経済から、文学、フェミニズムなど幅広いテーマごとに、エッジの効いたコラム集となっています。社会時評については共感できないところも多かったですが、テーマの切り口は参考になりました。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 19:37| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

『図解入門 よくわかる音楽の仕組みと科学』岩宮眞一郎




 音楽とは何か、音楽の仕組み、音楽を作り出す音の秘密、音楽を構成するメロディ・ハーモニー・リズムの3要素の仕組み、感動を生み出す音楽の仕掛け、音楽の存在意義など、音楽の存在を正面から体系的に解き明かす。

 本書は、音楽の基礎から仕組み、音の秘密、感動を生み出す仕掛け、最新の科学的知見まで、様々な視点から音楽をわかりやすくビジュアルに解説した入門書で、「協和音が心地よいわけ」「音楽の起源は求愛行動だった」など、音楽の謎と秘密に迫った一冊。音楽の理論的な側面が中々興味深く、楽典から最新の科学的知見まで、音楽の全てをシームレスに展開しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:24| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』左右社編集部編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仕事本 わたしたちの緊急事態日記 [ 左右社編集部 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/1/21時点)




 ひとつの仕事は誰かの生活につながり、その生活がまた別の人の仕事を支えている! パン屋、内科医、校長など、緊急事態宣言が出される中、コロナにも負けず働いていた様々な職業の人たち77人の2020年4月の日記を収録。

 “普通の毎日”が一変した2020年4月、ほかの人はどう過ごしていたんだろう。パン屋、ミニスーパー店員、専業主婦、タクシー運転手、介護士、留学生、馬の調教師、葬儀社スタッフ……コロナ禍で働く77人の日記アンソロジー!

 本書は、緊急事態宣言が発せられた日、77人の様々な職業の人たちに、4月の日記を書いてもらうようお願いし、それを構成したもので、60職種77人の日々の記録をまとめた「コロナ日記アンソロジー」となっています。有名、無名問わず77人による「コロナ日記」は職業ごとのリアルが浮き彫りとなっていて、葬儀社スタッフが、肺炎で亡くなった方の遺族とやりとりする緊張感。ホストクラブ経営者が、日本水商売協会の一員として自民党本部で岸田政調会長と面談する様子。馬の調教師が記す、無観客開催の川崎競馬の内情。さらには、ゴミ清掃員や占星術家など知らない仕事の世界を垣間見ることもできます。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:09| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

『スター』朝井リョウ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スター [ 朝井リョウ ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/1/20時点)




 新人の登竜門となる映画祭でグランプリを受賞した立原尚吾と大土井紘。ふたりは大学卒業後、名監督への弟子入りとYouTubeでの発信という真逆の道を選ぶ。受賞歴、再生回数、完成度、利益、受け手の反応……作品の質や価値は何をもって測られるのか。私たちはこの世界に、どの物差しを添えるのか。

 物語は、かつて一緒に映画を制作した2人の青年が、動画サイトの台頭でいままでの評価基準が揺らぐ映像の世界でもがく姿を描いた作品。有名監督への弟子入りとYouTubeでの配信と、大学時代に共に映画を作った2人は対照的な道に進み、それぞれに壁にぶつかりもがき苦しむ姿が描かれます。クリエーターが今の時代に生きていく難しさがリアルに伝わってくる朝井リョウらしい作品でもありました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

『人財島』根本聡一郎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人財島 (角川文庫) [ 根本 聡一郎 ]
価格:902円(税込、送料無料) (2021/1/19時点)




 大手人材派遣会社の新入社員・北原は「人財島」なる研修施設へ出向を命じられる。そこは生産性の高さによって人々を区別する悪辣な島だった。与えられたのは炎天下での過酷な肉体労働。北原は脱出の計画を立てるが…。

 生産性のない人材には、価値がない!? 大手人材派遣会社の新入社員・北原直人は「人財島」なる研修施設へ出向を命じられる。そこは生産性の高さによって人々を区別し、上位者にのみ退出を許す悪辣な追い出し島だった。スマホさえ奪われた隔離状態のなか、与えられたのは炎天下での過酷な肉体労働。北原は島で出会った人々と脱出の計画を立てるが…。現代社会の「働き方」に異を唱える、唯一無二のブラックお仕事小説!

 本書は、会社から「生産性が低い」とみなされた人々が送られる「追い出し島」を舞台とした作品。コミック『カイジ』っぽい物語で、エンタメとしては中々面白かったです。現代の労働と貧困の社会問題を上手くエンタメとして描いた作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:31| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

『鈴木家の嘘』野尻克己

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鈴木家の嘘 (一般書 286) [ 野尻 克己 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/1/18時点)




 引きこもりの鈴木家の長男・浩一がこの世を去った。母の悠子はショックで意識を失い、意識を取り戻した時には浩一の死の記憶を失っていて…。死と向き合い、生きることを模索する家族の姿を描く。同名映画を監督自らが小説化。

 3年間引きこもっていた鈴木家の長男・浩一が突然この世を去った。母の悠子はショックのあまり意識を失ってしまう。浩一の四十九日の日、父の幸男と娘の富美は、意識を失ったままの悠子の今後について話し合っていた。そんな中、悠子が病室で意識を取り戻す。しかし、悠子は浩一の死を覚えていなかった……。各種映画賞に輝いた傑作を監督自らが小説化。突然自死した長男と向き合う家族の姿をユーモアたっぷりに描く。

 物語は、長く引きこもっていた長男の突然の死によって、残された家族はどうなるかをユーモアを交えて描いた作品。すでに映画化されたものを監督でもあった著者が小説化したものとのことで、その映画は見ていませんが、崩壊寸前だった家族が再生していく様子が物語となっていますが、重いテーマではあるものの、ユーモラスなエピソードを交えて掘り下げていて面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:36| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする